レビュー
» 2008年11月02日 06時19分 UPDATE

写真で解説する「Touch Diamond X04HT」(外観編)

イー・モバイルの「S21HT」に続き、ソフトバンクモバイルからも「X04HT」として登場する“Touch Diamond”。S21HTやQWERTYキーボード付きの「Touch Pro X05HT」との違いはどこにあるのだろうか。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「Touch Diamond X04HT」

 HTCが2008年5月に発表した「HTC Touch Diamond」は、OSにWindows Mobile 6.1 Professional Editionを搭載したタッチパネル操作対応のスリムなスマートフォン。独自開発のユーザーインタフェース「Touch FLO 3D」を搭載したことで、ケータイ感覚の片手操作が行える。また、その名の通り“ダイヤモンド”カットデザインを採用した上質感あふれるボディも特徴だ。

 Touch Diamondはすでにイー・モバイルから「「Touch Diamond S21HT」として発売されているが、ソフトバンクモバイルからも11月上旬に「Touch Diamond X04HT」(以下、X04HT)として発売される。

 2台の大きな違いは、そのデザインだ。HTCは同じTouch Diamondでも、いくつかのデザインと仕様を用意しており、販売する通信事業者の意向によって細かくディティールをかえているという。日本の場合も同様で、ソフトバンクモバイルとイー・モバイルの以降によって、こまかいデザインが変えられているそうだ。

 まずX04HTがダイヤモンドカットデザインのバッテリーカバーを備えるのに対し、S21HTはフラットなパネルを採用。ボディも、わずかにS21HTのほうが丸みを帯び、ソフトキーの配列も上下逆になっている。サイズも若干異なり、X04HTは約51(幅)×102(高さ)×11.35(奥行き)ミリで重さは約110グラム。S21HTは、52(幅)×102(高さ)×11.9(厚さ)ミリ、重さは約98グラムとなっている。

 利用可能なサービスにも大きな違いがある。キャリアメール(S!メール)と絵文字(ソフトバンクの場合は新絵文字)に対応した点は同じだが、S21HTは下り7.2Mbpsの高速なHSDPA接続であるのに対し、X04HTは下り最大3.6Mbpsでの通信に限られている。さらにS21HTは、PCとUSBあるいはBluetooth接続しての外部モデム機能に対応しているが、X04HTは外部モデムとして利用できない。2つを比較して購入する場合は、注意が必要だろう。ただし、サービスエリアの広さや無料通話可能な網内端末の数などはソフトバンクモバイルのほうが有利だ。

 また、同時発表された「Touch Pro X05HT」(以下、X05HT)とはQWERTYキーボードと外部メモリスロット、フォトライトの有無などが異なる。X04HTは外部メモリが利用できないが、保存用に大容量の4Gバイトストレージを内蔵した。ともにダイヤモンドカットデザインのバッテリーカバーを備えるが、X04HTはつや有りに対しX05HTはつや消しと、仕上げや厚さ以外のボディ形状も若干異なっている。

photophoto 端末の正面と裏面。裏面全体はダイヤモンドカットデザインのバッテリーカバーになっている

photophoto X04HTのバッテリーカバーは、表面がつや有りのグロス仕上げ。角度を変えるときらびやかに反射するが、指紋が目立ってしまう(写真=左)。追って開発されたX05HTはつや消しのバッテリーカバーで、“Pro”な雰囲気(写真=右)

photophoto 厚さ約11.35ミリとスリムなX04HT。左側面には着信音などを調整するボリュームボタン(写真=左)と、スタイラスペンを収納する右側面(写真=右)

photophoto 先端に電源スイッチ(写真=左)、底面にマイクと外部切要のUSB端子がある(写真=右)。充電とイヤフォンマイクの接続もUSBから

photophotophotophoto 内蔵メモリは、データ記録用のフラッシュメモリ(ROM)が256Mバイト、プログラム実行用のRAMが192MバイトとX05HTより少ない。また外部メモリには対応していないが、内部ストレージとして4Gバイトの保存領域を用意。CPUは、Qualcomm MSM7201A(528MHz)を搭載

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.