ニュース
» 2010年07月30日 14時40分 UPDATE

auの回線交換方式のデータ通信サービスが終了――周波数再編に伴い

KDDIが、800MHz帯の周波数再編完了までに、auケータイの回線交換式のデータ通信サービスを終了させる。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは7月30日、auケータイの回線交換方式のデータ通信サービスを、800MHz帯の周波数再編完了までに終了することを発表した。具体的な終了日時は別途案内するとしている。800MHz帯周波数の電波は、総務省の周波数再編方針により、周波数の有効利用などのために、2012年7月24日までに現在の使用方法が変更される予定。

 回線交換方式は、通信が開始してから終了するまで回線を占有する通信方式のこと。回線交換方式のデータ通信サービスは1999年のCDMA方式の導入時から提供されており、ISP接続やFAX通信に利用されていた。

 2002年4月にCDMA 1X方式(下り最大144Kbps)、2003年11月にCDMA 1X WIN EVDO方式(下り最大2.4Mbps)、2006年12月にCDMA 1X WIN EVDO Rev.A方式(下り最大3.1Mbps)の高速パケットデータ通信サービスが提供されてから、2005年秋発売のモデル以降、回線交換方式のデータ通信機能は順次搭載されなくなった。

関連キーワード

au | KDDI | CDMA | 再編 | パケット | FAX | ISP | 電波 | 総務省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう