ニュース
» 2010年09月29日 23時22分 UPDATE

インフォニックス、資金繰り困難に――KDDIがMVNO事業譲渡契約を締結

ECナビケータイやGIANTSケータイなどをKDDIのMVNOとして手がけるインフォニックスが、資金繰りが困難な状態に陥った。これを受けKDDIは、ユーザー保護の観点からKDDIのMVNOとして展開している事業を譲り受ける契約を締結した。

[園部修,ITmedia]

 インフォニックスが9月29日、携帯電話の販売代金にかかる割賦債権の流動化を実現することができず、資金繰りが悪化して東京地方裁判所に再生手続き開始の申し立てを行った。インフォニックスは「ECナビケータイ」や「GIANTSケータイ」「Tigersケータイ」「JALマイルフォン」などをMVNOとして手がけていた。

 これを受け、MNOとしてインフォニックスに回線サービスを提供していたKDDIは、KDDIのネットワークを利用したMVNOサービスを継承するため、事業譲渡契約を結んだことを明らかにした。ECナビケータイなどを利用しているユーザーの生活や安全に支障や混乱を来たさないよう、事業の譲渡を受ける。裁判所の許可など、前提条件が満たされれば、インフォニックスのMVNO事業を譲り受け、継承する。

 事業譲渡の時期は11月上旬を予定しているが、変更される可能性もあるという。なお既存ユーザー向けのサービスは当面継続される。新規サービスに伴うマイレージやポイント、その他特典も従来通り継続したい考え。

 このほかインフォニックスは、携帯電話レンタル事業なども手がけているが、こちらは継続を考えている。ソフトバンクモバイルのMVNOとして提供していたブラジル人向けサービスについては別途連絡する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう