ニュース
» 2009年06月04日 14時22分 UPDATE

レイヤー3の相互接続で合意:日本通信、KDDIのMVNOに

日本通信とKDDIがレイヤー3の相互接続で合意。日本通信は、KDDIの3Gネットワークを相互接続で利用する初のMVNOとなる。

[ITmedia]

 日本通信は6月3日付けで、KDDIの3G網を使用したMVNOサービスを提供するためのレイヤー3相互接続について、KDDIと合意したと発表した。これにより日本通信は、KDDIの3G網を相互接続で利用する初のMVNOとなる。

 両社はレイヤー3による相互接続を9月までに実現できるよう協力する方針。接続料金の水準は、帯域幅10Mbps当たりの月額料金がおおむね1250万円、契約者回線当たりの月額基本料がおおむね90円となる。

 日本通信はウィルコム、ドコモとレイヤー2の相互接続で合意しており、両社のネットワークを利用したMVNOサービスを提供中。ドコモとは以下のような水準の接続料で合意している。

ドコモとの接続料
帯域幅10Mbps当たりの月額料金 契約者回線当たりの月額基本料
レイヤー2 1267万1760円 110円
レイヤー3 1441万4934円 110円

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう