ニュース
» 2006年12月25日 22時19分 公開

903iの“ここ”が知りたい「N903i」編(3):VGA+ディスプレイが生きる機能は――N903i

N903i最大の特徴と言えば、NTTドコモ初となるVGA+(460×690ピクセル)ディスプレイの搭載だ。高解像度ディスプレイを利用できるアプリや、その使い勝手、利点についての質問が寄せられた。

[天木大騎,ITmedia]
photophoto 高解像度のVGA+(480×690ピクセル)液晶ディスプレイを搭載したNEC製端末「N903i」

質問:VGA+ディスプレイの使用感は?

 N903iと言えばやはりNTTドコモ初のVGA+(460×690ピクセル)ディスプレイ。実際の使用感について多くの質問が寄せられた。開発者インタビュー(11月10日の記事参照)にもあるように、VGA+の解像度で利用できるのは待受画像、カメラ、フルブラウザ、ドキュメントビューワ、iモーション、そして対応iアプリになる。

 代表的な対応アプリがN903iにプリインストールされている「ゼンリン地図+ナビ N」で、他社の903iにプリインストールもされている「NAVITIME」は、VGA+には対応していない。調査した範囲ではそのほかに、フルブラウザの「jigブラウザ」「ibisBrowserDX」が対応している。jigブラウザは、フォントサイズを細かく変更できるのがありがたい。

 また、「iMona」「W2ch」「Gikolet」といった2chブラウザの最新バージョンは(フォントサイズ固定のアプリもあるが)全て対応している。

 いずれのVGA+対応iアプリも、460×690ピクセルのディスプレイのうち480×480ピクセルを使用する。ダウンロードしたiアプリがVGA+対応か判断するには、ソフト一覧画面で機能メニューから「ソフト情報」を呼び出し、「表示領域設定」項目に“480×480”と記載されているかどうかで確認できる。

 VGA+対応のメリットは大きい。ナビアプリのゼンリン地図+ナビ Nは、地図が高精細で地名やアイコンなども無理なく表示され、ズームイン/アウト、スクロールもなめらかだ。フルブラウザ、ドキュメントビューワなどPC向けのサイトやコンテンツも表示範囲が約4倍に拡大されることで、圧倒的に見やすくなる。正直なところ、筆者はもうQVGA端末には戻れないと感じた。

photophoto 付属のゼンリン製ナビアプリ。高精細画面の美麗さと情報量の多さはVGA+ならでは。スクロールやズームイン/アウトもなめらか(左)。ドキュメントビューワで付属の東京路線図を表示(右)

photophoto VGA+対応のjigブラウザ。写真では最小の12ドットにしているが、普段使いではかなり厳しい。16ドット以上にすると線が太くなり、視認性が一気に向上する(右)。iMonaの画面、文字サイズ設定は「極小」。他に「大」「中」「小」も選べる(左)

質問:ミュージックプレーヤーの使い勝手はどうか

 N903iのミュージックプレーヤーは、「N902iX HIGH-SPEED」と同じ仕様になる。従って、着うた/着うたフルとSD-Audio(MPEG-2/AAC(LC)/HE-AAC)に対応するだけでなく、両者が混在するプレイリストを作成可能だ。プレイリストから異なる圧縮方式の曲を切り替えても、特にもたつきは感じられなかった。

 ミュージックプレーヤー起動中に端末を閉じた場合は、背面のサブディスプレイに曲情報を表示する。また、サイドボタンで音量調整、アシストキーで再生/一時停止、長押しで再生終了という基本操作が可能だ。さらに、ミュージックプレーヤー起動中でも、カメラとiアプリ以外のほとんどの機能がマルチタスクで起動できる。マルチタスクに強い“N”らしく、地味だがありがたい仕様だ。

photophoto ミュージックプレーヤー画面(左)と、プレイリスト画面(右)。着うたフルとSD-Audioを混在させたリスト

質問:新しく追加されたセキュリティ機能はどうか

photo キー操作ロックの設定画面

 903iシリーズより、Felicaリーダ機能も内蔵されたため(10月16日の記事参照)、ICカード通信などの新機能が可能になった。

 中でもこのN903iは、身近なFelicaカードを登録することで、端末にかけたロック解除がその登録カードを端末にかざすことで行える「ICカード認証」機能が搭載されている。

 また、端末を閉じる動作や、一定時間の無操作で自動的にロックをかける「キー操作ロック」機能も追加された。

 この2つの機能を組み合わせることで、セキュリティ対策が非常に容易になった。キー操作ロックを指定しておけば意識せずに端末にロックがかかり、紛失・盗難時の漏洩リスクが一気に小さくなる。


photo ダイアルロックした状態の待受画面。端末を開いて一定時間を過ぎるとICカード認証機能がオフになるため、その後ICカード認証を行う為には右ソフトキーで認証機能をオンにする必要がある

 ロック解除もICカード認証機能によって、登録したFelicaカードをかざすだけ。認識するまでに2秒程度かかるので、すばやく端末暗証番号を入れたほうが若干解除は早いが、その差を気にして急ぐような場合はまずないだろう。

 頻繁にかかる端末ロックを、毎回暗証番号を入力してロック解除する面倒さが一気に減り、端末ロック設定を疎ましく思う気持ちもなくなった。

筆者は勤務先の社員証がFelica内蔵で肌身離さず持ち歩いているため、それを登録カードとすることで便利に使っている。

 実際、筆者は海外旅行中に買ったばかりのN903iを盗まれたのだが、キー操作ロックを行っていた上、すぐ近くのネットカフェから「MyDoCoMo」にアクセスし、利用停止したため、通話に使われることはなかった。ただし、端末と一緒にFelicaカードを盗まれてしまうとアウトなので気をつけて欲しい。

質問:海外でGPS機能は使えるか

 上述のようにN903iの盗難にあった筆者だが、残念ながら3GローミングエリアではGPSの測位機能は動作しなかった。よって、いまどこサービスも使えない。おそらく、他の903iシリーズも同様だと思われる。

 くれぐれも海外では携帯電話の紛失・盗難に注意し、(12月22日の記事参照)をかけるなど万全の対策を取っていただきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう