ニュース
» 2009年02月21日 07時57分 UPDATE

アジア初のAndroid販売はシンガポール――SingTelがHTC Dream発売

SingTelはHTC Dream向けに、バーコードによる商品情報提供など独自のアプリケーションを提供する。

[ITmedia]

 Singapore Telecommunications(SingTel)は2月20日、21日にHTCのAndroid携帯「HTC Dream」をシンガポールで発売すると発表した。アジアでAndroid携帯を提供するのは同社が初となる。

 同社は、HTC Dream向けにローカライズしたアプリケーションを近く提供するという。例えば、HTC Dreamで商品のバーコードをスキャンすると、ほかの店やオンラインでの販売価格や製品情報、レビューを表示する「SG SavvyShopper」などが提供される予定。

 また「SingTel IDEAS Dream」ポータルから利用可能な「mio TV on Mobile」で、ビデオオンデマンドサービスが楽しめるほか、「*MAPS」地図サービスが無料で利用できる。

 HTC Dreamの価格は料金プランによって異なる。いずれも2年契約で、月額39シンガポールドル(以下「ドル」と表示)のプランなら238ドル、月額56ドルなら138ドル、月額95ドルなら38ドル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう