ニュース
» 2005年06月06日 15時02分 UPDATE

記録画素数400万画素──「D901iS」、10日から発売

記録画素数400万画素のカメラを搭載した「D901iS」が、10日から発売される。ワンプッシュオープンボタンを装備するなど、スライド機構が進化した。

[ITmedia]

 NTTドコモは、スライドボディの三菱電機製FOMA「D901iS」(5月17日の記事参照)を、6月10日から全国一斉発売する。ボディカラーはクォーツブラック、ラピスシルバー、ガーネットピンクの3色。

sa_d1.jpg
 スライドボディの「D901iS」。前モデルではスライドの中にあったクリアボタンが表に出ている

 D901iSは(5月17日の記事参照)、記録画素数400万画素のスーパーCCDハニカムを搭載したスライドボディの端末。スライド機構は、押すと端末がスライドして開くワンプッシュオープンボタンを新たに採用した。CCDは前モデルの「D901i」と同じ有効画素数200万画素のスーパーCCDハニカムを搭載しているが、記録画素数が400万画素に拡張されている。

 カメラは底面に設けられ、レンズカバーを装備。カメラの起動と終了がレンズカバーの開閉に連動するなど、撮りたいシーンを逃さないよう工夫されている。

sa_d2.jpg
 レンズ部分にはカバーが付き、開閉操作がカメラの起動/終了に連動する

 メインディスプレイは、解像度240×345ピクセルの2.4インチ液晶。上の25ピクセル分が半透過型、残りのQVGA部分が透過型という液晶の採用により、バックライトがオフになっても25ピクセル部分で情報を確認できるようにした。表示行には電波強度やバッテリー残量のほか、1週間分のカレンダーやメモ帳、スケジュールを表示させることも可能だ。

 待ち受け画面設定には新たに「ランダムイメージ設定」が登場。任意のフォルダ内に入れた複数の画像をメイン液晶にランダムに表示させる機能で、表示のタイミングは15秒毎/1分毎/15分毎/1時間毎/日替わり/スライドオープンから選べる。

機種名 D901iS
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×106×24ミリ
重さ 128グラム
連続通話時間 約170分(テレビ電話:約100分)
連続待受時間 約400時間(静止時)、約300時間(移動時)
アウトカメラ 有効200万画素スーパーCCDハニカム(記録画素数400万画素)、AF対応
インカメラ 有効画素数32万画素CMOS
外部メモリ miniSD
メインディスプレイ 2.4インチ26万色TFT液晶(240×345ピクセル)
サブディスプレイ -
ボディカラー クォーツブラック、ラピスシルバー、ガーネットピンク


新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.