ニュース
» 2010年09月24日 12時32分 公開

ドコモ、「SH-10B」のソフトウェア更新を開始――メールの不具合を改善

ドコモは、販売停止となっていたSH-10Bのソフトウェア更新を開始した。販売の再開時期は未定。

[田中聡,ITmedia]
photo 「LYNX SH-10B」

 NTTドコモは9月24日、シャープ製端末「LYNX SH-10B」の不具合を改善するソフトウェアアップデートを開始した。

 不具合の内容は、アドレス帳の登録名に「,(カンマ)」を使用している場合、その人へのメールが正しく送信されず、ほかの人に送信される場合があるというもの(関連記事を参照)。ソフトウェアアップデートを行うことで、この不具合が改善される。

 新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜4時)に書き換えられる。また、「設定」→「システム」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。ソフトウェア更新の所要時間は約11分。更新にかかる通信料は無料だが、「mopera U」のUライトプランを契約していて今月利用していない場合、ソフトウェア更新時にmopera Uへ接続するため、315円の月額料金が発生する。また、Wi-Fi接続中はソフトウェア更新はできない。

 今回の不具合が発生したことで、SH-10Bの販売は一時停止されている。販売再開時期は現時点では未定で、ドコモから別途案内される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう