レビュー
» 2007年08月01日 18時49分 UPDATE

ここが知りたい「Advanced/W-ZERO3[es]」(4):W-ZERO3メールはどう進化した?――「Advanced/W-ZERO3[es]」

Windows Mobile標準の「メール」(Outlook互換)とは別に、W-ZERO3シリーズに搭載される「W-ZERO3メール」。Advanced/W-ZERO3[es]ではどのように進化したのだろうか。

[坪山博貴,ITmedia]

質問:「W-ZERO3メール」はどう進化したのか

 「Advanced/W-ZERO3[es]」(以下、Advenced[es])には、オリジナルメールソフト「W-ZERO3メール」の最新版が搭載されている。Windows Mobile標準の「メール」(Outlook互換)の代替として利用でき、ウイルコムのEメールサービスであれば自動受信も行える。

 Advenced[es]のW-ZERO3メールは、新たにタッチパネルを利用して書いた画像の送信と、絵文字に対応した。ただし絵文字はウィルコム専用のもので、携帯電話のようにキャリア間の互換性があるものではない。

photophotophoto W-ZERO3では手書きメールを新たにサポート。ウィルコム仕様の絵文字もサポートし、一覧から入力できる。ウイルコム端末間でもライトメールよりEメールの利用が増えているといったことだろうか

 メールの振り分けは新たに送信メールの振分けが可能になった。携帯電話では実現している端末も多いだけに待望の機能と言える。

 送受信設定では新たにSSL接続がサポートされた。主にビジネスユースを意識したものといえるが、GmailのPOPアクセスでも必要になるため大きな機能強化といえるだろう。

photophoto メールの振り分けは、新たに送信済みメールの自動振分けをサポートした。1つの設定を、受信と送信済みメールの両方に適用できる。条件に設定できる項目は、From/To/cc/件名/X-ML-Nameで、携帯電話のそれと比較すると、格段に自由度が高い(左)

新たにSSL接続に対応。従来通りAPOP認証、送信時「POP before SMTP」とSMTP認証にも対応している。加えてポート番号の変更もできるので、「Outbound Port 25 Blocking」への対応もほぼ万全だ(右)

質問:「画像とビデオ」からW-ZERO3メールで画像を送信できるか

 Windows Mobile機には、デジカメで撮った画像や動画を管理する「画像とビデオ」が用意されている。このアプリには、選択した画像をメール添付して送信する機能があるが、従来のW-ZERO3シリーズでは“メール”(Outlook互換)しか呼び出せなかった。Advenced[es]ではW-ZERO3メールも選択可能となり、利便性が向上している。

 またW-ZERO3メールは、添付ファイルの選択時に画像をサムネイル表示できない。そこで、画像とビデオで画像をサムネイル表示させ、目的の画像を選んでW-ZERO3メールから送信すると便利だ。

photophoto 「画像とビデオ」のメニューから「送信」を選ぶとW-ZERO3メールも選択できるようになった。ウイルコムEメールのアカウントは「メール」(Outlook互換)と「W-ZERO3メール」の両方に自動設定されるが、ISPのアカウントを利用する場合には個別に設定が必要だ。メインでW-ZERO3メールを利用する人には便利な仕様になった

質問:Windows LiveでHTMLメールを表示できるか

 Advenced[es]では、これまでダウンロード対応だったWindows Liveが標準搭載とされた。特にHTMLメールに対応したことで、Hotmailアカウントに届くHTMLメール(主にマイクロソフトのメールマガジン)も問題なく閲覧できる。

 従来のW-ZERO3シリーズはHTMLメール非対応ということもあり、Windows Liveをインストールしても正しくHTMLメールを表示できなかった。Windows Liveは後から提供された機能とはいえ、ちぐはぐだった状況が改善されたことになる。

photophoto HTMLメールにも対応。“HTMLメールは使わない”という人も、一方的に送りつけられる機会は増えており、意味のある対応といえるだろう

※今回の検証および確認はあくまでも開発段階の試作機によるものです。製品版とは仕様が異なる可能性もあることをご了承下さい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.