ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「資金調達」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「資金調達」に関する情報が集まったページです。

資金調達額は累計19.2億円へ:
大熊ダイヤモンドデバイス、新たに3.3億円調達
大熊ダイヤモンドデバイスは2024年2月、北陸銀行、みずほ銀行および三井住友銀行より、デットファイナンスによる資金調達を行った。今回の調達額は総額3億3000万円(融資枠含む)で、創業以来の資金調達額は累計19億2000万円となる。(2024/2/19)

元メルカリ青柳氏のライドシェア新会社が15億円調達 メルカリなどから
グリー元CFOで、メルカリの日本事業を統括していた青柳直樹氏が立ち上げたスタートアップ・newmo(ニューモ、東京都港区)が15億円の資金を調達した。(2024/2/16)

サービス開始から4年で上場 トリリンガルラッパーCEOの「トップに食い込む交渉力」
トリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、INFORICHを創業した秋山広宣CEO。2018年からスタートしたモバイルバッテリーのシェアリング事業ChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たしている。短期間で資金調達と事業拡大を果たせた背景には、秋山CEOの交渉力があった。(2024/2/16)

Cybersecurity Dive:
サイバー関連の資金調達とM&Aが減少傾向も、ベンダーたちが楽観視しているワケ
Pinpointによると、ベンチャーキャピタルは2023年、潜在的な損失を最小限に抑えるために投資の基準を引き締める戦略へと移行した。その背景には何があるのだろうか。(2024/2/3)

東京発・AIドリームチーム「Sakana.ai」が45億円調達 元Googleトップ研究者らが設立 AI業界の著名人や日本の大手IT企業も出資
元米Googleの著名な研究者、リオン・ジョーンズ氏とデビッド・ハー氏が東京で立ち上げたAI企業Sakana.aiが、シリコンバレーのベンチャーキャピタルやNTTグループ、KDDI、ソニーグループなどから45億円の資金を調達したと発表した。(2024/1/16)

製造マネジメントニュース:
ダイハツの取引先は全国に6084社、出荷停止長期化で資金繰りに影響も
東京商工リサーチは、出荷を停止したダイハツ工業グループの取引先調査の結果を発表した。(2023/12/22)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:金融機関から融資が下りない? もしもの時でも慌てないための資金繰り改善策
会社設立の立ち上げ期に必要な資金を調達する方法として、金融機関の融資を検討する人は多いだろう。しかし、融資の基準は公表されていないため、融資が受けられない可能性も考えられる。そこで本資料では、資金繰りの改善策を紹介する。(2023/12/21)

株式会社クレディセゾン提供ホワイトペーパー:
PR:借り入れやファクタリングに頼らない、クレジットカードを使った資金繰り改善策
企業にとって事業継続上の大きな課題となる資金繰り。金融機関からの借り入れやファクタリングといった対策もあるが、調達期間や手数料が問題となるケースも多い。そこで注目したいのが、クレジットカードを使った新たなアプローチだ。(2023/12/21)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(6):
「資本」って何なのか? 投資と資金調達の観点から眺めてみよう
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/11/29)

資金調達をしたら「大会社」になってしまった━━その時、経理がすべきこと
(2023/11/24)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ業界が苦境か ベンチャーキャピタルからの資金調達額が減少
セキュリティ業界全体においてベンチャーキャピタルからの資金調達額が減少している。これは、ベンダーや重複するツールが飽和状態にあるこの業界の現実を反映している。(2023/11/19)

LayerXが20億円調達 AI・LLMの活用支援手掛ける新事業部も
LayerXが新たに20億円の資金を調達したと発表した。これにより、同社の調達総額は約132億6000万円になる。今回調達した資金はバクラク請求書などの機能追加やマーケティングに充てる。(2023/11/9)

Luup、約36億円を調達 累計127億円に
電動キックボードのLuupが新たに約36億円の資金調達を行ったと発表した。累計調達額は約127億円になった。(2023/11/7)

3Dプリンタニュース:
ExtraBoldが総額2.6億円の資金調達、三井化学との戦略的提携で共同開発を加速
ExtraBoldは、既存ベンチャーキャピタルに加え、新たに三井化学から総額およそ2.6億円の資金調達をした。大型3Dプリンタ「EXF-12」に続く新製品の開発やサステナブルな社会の拡充に向けた取り組みを加速させる。(2023/11/2)

IT経営者の本棚:
179億円調達の法務SaaS企業、経営陣の本棚を覗き見  愛読書は?
今をときめくIT・Web関連企業の経営者の本棚や愛読書をのぞき見。現代社会で戦うIT経営者たちがどんな考え方に影響を受けているのか、ヒントを探る。今回は、法務向けSaaSを手掛け、10月までに179億円の資金を調達しているLegalOn Technologies経営陣の本棚や愛読書をのぞき見る。(2023/10/11)

