ニュース
» 2009年05月25日 10時58分 UPDATE

今度の“Woooケータイ”はHD動画撮影に対応──「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」

個性的な映像表現を追求してきたWoooケータイの最新モデル「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は、ケータイながらもHD動画が撮影可能なムービーケータイ。光学3倍ズームや動画手ブレ補正を備え、HDMI端子からテレビなどにデジタル出力する機能も用意した。

[園部修,ITmedia]

 日立製作所製の“Woooケータイ”最新モデル、「Mobile Hi-Vision CAM WOOO」は、au初の1280×720ピクセル/秒間30フレームのHD動画撮影機能を搭載したムービーケータイだ。

PhotoPhoto レイズブルー、マイカブラック、カシスレッドの3色を用意する「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」

 AF付きの500万画素CMOSカメラは、光学3倍ズームレンズを搭載。レンズは背面側のヒンジ寄りにあり、ディスプレイを半分開いて、箸を持つように親指と人差し指の間に端末をかけて撮影する。ヒンジ部の横、ちょうど人差し指を置く場所に録画/シャッターボタンを備える。ディスプレイ部には、従来のWoooケータイが採用していた2Wayオープンスタイルに似たヒンジを採用しており、ディスプレイを回転させ、アングルを変えての撮影にも対応できる。日立製ビデオカメラでおなじみの「秒撮」機能を装備し、すぐに撮影できるよう待機できるほか、動画の撮影に便利な音声ズームも備えた。

 手ブレ補正や顔検出は静止画と動画の両方に対応している。画像処理エンジンはPicture Master for Mobileを搭載し、動画はもちろん、静止画の撮影にも威力を発揮する。本体にはHDMI タイプC端子も用意しており、対応機器と直接接続して映像と音声を出力することも可能だ。

PhotoPhoto 動画を撮影する際には、ディスプレイ部を90度開いて持つ

 ディスプレイは3インチのIPS液晶。解像度はフルワイドVGA(480×854ピクセル)だ。LISMO Videoやワンセグなどの映像コンテンツも美しい画面で視聴可能。Bluetoothや赤外線通信(IrSimple)のほか、グローバルパスポートCDMAに対応しており、海外でもCDMAネットワークが利用できる。従来機種で好評だったモバイル辞書も搭載する。

PhotoPhoto ボディは3Wayオープンスタイルを採用。撮影にも視聴にも便利な形状だ
Photo 本体にHDMI タイプC端子を備え、HDMIのリンク機能を利用して、テレビのリモコンで内蔵コンテンツの再生などもできる
「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」の主な仕様
機種名 Mobile Hi-Vision CAM Wooo
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×118×19.9ミリ(最厚部18.8ミリ)
重さ 約150グラム
連続通話時間 −(検討中)
連続待受時間 −(検討中)
カメラ 顔認識AF付き 有効500万画素CMOS 手ブレ補正
外部メモリ microSD(最大2Gバイト)/microSDHC(最大8Gバイト)
メインディスプレイ 約3.0インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)IPS液晶
サブディスプレイ
主な機能 LISMO Video、着うたフルプラス、Bluetooth、グローバルパスポートCDMA、Touch Message、au Smart Sports(Run&Walk、Karada Manager、Fitness、Golf)、ワンセグ、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、安心ナビ、災害時ナビ、EZ FeliCa(おサイフケータイ)、ナカチェン、デコレーションメール、デコレーションアニメなど
ボディカラー レイズブルー、マイカブラック、カシスレッド

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.