ニュース
» 2009年11月17日 14時57分 UPDATE

ドコモ、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptを再有効化

NTTドコモは、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptの再有効化などを含む最新ソフトウェアのアップデートを開始した。あわせて、「F-01A」のソフトウェアも更新した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは11月17日、富士通製「F-01A」とパナソニック モバイルコミュニケーションズ製「P-07A」「P-08A」「P-09A」のソフトウェア更新を開始した。

photophoto 「F-01A」(左)と「P-07A」(右)
photophoto 「P-08A」(左)と「P-09A」(右)

 ソフトウェア更新により改善される不具合は以下のとおり。

F-01A

  1. ワンセグで特定番組を視聴できない場合がある
  2. 通話中に留守番電話件数が増加すると、通知音が鳴る場合がある

P-07A、P-08A

  1. iモードブラウザの一部機能(JavaScript)を再有効化する
  2. デコメ絵文字を含む送信メールのプレビュー画面や、送信済みメールを確認すると、メールの一部が表示されない場合がある

P-09A

  1. iモードブラウザの一部機能(JavaScript)を再有効化する
  2. デコメ絵文字を含む送信メールのプレビュー画面や、送信済みメールを確認すると、メールの一部が表示されない場合がある
  3. メール本文の文字の一部が太く表示される場合がある

 新しいソフトウェアを自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態では午前3時)に書き換えられる。また、F-01Aユーザーはメインメニュー→「設定/NWサービス」⇒「時計/入力/他」→「ソフトウェア更新」から、P-07A、P-08A、P-09Aユーザーはメインメニュー→「設定」→「その他」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。

 ソフトウェア更新の所要時間はF-01Aが約8分、P-07Aが約9分、P-08AとP-09Aが約10分。ソフトウェア更新の情報料と通信料は無料。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう