ニュース
» 2006年02月13日 16時21分 UPDATE

ドコモら、HSDPAのFOMA共同開発──LSI、OSも共通化

NTTドコモは2007年第2四半期までに、デュアルモード端末向けLSIと、OSなどを一体化したプラットフォームを共同開発すると発表した。富士通、三菱、シャープが自社製品に採用する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモとルネサス テクノロジ、富士通、三菱電機、シャープの5社は、2007年度第2四半期を目処に、HSDPA/W-CDMAおよびGSM/GPRS/EDGE対応のデュアルモード端末向けLSIと、OSを含む基本ソフトウェアを一体化したプラットフォームを共同開発すると発表した。

 開発のベースとなるのは、ドコモとルネサスが2004年7月に開発を始めた、W-CDMAおよびGSM/GPRSに対応したベースバンドLSIと、アプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」をワンチップ化したチップだ。主な拡張点はHSDPAおよびEDGEへの対応で、このほかOSやミドルウェア、ドライバなどの基本ソフトも一体化する。

 OSについては、今回参画した富士通、三菱電機、シャープがいずれもSymbian OSを利用しているため、新プラットフォームのOSもSymbianになるが、ドコモとしてOSをSymbianに限定するものではない。今回共同開発するLSIを用いて、別のOSを搭載する端末メーカーが現れることもあり得るという。

Photo 携帯電話プラットフォームのイメージ図。青い点線で囲まれた領域が、今回各社で共同開発する部分を示す

 富士通、三菱電機、シャープの3社は、この新プラットフォームを自社製品に採用し、2007年度後半に発売する端末から搭載する予定。これにより、開発リソースを独自機能などに振り向けることが可能になるため、開発期間およびコストの低減につながる。

 なお、このプラットフォームは、ルネサスが全世界のW-CDMA市場に向けリリースする計画だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.