ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「F-01A」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「F-01A」に関する情報が集まったページです。

防水なのにハイスペック! PRIMEシリーズ初号機「F-01A」(懐かしのケータイ)
薄型の回転2軸ボディーにIPX5・IPX7等級の防水性能を備えた「F-01A」。防水ケータイ初の3.2型のフルワイドVGA液晶やタッチパネルを搭載し、ハイスペックな防水ケータイとして人気を集めました。(2017/10/28)

どっちの認ショー:
「指紋」vs「虹彩」――「arrows」の生体認証、どっちの方が便利?
富士通の携帯電話といえば、生体認証。2015年冬のarrowsは「指紋」と「虹彩」の2種類の認証を用意しているが、どちらの方が便利なのか。「arrowsジャーナリスト」(他称)が検証する。(2015/12/17)

今日から始めるiPhone:
フリックからローマ字まで iPhone基本の文字入力をマスターしよう
ケータイユーザーは、初めてiPhoneに触る際、タッチパネルの文字入力に戸惑うかもしれない。今回はiPhoneで文字入力するのに必要な、基本操作を紹介したい。(2013/11/27)

今日から始めるiPhone:
簡単・便利にケータイからiPhoneへアドレス帳を移行する方法
ケータイやスマホの機種変更で気になるのがアドレス帳の移行だろう。ケータイからiPhoneへ機種変更する際に、なるべく簡単・便利にデータ移行できる方法をキャリア別に紹介しよう。(2013/9/18)

iモード向けEvernote公式アプリが登場
iモード端末でEvernoteを利用できる公式アプリ「Evernote for i-mode」がドコモマーケットで配信開始された。(2011/6/9)

ドコモ、「F-01A」「F-03B」「F-06B」のソフトウェア更新を開始
ドコモの富士通製ケータイ「F-01A」「F-03B」「F-06B」の通信機能を改善するソフトウェアアップデートが開始された。(2011/4/20)

余震続く――「緊急地震速報」で危険回避を
東北地方太平洋沖地震の発生後、余震が続いている。ケータイ向け「緊急地震速報」も活用して危険を回避してほしい。(2011/3/14)

「N-08B」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感は? FOMAカードなしで何ができる?――「N-08B」
通常の音声機種とは違ったタイプのフルキーボード搭載マシン「N-08B」。携帯電話というより文字入力マシンとして使いたい人も多いだろう。今回は、サイズ感やFOMAカードなしで何ができるかなどを紹介する。(2010/9/8)

“こども店長”が使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ソフトバンクモバイル+その他編
毎晩20時から深夜0時ごろまでに放映されるドラマで使われているケータイを、Webサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。ドコモとauケータイを紹介した前回に引き続き、今回はソフトバンクモバイルがスポンサーするドラマと、キャリアがスポンサーに付いていないドラマに登場するモデルもチェックした。(2010/3/16)

「相棒」のトリックに使われたモデルは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ドコモ+au編
毎晩20時ごろから深夜までに放映されている連続ドラマに登場するケータイを、各キャリアのWebサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。2010年冬のドラマでも、数多くの登場人物たちがケータイを手にしていた。(2010/3/12)

ドコモ、82機種の取扱説明書を訂正――緊急通報の記載に誤り
ドコモの一部機種の取扱説明書に誤りがあることが判明。同社は緊急通報についての記載を訂正し、Webサイトの説明書を改版した。(2010/3/4)

“おひとりさま”が使うモデルは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年秋──ソフトバンクモバイル+その他編
携帯電話会社のWebサイトの情報をもとに、実際にドラマを視聴して劇中のケータイをチェックする恒例の企画。今回は2009年10月から12月までの秋クールで放映された、ソフトバンクモバイルがスポンサーに付いているドラマと、携帯電話会社がスポンサーに付いていないドラマについて紹介しよう。(2010/1/6)

戸田恵梨香、夏帆、米倉涼子のケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年秋──ドコモ編
ドラマに登場するケータイを、各キャリアの公式発表に独自調査を加えて紹介する本コーナー。2009年秋クールでは4作品でドコモ端末が登場した。今回はどんなシーンで活躍しているのだろうか。(2009/12/30)

ドコモ、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptを再有効化
NTTドコモは、「P-07A」「P-08A」「P-09A」のJavaScriptの再有効化などを含む最新ソフトウェアのアップデートを開始した。あわせて、「F-01A」のソフトウェアも更新した。(2009/11/17)

写真で解説する「F-01B」
富士通製の「F-01B」は、ドコモの最新サービスにフル対応したハイスペックな防水・防塵ケータイだ。カメラ機能やタッチパネル性能が進化したほか、指紋認証や多彩なセキュリティ設定をはじめとする、“F”ならではの機能も充実している。(2009/11/11)

PRIMEシリーズ:
“ハイスペック防水ケータイ”がさらに進化――12.2Mピクセルカメラ搭載の「F-01B」
富士通製の「F-01B」は、ドコモの最新サービスや機能を盛り込んだハイスペックな防水・防塵ケータイだ。スーパーデジタルズーム対応の1220万画素カメラや、高性能な手書き入力対応のタッチパネル、人の動きを感知するジャイロセンサーを搭載する。(2009/11/10)

松嶋菜々子、香里奈 、深キョンのケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年夏──ドコモ編
ドラマに登場するケータイを、各キャリアの公式発表に独自調査を加えて紹介する本コーナー。2009年夏クールの作品に登場するドコモ端末は5作品に減ったが、ケータイがドラマに欠かせないアイテムであることに変わりはない。今回はどんなシーンでケータイが活躍しているのだろうか。(2009/10/16)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第35回 内蔵辞書で簡単に調べ物――本格的な辞書を備えたメーカーは?
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第35回では、メーカーごとの違いも含めた「内蔵辞書」について解説する。(2009/10/14)

最新ケータイ徹底比較(タッチパネルケータイ 2009年夏モデル編):
第1回 タッチパネルで何ができる?――最新7機種を横並び比較
2009年夏モデルでも多数のタッチパネル搭載ケータイが登場した。すでに過去にタッチパネルを搭載したモデルの後継機もいくつかあることから、どこまで“使える”のかが気になる。そこで、ドコモ、au、ソフトバンクモバイルの夏モデルから7機種を選び、タッチパネルの使い勝手を数回にわたって検証していく。(2009/10/13)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第3回 セキュリティ機能はどこまで強力?――「F-09A」
富士通の端末はセキュリティ関連の機能が充実していることでも知られている。F-09Aでもその内容に関する質問が多く寄せられた。(2009/9/14)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第2回 iモーションの音声をBluetoothで再生できる?――「F-09A」
タッチパネルや高画素カメラ、AV機能など「F-09A」は多彩な機能を搭載しているが、“ケータイとしての基本性能”が気になる人も多いだろう。そこで今回は、メモリー容量やマルチタスク、Bluetooth機能などについて調べた。(2009/8/20)

「F-09A」の“ここ”が知りたい:
第1回 タッチパネルの使い勝手はどう?――「F-09A」
「F-09A」は約3.4インチの大型ディスプレイにタッチパネルを搭載しているのが大きな特徴だ。「F-01A」や「F-03A」から進化したポイントを含め、タッチパネルの使い勝手について調べた。(2009/8/12)

auの「MYスライドビデオ」、ドコモ端末にも送信可能に
撮影した写真を使ってオリジナルの動画を作成、送信できるauの「MYスライドビデオ」が、ドコモ端末にも送信できるようになった。あわせて、スライドビデオのプレゼントを無料とするキャンペーンも実施される。(2009/8/7)

写真で見る「F-08A」
STYLEシリーズの「F-08A」は、2009年春モデルとして登場した「F-02A」の後継にあたる防水ケータイ。防水性能の強化を図りつつ、一部では同時に発表された「F-09A」と同等の機能も搭載した。(2009/6/18)

健康管理はケータイで――ドコモ、企業・自治体向けサービス「ウェルネスサポート」提供
ドコモが、健康管理に関する指導を行う企業・自治体向けサービス「ウェルネスサポート」を提供。利用者は健康機器や歩数計などを通じて収集したデータを携帯電話でサーバに送信でき、各企業は自社サービスと各種データを連携させたサービスを提供可能になる。(2009/5/27)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第4回 “AQUOSケータイ”SH-04Aが真価を発揮――ワンセグ、音楽プレーヤーのタッチ操作
ドコモ 2008年冬モデルのタッチパネルレビューの最終回では、ワンセグとミュージックプレーヤーの操作性を検証。シャープ製の「SH-03A」と「SH-04A」は同様の操作性かと思いきや、いくつか違いが見られた。また、SH-04Aに次いで多彩なタッチ操作ができるN-01Aの実力はどうか。(2009/5/18)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第3回 F、N、SH、それぞれが個性を発揮――カメラ、ビュワー、ブラウザのタッチ操作
レビューの第1回と2回では、タッチパネルの基本的なUI(ユーザーインタフェース)を比較した。続いて、機能ごとにタッチパネルがどこまで“使える”かを検証する。今回は「カメラ」「画像ビュワー」「iモードブラウザ」「フルブラウザ」の4つに焦点を当てた。(2009/5/16)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第2回 やはり「SH-04A」が最強なのか?――タッチUIを徹底解剖する
今回レビューしているドコモのタッチパネル対応ケータイは、「SH-04A」がタッチ操作のみで最も多くの機能を利用できる。では使い勝手はどうか。第2回では、タッチ専用メニューやショートカット、誤操作防止などをチェックした。(2009/5/11)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2008年冬モデル編):
第1回 タッチパネルで何ができる? できない?
2008年冬モデルからタッチパネル対応機種が増えたドコモ端末だが、肝心の使い勝手はどうなのか。比較レビューの第1回では、タッチパネルの基本事項として、タッチで「できること」「できないこと」を調べた。(2009/5/9)

Mobile Weekly Top10:
金属好きにはたまらない「G9」の質感
KDDIが春商戦の終盤に発表した新ブランド「iida」は、さまざまなデザイナーとコラボするためのステージとして用意されたという。そのファーストモデル「G9」は、なかなか上質な金属の質感がそそる。(2009/4/15)

海外でGPSケータイを使ってみた――ドコモ「F-01A」の場合
GPSを搭載した携帯電話が普及し、ケータイナビが手放せないというユーザーも多いだろう。最近ではカメラで撮った写真にジオタグを埋め込み、地図上に表示する楽しみも出てきた。そこで、F-01AのGPS機能を海外で試してみたのだが……。(2009/4/3)

ドコモの「F-01A」「N905iμ」「N905iBiz」に不具合――ソフト更新で対応
ドコモの「F-01A」「N905iμ」「N905iBiz」に不具合があることが分かった。3機種とも無線経由で改修済みソフトを配信するソフトウェア更新で対応する。(2009/3/26)

榮倉奈々、南沢奈央、菅野美穂のケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2009年冬──ドコモ編
毎晩21時から23時台に放映されている連続ドラマに登場するケータイを、携帯電話各社のWebサイトの情報と実際のオンエアを元にチェックする恒例の「ドラマで使われるケータイたち」。2009年冬のドコモ編では、新型番で登場した2008年冬モデルが大活躍している。(2009/3/10)

「F-01A」ロードテスト:
第2回 F-01AをBluetoothモデムにしてみる
通話や音楽再生がワイヤレスで行えるBluetooth接続。F-01Aは音声回りのプロファイルに加えて、PCからダイヤルアップ接続できるDUNに対応している。まれな使い方ではあるが、F-01AをBluetoothモデムにしてみた。(2009/2/13)

「F-01A」ロードテスト:
第1回 防水端末だからこそ、Bluetoothが便利
待望のBluetooth機能を搭載した富士通の防水ハイスペックケータイ「F-01A」。ロードテストの第1回では、防水ケータイだからこそBluetoothでのハンズフリー通話やワイヤレスミュージックが便利な点を紹介する。(2009/2/12)

ドコモ、「対戦☆ボンバーマン祭♪」を開催――「対戦☆ボンバーマン+」を無料提供
NTTドコモは、iアプリオンラインを利用した「対戦☆ボンバーマン祭♪」を3月2日から4月30日まで開催する。大会は計4回行われる。(2009/2/12)

「F-01A」「F-02A」「P905iTV」に電源断や再起動の不具合――ソフト更新を開始
NTTドコモは、富士通製「F-01A」「F-02A」、パナソニック モバイル製「P905iTV」のソフト更新を開始した。特定の操作で突然電源が落ちたり、勝手に再起動するなどの不具合を改善する。(2009/2/10)

jig.jp、iウィジェットに対応した「jigブラウザ9i」を発表
jig.jpは、ドコモのiウィジェットに対応した「jigブラウザ9i」を発表した。jigブラウザ内のjigletを、ウィジェットアプリとして登録できる。そのほか光TOUCH CRUSERへの対応やソフトキーへの機能割り当てなど操作性も向上した。(2009/1/27)

NTTドコモ、“スライドタッチケータイ”「F-03A」を1月24日に発売
ドコモは、タッチパネル操作が可能な富士通製スライドケータイ「F-03A」を1月24日に発売する。スライドを閉じた状態では、画面上に表示された「タッチセレクター」を使い、回転式十字キーを搭載した“D”端末のように操作できる。(2009/1/20)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第11回 ケータイの“ギミック”に潜むショートカットを活用する
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第11回では、素早く電話発信やメール作成をする方法や、キー操作不要のショートカットを紹介する。(2009/1/13)

ドコモ向け「エヴァ&アニメiGAINAX」でアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」を配信
「新世紀エヴァンゲリオン」TVアニメシリーズ全26話がドコモケータイ向けに配信された。(2009/1/6)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター太田編):
ケータイの楽しみ方を広げる新サービスが続々登場
スポーツや動画、エージェントサービスなど、2008年はパケット定額プランの利用を前提としたケータイの新たな楽しみ方を提示する新サービスが続々登場した。太田百合子氏が注目したのは、そんな新サービスに対応した機種だ。(2008/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター石川編):
やっぱり“武器”を持つケータイは強い
2008年はアップルの「iPhone 3G」なしには語れない。タッチパネルを使った心地よい操作性は、日本の携帯業界に大きな衝撃を与えた。そのほかのモデルでは、防水とハイスペックを両立させた「F-01A」、若者に大ヒットした「HONEY BEE」を選んだ。(2008/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライターmemn0ck編):
水平分業か垂直統合か――「T-Mobile G1」と「iPhone 3G」の分水嶺
国内の携帯電話事業から撤退するメーカーが相次いだ2008年。Androidなどオープンな取り組みが注目される一方で、垂直統合モデルの「iPhone 3G」が上陸するなど、日本のケータイ市場は大きな転換期を迎えたといえる。(2008/12/24)

「F-01A」のソフト更新開始――カメラ関連の不具合を改善
ドコモは、富士通製の「F-01A」にカメラが起動できなくなるなどの不具合があることを公表し、ソフトウェア更新を開始した。(2008/12/24)

今すぐ使えるケータイレシピ:
第9回 ショートカット活用の秘訣は“ダイヤルキー”と“長押し”にあり
ケータイの「何となく知っていたけど使っていない」機能や、「実はこんな使い方もある」という活用法を取り上げる本コーナー。第9回では、よく使う機能を簡単に呼び出せる「ショートカット」機能を取り上げる。(2008/12/22)

開発陣に聞く「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」:
タッチだからこそ“親指文化”にもこだわった――「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」誕生秘話
ハーフXGAサイズの3.8インチのタッチパネルディスプレイ、モーションセンサーといった先進的なデバイスを搭載した「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」は、現行ケータイではトップクラスのスペックを誇る。大型ディスプレイを搭載した理由、タッチパネルに盛り込んだ工夫とは――シャープの開発陣に話を聞いた。(2008/12/20)

「F-02A」発売――新規バリューコースは一括で4万円台後半、分割で月々1000円台後半
富士通製の防水ケータイ「F-02A」が発売された。都内量販店ではバリューコースの新規価格(24回払い)が月々1820円と案内されていた。また、「4℃」コラボレーションモデルの4℃ Pure Whiteは、通常モデルよりもやや高めの価格となっていた。(2008/12/18)

Weekly ITmedia +D Top10:
ハンバーガーを食らった日
今週のランキング1位は、ハンバーガー3個分のボリュームをもつ「クォーターパウンダー」の記事。(2008/12/11)

土砂降りのケータイ市場に「防水」端末で臨む富士通――ブランドコラボで、デザインにも新風
富士通が2008年冬の新端末発表会を開催した。ハイスペックなF-01A、2インチ大型を背面に持つF-02A、厚さ12.6ミリとスリムなF-04Aと、3種の防水ケータイで冬商戦に臨む。さらに、“D”端末の使い勝手を踏襲したF-03Aも登場する。(2008/12/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。