ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「iモードブラウザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iモードブラウザ」に関する情報が集まったページです。

iモードケータイの「代用」になる? VoLTE対応spモードケータイを試す(メール・Webブラウズ編)
NTTドコモがiモード携帯電話の出荷を終了した。機種変更先の1つとしてドコモが提案しているのが、VoLTE対応のspモード携帯電話だ。果たして、iモード携帯電話の「代用」として便利に使えるものなのだろうか? 今回はメールとWebブラウズについてレビューする。(2017/4/27)

格安SIM Q&A:
ドコモ回線の「格安SIM」はフィーチャーフォンでも使えますか?
MVNOの「格安SIM」は、月々の利用料金が抑えられます。その多くは、スマートフォン・タブレットで使うことを前提としていますが、フィーチャーフォン(ケータイ)では使えないのでしょうか……?(2015/8/24)

どこまで近づいたかな?:
「ARROWSケータイ F-05G」の“ケータイ度”をチェック
ドコモから6月下旬に発売予定の富士通製フィーチャーフォン「ARROWSケータイ F-05G」は、従来のSymbian OSベースから、Androidベースのプラットフォームに移行している。どれだけ“ケータイ”しているのか、従来のiモードケータイと比較してみた。(2015/5/25)

Twitterのiアプリ、1月31日に終了
「Twitter for iアプリ」のサービスが1月31日に終了する。(2015/1/16)

「ARROWS X LTE F-05D」使いこなし術:
PR:OSをAndroid 4.0にアップデートするとこんなに快適になる!
2011年冬に発売された人気機種「ARROWS X LTE F-05D」のAndroid 4.0へのバージョンアップが2012年11月に始まっている。バージョンアップには少々時間がかかるが、Android 4.0にアップデートすると、いろいろなメリットがある。(2013/2/1)

jig.jp、“2人だけ”のコミュニケーションを楽しめる「Pairin」を提供
jig.jpが、2人だけのタイムラインに写真、コメント、位置情報などを投稿して思い出を記録できるサービス「Pairin」の提供を開始した。利用は無料。(2012/8/21)

PR:実際に使って分かった――“ケータイユーザー”が語る「AQUOS PHONE SL IS15SH」の魅力
テンキーを備えたauのシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE SL IS15SH」は、ケータイからスマホへ乗り替える人にオススメのモデル――とは言ったものの、具体的に何が魅力なのか。ケータイユーザーの新入社員にIS15SHを使ってもらい、感想を聞いた。(2012/7/17)

再考・ケータイWebのセキュリティ(最終回):
ケータイWebの今後を安全に保つには
“特殊だ”と形容されることの多い日本の携帯電話向けWebサイト。そこには、さまざまな思い込みや性善説の上しか成り立たないセキュリティが横行しています。本連載は、ケータイWebの特殊性をていねいに解説し、正しいケータイWebセキュリティのあるべき姿を考えます(編集部)(2011/8/16)

携帯サイトも閲覧できる“超”多機能なAndroid向けブラウザ――「Angel Browser」を試す
Android端末を購入して、ケータイサイトが見られないことを嘆いていたユーザーにオススメなのが、高機能ブラウザ「Angel Browser」。とにかく多機能で、操作性にも優れた魅力的なアプリだ。(2011/7/25)

ドコモ、「F-01C」「P-03C」「SH-05C」など7機種のソフト更新を開始
ドコモは4月14日、「F-02B」「F-07B」「F-01C」「P-03C」「SH-01C」「SH-05C」「SH-06C」の不具合や操作性を改善するソフトウェアアップデートを開始した。(2011/4/14)

ドコモ、モバイル向け仮想デスクトップサービスを提供
NTTドコモは、デスクトップサービスとオンラインストレージ、セキュリティ対策機能を標準搭載したモバイル向けクラウド型仮想デスクトップサービス「モバイルセキュアデスクトップ」を2月17日から提供する。(2011/2/14)

「SH-01C」の”ここ”が知りたい:
第2回 HDMI出力できるコンテンツは?――「SH-01C」
「SH-01C」にはMicro HDMI端子が付いており、さまざまなコンテンツをテレビに出力できる。今回はこのHDMI出力について調べた。(2011/1/21)

ドコモ、クラウド型のグループウェアを開発――スマートフォンにも対応
外出先や社内から、いつも最新のビジネスデータにアクセス――。NTTドコモが法人向けクラウド型グループウェアを開発し、4月をめどに提供を開始する。(2011/1/18)

「N-08B」の“ここ”が知りたい:
第3回 “テキストエディタ”は使いやすい? 「jigtwi」は対応?――「N-08B」
ドコモのNEC製フルキーボード搭載機「N-08B」。今回は、Netbookやミニノートに代わるテキスト入力マシンとして利用できるか確認するために、テキストエディタやTwitterの利用感などをチェックした。(2010/9/16)

「N-08B」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感は? FOMAカードなしで何ができる?――「N-08B」
通常の音声機種とは違ったタイプのフルキーボード搭載マシン「N-08B」。携帯電話というより文字入力マシンとして使いたい人も多いだろう。今回は、サイズ感やFOMAカードなしで何ができるかなどを紹介する。(2010/9/8)

「F-06B」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルの動作はどれだけ速い?――「F-06B」
ドコモの夏モデル「F-06B」はタッチパネルの使い勝手が改善されており、これまでのFケータイよりもスムーズに操作できるようになった。どれだけ速くなったのか、動画でチェックしていこう。(2010/7/12)

ドコモ、iMenuに「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」を追加
NTTドコモが4月14日、ポータルサイト「iMenu」に新たなボタンを追加した。「乗換」「テレビ」「本・雑誌」「webメール」の4つのサービスにダイレクトにアクセスできる。(2010/4/14)

複数PCメールを一括管理、着信通知はiモードメールで――ドコモ、無料のwebメール提供
ドコモが4月14日から、Gooメールを活用した無料のWebメールサービス「ドコモwebメール」を提供。iモードメールとPCメールを一括管理でき、PCメールの着信はiモードメールで通知される。(2010/3/29)

PR:ケータイとしての操作性も文句なし 「SH-03B」は“片手”もいい
QWERTYキーボードとタッチパネルの組み合わせが魅力の「SH-03B」だが、実はタッチパネルだけでの操作性もよく、キーボードなしでもとても快適に使えてしまう。常に両手で操作しなくても、SH-03Bの魅力は十分味わえる。(2010/3/9)

ドコモ、「N-06A」のJavaScriptを再有効化
「N-06A」のJavaScriptが利用可能になるソフトウェア更新が開始された。(2009/11/25)

写真で見る「L-02B」
NTTドコモの「L-02B」は、コスメをイメージしたデザインや淡く上品なカラーを採用したLGエレクトロニクス製のベーシック端末。iPodのように、くるくるなぞることでも操作できる方向キー「マルチセレクター」を採用して使いやすさに配慮している。(2009/11/18)

写真で解説する「L-01B」
2009年夏モデルの「L-04A」と「L-06A」に続き、日本発の“LGジャパンモデル”として登場する「L-01B」。感圧式の「タッチボード」や好きな色を読み込める「カラーリーダー」など、独特の機能を搭載した。(2009/11/18)

再考・ケータイWebのセキュリティ(1):
「PCでは見えないはず」に頼ることの危険性
“特殊だ”と形容されることの多い日本の携帯電話向けWebサイト。そこには、さまざまな思い込みや性善説の上しか成り立たないセキュリティが横行しています。本連載は、ケータイWebの特殊性をていねいに解説し、正しいケータイWebセキュリティのあるべき姿を考えます(編集部)(2009/11/17)

ドコモ、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptを再有効化
NTTドコモは、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptの再有効化などを含む最新ソフトウェアのアップデートを開始した。あわせて、「F-01A」のソフトウェアも更新した。(2009/11/17)

写真で解説する「SH-02B」
「SH-02B」は、見る角度によって色味が変わる背面パネルと、手になじんで持ちやすいラウンドフォルムを組み合わせた「ラウンドクリスタルデザイン」が特徴。星空のようなイルミネーションや800万画素CCDカメラなど、女性に嬉しい機能が充実している。(2009/11/17)

ドコモ、「N-07A」「N-08A」「N-09A」と「T-01A」のソフト更新開始
NTTドコモが「N-07A」「N-08A」「N-09A」のiモードブラウザの一部機能を再有効化するためのアップデートを開始した。また、東芝製のスマートフォン「T-01A」のソフトウェア更新も開始した。(2009/11/12)

「F-09A」「F-08A」がソフトウェア更新 iモードの一部機能を再有効化
ドコモが「F-09A」「F-08A」のソフトウェアアップデートを発表。不具合により停止していたiモードブラウザの一部機能を再有効化する。(2009/11/5)

「SH-08A」「SH-07A」で拡張iモードブラウザのJavaScriptが利用可能に
「SH-08A」「SH-07A」の拡張iモードブラウザでJavaScriptを利用可能にするアップデータが公開された。(2009/10/29)

ドコモ、「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」のアップデート開始
シャープ製「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」のソフトウェア更新が開始された。拡張iモードブラウザのJavaScriptが再有効化されるほか、2つの不具合が改善される。(2009/10/27)

ドコモ、拡張iモードブラウザのJavaScriptを利用可能に――10月27日から順次
不具合により一時停止されていたiモードブラウザの一部機能が復活する。ドコモはまず10月27日に、「SH-05A」「SH-06A」「SH-06A NERV」向けのソフトウェアアップデートを開始する。(2009/10/23)

Flash Liteで“ここまで”できる:
PR:事例で検証! Flashの導入でケータイサイトはこう変わる
VGA解像度の携帯電話が登場し、LTE時代に向けて通信速度が高速化する中、携帯サイトをリッチ化する動きが加速している。中でも注目を集めているのは、見栄えや操作性を向上さるFlash Liteだ。Flash化で携帯サイトはどこまで変わるのか、どんなユーザーメリットを提供できるのか――。Flash変換ソリューションを手がける、りーふねっとの岡社長に聞いた。(2009/9/16)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第2回 iモーションの音声をBluetoothで再生できる?――「F-09A」
タッチパネルや高画素カメラ、AV機能など「F-09A」は多彩な機能を搭載しているが、“ケータイとしての基本性能”が気になる人も多いだろう。そこで今回は、メモリー容量やマルチタスク、Bluetooth機能などについて調べた。(2009/8/20)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年夏モデル編):
第1回 薄型軽量でキーが押しやすい機種はどれ?
ドコモの夏モデルの中で、実際の“性能”と“使い勝手”が優れた機種はどれか。約20機種の中から発売中のモデル9機種をセレクトし、横並びで比較する。第1回は基本性能とキーの操作性について調べた。(2009/8/14)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルの使い勝手はどう?――「F-09A」
「F-09A」は約3.4インチの大型ディスプレイにタッチパネルを搭載しているのが大きな特徴だ。「F-01A」や「F-03A」から進化したポイントを含め、タッチパネルの使い勝手について調べた。(2009/8/12)

iPhone、Android、拡張iモードで携帯コンテンツはどう変わるのか――モバイル・IT研究会セミナー
モバイル・IT研究会が7月22日、第21回勉強会を開催。講師として参加するユビキタスエンターテインメントの清水亮氏が、モバイルコンテンツ市場の今後を分析する。(2009/7/8)

Mobile Weekly Top10:
iPhoneユーザー増加で、「Androidが欲しくなる」?
今週もMobile Weekly Top10は“iPhone祭り”状態。そんな中、Androidに関する記事もランクインしている。(2009/7/7)

「N-06A」の“ここ”が知りたい:
第1回 無線LANにかかる料金はいくら?――「N-06A」
スマートフォンを除くとドコモの2009年夏モデルで唯一無線LANを搭載するのが「N-06A」。それだけに、無線LANに関する質問が圧倒的に多かった。(2009/7/3)

ふぉーんなハナシ:
「F-09A」のiモードブラウザに驚いた
ページ遷移のエフェクトが……。(2009/6/29)

PR:ワンセグ、GPS、モーションデコ――毎日を快適にするエレガントケータイ「SH-05A」
3種の異なるテクスチャーが施されたエレガントなボディに、ワンセグ、おサイフケータイ、FOMAハイスピードなど、充実した機能を誇る「SH-05A」。そうした“目玉機能”以外にも、モーションデコや音声入力などといった便利な機能を多数備える。生活を楽しく彩る1台だ。(2009/6/24)

PR:ケータイとしての魅力も満載──“使える”「SH-06A」の機能
1000万画素のCCDカメラが最大の特徴であるAQUOS SHOTこと「SH-06A」だが、もちろん携帯電話としての機能も、かつてないほど充実している。今回はSH-06Aのケータイとしての魅力に迫る。(2009/6/24)

写真で見る「P-08A」
「P-02A」の後継機種として登場したパナソニック モバイル製の「P-08A」は、スイングスライドとスピードセレクターを継承したほか、カメラやワンセグの機能が向上。PRIMEシリーズ並みのハイスペックな機能をさり気なく盛り込んだ。(2009/6/19)

「SH-06A」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルで何ができる?――「SH-06A」
“AQUOS SHOT”ブランドを冠するシャープ製の「SH-06A」は、カメラ機能が大きく進化したが、SH-03AとSH-04Aから継承したタッチパネルはどうか。タッチパネルでどんな操作ができる(できない)のかをチェックした。(2009/6/19)

写真で見る「F-08A」
STYLEシリーズの「F-08A」は、2009年春モデルとして登場した「F-02A」の後継にあたる防水ケータイ。防水性能の強化を図りつつ、一部では同時に発表された「F-09A」と同等の機能も搭載した。(2009/6/18)

開発陣に聞く「P-07A」:
起動は速く、暗所に強く、端末を閉じたまま撮影――「P-07A」が目指した“使えるケータイカメラ”の姿
端末を閉じたまま、素早く起動し、カメラに“おまかせ”で撮影――。単なる画素数のアップにとどまらない“使えるカメラ”としての機能を追求した第4世代のVIERAケータイ「P-07A」。進化したカメラ機能を中心に、開発の舞台裏を聞いた。(2009/6/10)

10M CCDカメラ+タッチパネル搭載の“AQUOS SHOT”「SH-06A」、6月11日発売
NTTドコモは、10Mピクセルカメラを備えるシャープ製の「SH-06A」を6月11日に発売すると発表した。iモードブラウザのJavaScriptが利用できない状態で販売される。(2009/6/9)

写真で見る「SH-05A」
STYLEシリーズに属するシャープ製の「SH-05A」は、IPX5/IPX7等級の防水性能を備えるほか、最大ISO1万2800相当の高感度撮影やシーン自動認識などが可能な800万画素CCDカメラを搭載する。デザインにもこだわり、背面パネルに3種類のテクスチャーイメージを施した。(2009/6/8)

ふぉーんなハナシ:
iモードブラウザで横幅いっぱい
今までiモードブラウザの横幅は固定だったけれど、「F-09A」に搭載されるiモードブラウザは……。(2009/6/5)

スライドヨコモーションの「F-09A」、6月10日発売
810万画素カメラを搭載したスライドヨコモーション「F-09A」が、6月10日から店頭に並ぶ。iモード機能のJavaScriptが利用できない状態での販売となる。(2009/6/4)

新iモードブラウザに問題 「P-07A」「N-06A」ソフト未更新ならiモード停止
新iモードブラウザのJavaScript関連機能に問題。ドコモは、更新ソフトを適用していない「P-07A」「N-06A」のiモードサービスを停止した。(2009/5/28)

ドコモ、ソフト未更新の「N-06A」「P-07A」でiモードサービスを停止
ドコモは、不具合で販売を中止している「N-06A」「P-07A」の販売済みの端末について、ソフト更新を行っていない端末のiモードサービスを28日の16時に停止した。不適切なアクセスを防ぐための措置としている。(2009/5/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。