ニュース
» 2009年11月04日 00時00分 UPDATE

日本でも発売予定:Sony Ericsson、Android搭載スマートフォン「XPERIA X10」を発表

英Sony Ericssonが、Rachaelという開発コードネームで噂されていたAndroid OS搭載スマートフォン「XPERIA X10」を発表した。2010年前半以降に日本市場にも投入するという。

[園部修,ITmedia]
Photo 「XPERIA X10」

 英Sony Ericssonが11月3日(現地時間)、同社が初めてOSにAndroidを採用したスマートフォン「XPERIA X10」を発表した。発売は2010年第1四半期以降の予定。プレスリリースでバート・ノードバーグ社長は「日本を含む世界各国で2010年の前半にロールアウトさせる」と明言しており、日本でも発売されることが明らかになった。

 XPERIA X10は、フルワイドVGA(480×854ピクセル)表示に対応した4インチのタッチパネルディスプレイ付きスマートフォン。ディスプレイは26万色表示が可能なTFT液晶だ。プロセッサーには、東芝の「T-01A」にも採用された、QualcommのSnapdragon QSD8250(1GHz)を採用する。カメラは8.1Mピクセルで、AFや手ブレ補正はもちろん、顔認識機能も搭載した。ボディカラーはSensuous BlackとLuster Whiteの2色。

PhotoPhoto ボディカラーはSensuous BlackとLuster Whiteの2色

 モーションセンサーも内蔵しているようで、本体の傾きにあわせて画面を回転させたり、ジェスチャーによる制御機能なども持つ。無線LAN、Bluetoothの各通信機能を備えるほか、3.5ミリのオーディオジャックも用意。内蔵メモリは約1Gバイトを搭載し、microSDHCもサポートする。アプリケーションソフトはAndroidマーケットに加えて、Sony Ericssonが提供する「PlayNow」からもダウンロードできる。

 無線の周波数はGSM/GPRS/EDGEの850/900/1800/1900MHz、W-CDMA(UMTS/HSPA)の900/1700/2100MHz、W-CDMA(UMTS/HSPA)の800/850/1900/2100MHzに対応。日本のキャリアでも利用できる周波数帯をサポートしている。

 OSのバージョンは、プレスリリースではAndroid 1.6となっているが、発売時期を考えるとAndroid 2.0になる可能性も考えられる。また、UXプラットフォームという、3D表現も可能なユーザーインタフェースやエンターテインメント機能を拡張したSony Ericsson独自のソフトウェアも搭載しているようだ。このプラットフォームは今後ほかの端末にも搭載される。UXプラットフォーム上で動作する、「Timescape」「Mediascape」といったアプリケーションもプリインストールされる。これらはアドレス帳やメディアプレーヤーを新しい形で実装したものと思われる。

PhotoPhoto カメラは上端寄りの中央に配置。厚さ13ミリの薄型ボディとなっている

 このほか、XPERIA X10向けのオプションとして、FMラジオを搭載したBluetoothヘッドフォン「Hi-Fi Wireless Headset with FM Radio MW600」や、クルマで端末を充電できる「Car Charger AN300」なども同時に発表されている。

「XPERIA X10」の主な仕様
機種名 XPERIA X10
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約63×119×13ミリ
重さ 約135グラム
連続通話時間 検証中
連続待受時間 検証中
アウトカメラ 有効810万画素CMOS AF/顔認識、手ブレ補正対応
インカメラ
外部メモリ microSDHC
メインディスプレイ 約4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶、26万2144色
サブディスプレイ
主な機能 無線LAN、Bluetooth、GPS、PlayNow、Timescape、Mediascape、Microsoft Exchange ActiveSync、予測変換文字入力、YouTube、Google Maps、WisePilot turn-by-turn navigation(無料トライアル版)ほか
ボディカラー Sensuous Black、Luster White

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.