レビュー
» 2009年06月02日 18時08分 公開

写真で解説する「T002」 (2/2)

[Sho INOUE(K-MAX),ITmedia]
前のページへ 1|2       

 クイックアクセスメニューは、従来のKCP+端末において[マルチ]キーで呼び出す「マルチプレイウィンドウメニュー」の機能を拡充し、ユーザーがよく使うメニュー項目にすぐにアクセスできるもの。従来以上に“今だけ”“あなただけ”の操作を実現する。

 KCP+端末では“待望”となるmicroSDHCへの対応は、公式に動作確認が取れているのは最大8Gバイトまで。手持ちの8GバイトmicroSDHCを入れてみたところ、見事に認識した。16Gバイト以上のmicroSDHCに関しては、「市場に出回っている16Gバイトのカードの絶対数がまだ少ないので、今回は動作確認を行っていない。ソフト的には8Gバイトよりも大きなmicroSDHCも想定して作ってはいる」(KDDI説明員)とのことである。

photophoto マルチプレイウィンドウメニューの機能拡充で搭載された「クイックアクセスメニュー」。今までのタスクの切り替え機能に加えて、よく使うメニュー項目へのクイックアクセス機能が追加されている。
photophoto 内蔵メモリのデータフォルダ容量はちょうど100Mバイト分(写真=左)で、EZアプリの保存領域と共通。今回microSDHCに対応した(写真=右)ことで、着うたフルプラスなどの大容量コンテンツを保存する際の容量への不安が一気になくなった

 T002「グローバルパスポート GSM/CDMA」に対応しており、GSMとCDMAエリアでのローミングサービスを受けることができる。新サービスである「EZニュースEX」や、リニューアルした「Book Player」にも対応しており、最新のサービスにも対応している。またOpera Mobile 9.5を採用し、JavaScriptやAjaxに対応したPCサイトビューアーも搭載する。

photophotophoto T002は「グローバルパスポート GSM/CDMA」に対応しており、海外でもそのまま利用できる。ただし、一部の機能が制限されてしまうことに注意が必要だ。
photophoto 新しい「Book Player」。以前のものよりも読みやすくなっている。出荷時段階では「カスタマイズキー」(本のアイコンがあるキー)は、このアプリの一発起動に設定されているが、カスタマイズの名前通り、好みの機能に割り当て直すことも可能。
photophoto のぞき見防止モードも備える。カスタマイズキーを長押しすると、オン/オフを切り替えられる。照度を落とすレベルの設定も可能
photophotophoto Opera Mobile 9.5を採用した新しいPCサイトビューアー。JavaScriptに対応し表現力が増した
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう