ニュース
» 2006年10月31日 11時24分 UPDATE

口の中で溶けかけた飴をイメージ──「INFOBAR 2」のプロトタイプ登場

原宿のKDDIデザイニングスタジオに「INFOBAR 2」のプロトタイプが登場。初代INFOBARでは直線基調だったボディラインは、丸みを帯びたものに変化した。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで「INFOBAR 2」(10月16日の記事参照)のプロトタイプを披露した。コンセプトモデルという位置付けで、製品化の時期については未定としている。

 初代INFOBARと同様、デザインを手がけたのは深澤直人氏。丸みを帯びたボディを深澤氏は「まるで四角い飴が口の中で溶けて丸みを帯び始めたかのような形」と表現している。

 INFOBAR 2のプロトタイプは5色がラインアップされ、ガラスケースの中に入った形で展示されている。ケースの上には同サイズのイメージモックが展示され、手にとってサイズや色、質感などを試すことが可能だ。

 なお、INFOBAR 2を置くとよりよい音で音楽を楽しめる、一体型のスピーカーも展示している。

sa_i1.jpgsa_i2.jpg

sa_i3.jpgsa_i4.jpg

sa_i5.jpgsa_i7.jpg

sa_i6.jpgsa_i10.jpg

sa_i9.jpgsa_i8.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.