ニュース
» 2005年04月08日 14時32分 UPDATE

KDDI、「W21CAII」を発表〜フルブラウザ搭載

Operaブラウザ搭載「W21CA」の後継機となる「W21CAII」が発売される。カラーリングの変更と、フルブラウザ定額制への対応が中心。

[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIは4月8日、「W21CA」(カシオ計算機製)の後継機種となる「W21CAII」を4月下旬から発売すると発表した。2.6インチワイド液晶と200万画素オートフォーカス付きCCDカメラを備えた1X WIN対応端末となる。

 W21CA同様、フルブラウザ「PCサイトビューアー」(Opera)を搭載しており、PCサイトを携帯電話から見ることができる。KDDIは5月1日から、PCサイトビューアーをパケット定額で利用できるよう料金改訂を行う予定だ(3月23日の記事参照)

caii.jpg

W21CAとの違い

 W21CAIIは、基本的な機能は2004年12月に発売したW21CAを引き継いでいる。最も大きな変更点は、ボディカラーの変更となる。

 透き通る水色を表現する「スカイブルー」、暖かみのあるパールホワイトとさわやかなシルバーを組み合わせた「ルミナスホワイト」の2色が用意され、さらに付属のステレオイヤホンのカラーリングもホワイトに変更された。

 フルブラウザ周りでは、設定したWebページを自動的に更新しつつ待受画面に表示する「待受設定」の一部が変更になっている。出荷時の自動更新間隔は10分だったが、これが1時間に。また、これまで最短1分間隔で更新できたが、W21CAIIでは最短30分間隔となっている。5月からの定額制対応に伴っての措置と考えられる。

 そのほかの変更点は以下の通り。

  • メニューアイコンの変更
  • 壁紙の変更
  • EZゲームストリートアプリを搭載
  • バーコードリーダーアプリのバージョンアップ

 また、au端末は「W31S」(ソニー・エリクソン製、4月発売予定)以降、ACアダプターを共通化する計画だが(4月4日の記事参照)、W21CAIIでは従来同様、専用ACアダプターが同梱される。

 主な仕様は以下の通り。

製品名 W21CAII
サイズ(幅×高さ×厚み) 約51×103×26ミリ
重さ 約143グラム
連続通話時間 約190分
連続待受時間 約240時間
カメラ オートフォーカス付き有効200万画素CCD
外部メモリ miniSDカード(同梱せず)
メインディスプレイ 約2.6インチワイドQVGA(240×400)TFT液晶
サブディスプレイ なし
EZナビウォーク ○(地磁気センサーなし)
BREW 2.0対応
赤外線 なし
データフォルダ容量 24Mバイト
発売日 4月下旬
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.