ニュース
» 2007年02月19日 14時39分 UPDATE

イー・モバイル、3月31日から携帯事業スタート──シャープ製のHSDPA端末「EM・ONE」を投入

新規参入組のイー・モバイルが、いよいよ3月31日から携帯電話事業をスタートする。まずは東名阪と京都でサービスを開始。対応端末としてシャープ製のWindows Mobile端末「EM・ONE」をリリースする。

[後藤祥子,ITmedia]

 新規参入組のイー・モバイルが、いよいよ3月31日から携帯電話事業をスタートする。全サービスエリアで、下り3.6Mbps、上り384kbpsのHSDPAサービス「EMモバイルブロードバンド」を提供する。携帯キャリアとして初めて、PCからの利用も含めたデータ通信の月額定額制を展開する。

photophoto 新端末「EM・ONE」を高々と掲げる代表取締役会長兼CEOの千本倖生氏(左)

 サービス開始当初のサービスエリアは東京23区、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市(名古屋市、京都市、大阪市付近の一部地域も含む)。以降2007年6月末までに、関東地域は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の国道16号線圏内をカバーする計画。関西地域も兵庫県神戸市および大阪府の大阪市近郊都市の一部をサービスエリアとする予定だ。

 対応端末として提供するのは、NECインフロンティア製のデータカード「D01NE」と、シャープ製のWindows Mobile端末「EM・ONE」の2モデル。EM・ONEは厚さ18.9ミリのボディに4.1インチワイドVGA液晶を搭載し、QWERTYキーボードを装備。スライドさせるとキーボードが現れる仕組みで、ワンセグやカメラ機能も備えている。

 またEM・ONEには、3Dビジネス大手のヤッパと提携して開発した3Dのポータルインタフェースを採用。直観的な操作で各種機能にアクセスできる仕組みを用意した。

Photo シャープ製のHSDPA端末「EM・ONE」。ワンセグや無線LAN機能も備える
Photo HSDPA対応データカードも続々リリース。左からPCカードタイプの「D01NE」(3月31日発売予定)、CFカードタイプの「D01NX」、Express Card/34タイプの「D02OP」、USBモデムタイプのHuawei社端末。D01NE以外の端末は順次投入予定としている
Photo ヤッパとの提携で実現した3Dポータルインタフェース

 料金プランは「データプラン(ベーシック)」と、1年の長期契約による割引プラン「データプラン(いちねん)」、同じく2年の長期契約による割引プラン「データプラン(にねん)」の3種が用意され、月額利用料金はいずれも5980円。初期費用と端末価格は契約期間によって異なり、EM・ONEの場合はデータプラン(ベーシック)が9万5000円、データプラン(いちねん)が7万1000円、データプラン(にねん)が3万9800円となる。端末の購入や申し込みは3月1日から、一部家電量販店およびイー・モバイルオンラインストアで受け付ける。

Photo イー・モバイルの料金プラン。「年とく割」は、データプラン(ベーシック)を対象とした1年単位の継続利用割引サービス

 なお月額利用料金については、開業記念キャンペーン期間の5月31日までは無料で提供する。また、3月1日から2009年2月末までの期間中に「EMモバイルブロードバンド」と「ADSLサービスをセットで申し込むと、月額基本使用料の合計額から無期限で毎月1500円を割り引くという「無期限セット割キャンペーン」を実施する。

 イー・モバイルは携帯事業開始の発表に合わせて、広告キャラクターに、女優・ピアニストとして活躍する松下奈緒さんを起用することも発表。2月20日から交通広告やテレビCMを展開する予定だ。

Photo 左からマイクロソフト代表執行役社長のダレン・ヒューストン氏、シャープ代表取締役副社長の松本雅史氏、イー・モバイル代表取締役会長兼CEOの千本倖生氏、米QUALCOMM CEOのポール・ジェイコブス氏、ヤッパ代表取締役社長の伊藤正裕氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.