ニュース
» 2010年06月29日 20時19分 UPDATE

パレットプラザ、55ステーション、ブレーメン通り商店街がソフトバンクWi-Fiスポットに

ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムが、ソフトバンクWi-Fiスポットの拡大を発表。7月からパレットプラザ、55ステーション、ブレーメン通り商店街で順次利用可能になる。

[ITmedia]
Photo ソフトバンクWi-Fiスポットに目印として貼られるステッカー

 ソフトバンクモバイルとソフトバンクテレコムが6月29日、プラザクリエイトが展開する「パレットプラザ」「55ステーション」と、神奈川県川崎市中原区のモトスミ・ブレーメン通り商店街でソフトバンクWi-Fiスポットの導入が決まったことを明らかにした。

 パレットプラザと55ステーションは、プラザクリエイトのフォトサービスショップで、2010年3月末時点で全国に1020店舗ある。まずは7月中旬にカフェを併設した「パレットプラザ市ヶ谷店」でサービスを開始し、順次全国の店舗で導入する。高速・高品質プリント注文や多彩な画像サービスなどを手がけ、スマートフォンやWi-Fi通信機能を備えた情報端末とプラザクリエイトのフォトサービスショップを結ぶサービスなども展開予定だ。

 モトスミ・ブレーメン通り商店街は、東急東横線の元住吉駅の西側に延びる商店街。この商店街の主要店舗で、7月11日からソフトバンクWi-Fiスポットのサービスを開始する。

 ソフトバンクWi-Fiスポットでは、iPhone 3G/3GS/4やiPad、ケータイWi-Fi対応機種などで、3Gでのパケット通信より高速なWi-Fi(無線LAN)通信が利用可能になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう