ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「販売中止」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「販売中止」に関する情報が集まったページです。

米書店チェーン、“多様性企画”で古典文学の表紙絵を黒人に置き換え ネットでの批判を受け販売停止
キャンペーンの意図と受け手の解釈が食い違ったようです。(2020/2/10)

売れすぎが原因:
松屋が「ビーフシチュー定食」の販売再開 “豚汁消失”と同様の事態に陥っていた
松屋は「ビーフシチュー定食」の販売を再開した。原因は原料の供給が追い付かなかったため。“豆腐消失”に続く事態に陥っていた。(2020/1/7)

「プロメア」滅殺開墾ビームTシャツが発売中止に 「集団虐殺(ジェノサイド)」表すローマ字に海外ファンから指摘
攻撃的な印象を与える言葉に翻訳されていました。(2019/12/14)

新連載・コンビニオーナー“大反乱”の真相:
コンビニおでん「無断発注」「販売中止」問題が暴く画一的ビジネスの限界
冬のコンビニの人気商品・おでんに異変。無断発注問題や店舗によっては販売休止の動きも。オーナーへの生々しい現場取材を通じてその真因を追う。(2019/12/9)

ネットで話題のカフェイン吸引デバイス「ston」、在庫切れ続く 販売再開は「数日以内に」
カフェインやGABAを吸引するデバイス「ston」が、12月3日の発売当日にAmazon.co.jpで在庫切れに。5日に在庫を補充したが、再び在庫切れになった。販売再開は数日以内の予定。(2019/12/5)

富士フイルム、黒白フィルムを復活 22日発売 愛好家の声を受け
富士フイルムが、黒白写真用フィルムの販売を再開。2018年秋で販売をいったん終了したが、販売継続を望む愛好家の声を受け、新製品「ネオパン100 ACROSII」を開発した。(2019/11/21)

松屋、豆腐関連メニューを販売休止 豆腐キムチチゲなど好調で豆腐の生産に遅れ【追記あり】
販売再開のめどは立っていないとしています。(2019/11/19)

“ひろゆきのチューナー”が発売中止に 工場の急な製造費値上げで販売成り立たず
クラウドファンディングの支援金額で製品を届けることが不可能に。支援者には返金処理がなされます。(2019/10/4)

「ダイソーで売られているこれ、コピーじゃないのかな?」 人気癒しアイテム「もにまるず」の作者が類似品の販売中止求める→ダイソー一時販売停止もノーコメント
手作りの製品を1000円で販売していたのに100円で類似品が出回るとは……。(2019/10/13)

サードウェーブ、薄型13.3型ノート「Altair F-13KR」の販売を再開
サードウェーブは、一時品切れ状態となっていた薄型13.3型ノートPC「Altair F-13KR」の販売再開を発表した。(2019/9/6)

ローソンマチカフェ「黒糖タピオカ」、初日に販売中止 「解凍の際に予定していた仕様にならず」
今日27日の発売でした。(2019/8/27)

【復活】売れすぎで販売休止になっていた「カップヌードル味噌」の販売を再開
復活おめでとうございます。待ってた!(2019/8/21)

KDDI、19年4〜6月期は増収減益 HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プラン導入を検討へ
KDDIが19年4〜6月期の連結業績を発表。売上高が前年同期比2.0%増の1兆2461億円、営業利益が11.4%減の2558億円、最終利益は9.0%減の1626億円と増収減益だった。決算会見で高橋誠社長は、HUAWEIスマホの販売再開や、楽天参入に合わせた新プランの導入を示唆した。(2019/8/1)

アンカー、USB急速充電器の一部を販売中止&回収 製造時の不具合で発煙などの可能性
アンカー・ジャパンは、USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」(型番:A2041121)の製造を中止し、販売した製品も回収する。(2019/7/8)

富士フイルムの黒白フィルムが復活! 需要は見込めるのか聞いてみた
2019年秋に販売再開。(2019/6/13)

春名風花さんの絵本が販売停止に イラストレーターがネット上の写真を無断利用
ネット上の写真を無断で利用して描いたイラストが掲載されているとして販売停止に。(2019/6/4)

Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンを販売再開
Amazonが、Amazon.co.jpでHuaweiスマートフォンの販売を再開している。新製品の「HUAWEI P30」と「HUAWEI P30 lite」も購入できる。価格(税込)はP30が7万6456円、P30 liteが3万2279円。(2019/6/4)

Amazon株主総会、顔認証システムの政府への販売停止要求案却下 温暖化対策案も
Amazonの株主総会で、顔認証システムの政府への販売停止をAmazonに求める提案や、従業員が推進していた温暖化対策の提案が投票の結果却下された。(2019/5/23)

ピエール瀧の登場シーンを差し替え 販売中止になっていた「JUDGE EYES」が新価格版として7月18日に再登場
有料ダウンロードコンテンツも全て収録されています。(2019/5/21)

ピエール瀧逮捕で販売中止の「JUDGE EYES:死神の遺言」、モデル差し替えで再発売
ピエール瀧氏が逮捕されたことを受けて3月から販売を自粛していた「JUDGE EYES:死神の遺言」が7月18日に「新価格版」として4540円(税別)で再発売。瀧氏が演じていたキャラクター「羽村京平」は、田中美央さんが演じたモデルに差し替えた。(2019/5/21)

ドクターマーチンのインク店頭販売、今年後半に再開へ それまでは「Amazonで買って」 米販売元が声明
アナログイラストなどに使われる「Dr.Ph.Martin's」(ドクターマーチン)のインクについて、製造・販売する米社は「今年後半に日本の小売店での販売を再開する」との声明を発表した。(2019/5/15)

ASUS、「ZenFone Max Pro(M2)」を4月27日に販売再開
ASUS JAPANが、SIMロックフリースマートフォン「ZenFone Max Pro(M2)」の販売を4月27日から再開する。特定の周波数帯に対応していない不具合が判明したため、4月2日から販売を停止していた。(2019/4/26)

「ZenFone Max Pro(M2)」、特定の周波数帯に対応しない不具合で販売停止 交換/返品対応に
ASUS JAPANの「ZenFone Max Pro(M2)(ZB631KL)」にて、特定周波数を使用できない不具合があることが判明。誤って日本向けとは異なる仕様のパーツを組み込んで日本に出荷したため。これまで販売した全てのZenFone Max Pro(M2)が、不具合に該当する。(2019/4/2)

「依存症に厳しすぎる制裁」 ピエール瀧出演作の自粛撤回、依存症支援団体が要望
ピエール瀧氏が麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたことを受け、出演作品の撮り直しや販売停止など自粛が相次いでいる問題で、依存症関連の市民団体や治療者らで結成する団体が、自粛を撤回するよう求める要望書を、NHKなど5社・団体に送付したと発表した。(2019/3/28)

完売していた「木彫りのくまぬいぐるみ」が販売再開 意外過ぎるコラボがSNSで話題に
木彫りのアイデンティティーはいったいどこへ。(2019/3/20)

アニメ「ぱすてるメモリーズ」BD全3巻発売中止→修正版BOXを発売 製作会社に5.9億円の特別損失
配信は3月25日まで見られるそうです。(2019/3/19)

「コンビニの成人向け雑誌をフィルムで包装」、堺市×ファミマの取り組みの今は
コンビニの成人誌販売中止が決まった今、あの取り組みがどうなったのか聞いてみた。(2019/3/17)

セレッソ大阪、みやげ品「セレッソの恋人」の発売を中止
権利上の問題はないとしつつも「皆様からのご意見」を受けて販売中止するとしている。(2019/3/9)

袋のままレンチンできると話題の「レンジ de ポテリッチ」自主回収 購入者から焦げ・発火の申し出
3月発売予定だった「レンジ de ピザポテト」は発売中止に。(2019/2/22)

ファミマも成人誌販売中止 セブン、ローソンに並ぶ
全国のファミリーマート店舗で今年8月末から、成人向け雑誌の販売が中止。セブン、ローソンに並んだ。(2019/1/22)

ファミリーマート「成人向け雑誌」の販売中止を決定 「取り扱いをやめる方針はない」から一夜明け一転
「セブン-イレブン」および「ローソン」も成人誌の取り扱いを中止するとしています。(2019/1/22)

コンビニ成人誌販売中止、ファミリーマートは「取り扱いをやめる方針はない」
セブン-イレブン、ローソンで相次いで取り扱い中止を発表し、衝撃が広がっていました。(2019/1/21)

セブン-イレブンで成人誌の販売を中止へ 女性や訪日外国人への配慮から
最大手のセブン-イレブンの販売中止は、コンビニ業界全体に影響しそうだ。(2019/1/21)

ピーチ・ジョン、サプリを販売停止し謝罪 広告の「こっそり相手に飲ませる」表現に批判
(2019/1/9)

ITはみ出しコラム:
AmazonがようやくChromecastを販売再開 Googleとの終戦に向けた大きな一歩?
ユーザー不在の締め出し合戦を繰り広げてきたAmazonとGoogle。Amazonが「Chromecast」の販売を再開したことで、ようやく状況が変わるかもしれません。(2018/12/16)

Amazon、約1年ぶりにGoogleのChromecastの販売再開
Amazon.comがようやくGoogleのChromecastとChromecast Ultraの販売を再開した。Android TVに「Amazonプライム・ビデオ」アプリも復活した。(2018/12/14)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
発売中止の作品まで…… アニメの“円盤”は消滅するのか?
アニメのBlu-rayやDVDの売り上げが減少している。動画配信サービスの普及が要因。ただ配信終了した作品は見れなくなるため揺り戻しの可能性も。(2018/11/13)

「カメラを止めるな!」の原案舞台DVD、突然発売中止に 発売元「(DVD化は)映画との問題を解決してから」
どうなっているのでしょうか。(2018/11/2)

10月中旬から:
日立、テレビ「Wooo」の国内販売中止 ソニーと連携強化し「BRAVIA」販売へ
競争力強化を目的に、日立がソニーとの連携を強化する。日立はテレビ「Wooo」シリーズの国内販売を今秋をめどに打ち切る。10月中旬からは日立グループの地域家電店で、ソニー製テレビ「BRAVIA」シリーズを販売していく。(2018/9/25)

販売停止になった玩具「有害無罪玩具」を集めた博物館の漫画に反響 「いろんな人に読んでもらいたい」
「生きているシャボン玉」「未来が見えるメガネ」「多重世界眼鏡」などの玩具を体験していくSF漫画です。(2018/8/31)

「モンスターハンター:ワールド」中国版が販売停止 中国政府の指定要件を満たしていないとして
購入者には払い戻しへ。(2018/8/13)

氷菓「SACRE(サクレ)」レモンなど5種、一時販売中止を発表 猛暑の影響で品薄に
サクレレモンに関しては8月下旬ごろの販売再開予定。(2018/8/6)

Amazon.comにて海賊版ゲームソフトが販売される デベロッパーからの販売停止要請でようやく収束へ
審査しっかりして……。(2018/7/26)

オーディオテクニカ初の完全ワイヤレスフォン発売中止 「接続性能、基準に達せず」
オーディオテクニカは、8月3日発売予定だった同社初の完全ワイヤレスヘッドフォン「ATH-CKS7TW」の発売を中止する。「基板設計上の問題でBluetooth対応機器との接続性能が当社基準に達しなかった」という(2018/7/26)

実際にお店で飲んでみた:
生ビールが飲める“居酒屋コンビニ”発見! これがセブンの目指す道?
セブン‐イレブンは生ビールのテスト販売を中止したが、実は2016年から約50店舗で生ビールを提供しているコンビニチェーンがある。お客に好評なので今年からある店舗でチューハイとハイボールの提供も始めたという。実際に記者が足を運んで、どんなお客が利用しているのか取材してみた。(2018/7/19)

SWATが学校で犯人と撃ち合うPCゲーム、民間人が巻き込まれる内容で物議 慈善団体が販売中止を要請
開発元は「シミュレーターに過ぎない」と弁明。(2018/5/28)

サードウェーブ、Atom搭載8.9型Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」を販売再開
サードウェーブは、同社製Windowsタブレット「Diginnos Tablet DG-D09IW2SL」の販売再開を発表した。(2018/5/18)

任天堂「ミニファミコン」販売再開へ 6月28日から
任天堂の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が6月28日から販売再開。(2018/5/14)

オランダ賭博当局がルートボックスの一部を賭博法違反と認定 提供アイテムの市場価値を認める
対象タイトルが6月20日までにルートボックスの仕様を修正しなかった場合、罰金もしくはオランダ国内での販売停止処分が下される可能性がある。(2018/4/21)

神々が直接殴り合う格ゲー「Fight of Gods」にSwitch版登場か 国内開発社がアマテラスの声優募集
一部の国では販売中止になるなどした色んな意味で話題作。(2018/4/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。