ニュース
» 2006年10月30日 21時14分 UPDATE

ソフトバンクが「ゴールドプラン」を改定──他社への通話を一律30秒21円に

ソフトバンクモバイルは10月30日、MNP手続きができなくなった理由を説明する席上で、「ゴールドプラン」の改定を発表。11月10日から他社への通話料を値下げすると発表した。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは10月30日、前週末に番号ポータビリティ(MNP)手続きができなくなった原因やその対応策を発表したが(10月30日の記事参照)、合わせて「ゴールドプラン」の一部料金を値下げすることも明らかにした。

 値下げの内容は、ソフトバンクの携帯電話から他社の携帯電話やPHS、固定電話に電話をかける際の通話料だ。現在は、携帯電話とPHSおよび固定電話向けに、昼間、夕方、夜間、深夜と時間帯ごとに異なる料金体系を採用し、しかも月火水、木金、土日祝日と曜日によって変わる料金体系となっているが、これを11月10日から一律30秒あたり21円に改定する。

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長は「時間帯によっては他社より割高な場合があるとのご指摘をいただいたので、他社にかけても割高ではない価格に改定する」と話した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.