SaaS管理のジョーシス、135億円調達 国内エンプラ市場に本腰 攻略の足掛かりは
ラクスルグループで、SaaS管理サービスを手掛けるジョーシス(東京都品川区)は9月6日、135億円の資金を調達したと発表した。資金は国内エンタープライズ市場の攻略などに充てるといい、準備も進んでいるようだ。(2023/9/6)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
「スマートシティー」にも活用広がる ブロックチェーン活用サービスの最前線を解説【前編】
「お試しPoC」を終えて普及期に入るブロックチェーン。決済や資金調達、スマートシティーや地方創生などにおける最前線の活用事例を紹介しつつ、課題と展望をアナリストが解説する。(2023/8/25)

Cybersecurity Dive:
セキュリティ業界における資金調達額が大幅に減少、ベンダーにもたらす影響は?
インフレと景気後退に対する懸念によって、第2四半期のサイバーセキュリティ業界における資金調達額が大幅に減少した。こうした市場の混乱の影響で人員削減を余儀なくされた企業もある。(2023/8/13)

メカ設計ニュース:
キャディがシリーズCで118億円調達、事業強化や人材獲得、グローバル拡大へ投資
キャディは、シリーズCラウンドで総額118億円の資金調達を実施した。部品調達プラットフォーム「CADDi MANUFACTURING」の成長投資、図面データ活用クラウド「CADDi DRAWER」の機能強化のためのテクノロジー投資などを主な資金使途に挙げる。(2023/7/13)

製造業向けクラウドのキャディが118億円調達 2030年までに主力サービスの売上1兆円目指す
製造業向けクラウドサービスを手掛けるキャディが約118億円の資金を調達。資金はサービスの機能強化に充てる他、人材採用に活用する。中でも主力サービスの「CADDi MANUFACTURING」では、2030年までに売上1兆円規模を目指すという。(2023/7/5)

英Nothing、9600万ドル(約139億円)の資金を調達 新製品の開発に弾み
英Nothing Technologyは6月28日、9600万ドル(約139億円)の資金を調達したと発表した。ロンドンを拠点とするベンチャーキャピタル(VC)が主導となり、GV(旧Google Ventures)や、スウェーデンのハウスミュージックグループ「Swedish House Mafia(スウェディッシュ・ハウス・マフィア)」などが関わっている。新製品の開発に弾みを付けたい考えだ。(2023/7/1)

MicrosoftやNVIDIAら、“パーソナルAI”の新興企業Inflection AIに13億ドル出資
“パーソナルAI”を手掛ける米新興企業Inflection AIが13億ドルの資金調達を発表した。主導するのはMicrosoft、NVIDIA、リード・ホフマン氏、ビル・ゲイツ氏、エリック・シュミット氏。既に個人向けAIアシスタント「Pi」を提供しており、独自のLLMを開発中だ。(2023/6/30)

広がるエンベデッドファイナンス インフォマート「BtoBプラットフォーム」にMFケッサイの請求代行機能を組み込み
保険や資金調達など金融系のサービスを、部品として他のSaaSなどに組み込む「エンベデッドファイナンス(組込型金融)」が徐々に広がりを見せている。インフォマートは、主力サービス「BtoBプラットフォーム」に、マネーフォワードケッサイが提供する請求代行サービス「MoneyFoward Kessai」を組み込み、「掛売決済」として7月26日から提供する。(2023/6/21)

IT企業デスクツアー:
モニター・PCぎっしり 24億円調達のSaaSベンダーで働くみんなのデスク環境
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、6月までに累計24億円の資金を調達したSaaSベンダー・テックタッチで働く人のデスク周りを探る。(2023/6/14)

メタバース「cluster」運営元が52億円調達 累計66億円に
メタバース空間「cluster」を運営するクラスターが計52億円を資金調達。累計66億円を調達したことになる。(2023/5/17)

電動キックボードのLuup、45億円調達 累計91億円に
Luupが第三者割当増資と銀行借入・リースを合わせて約45億円の資金調達。累計調達額は約91億円になる。(2023/4/26)

Retail Dive:
デジタルツイン時代の新ビジネスか 注目のスタートアップ「DressX」が1500万ドルを集める
「デジタルファッション」と呼ばれる聞き慣れないビジネスが注目を集める。DressXが複数の投資家から1500万ドルもの資金を調達した。Z世代以降の新しいビジネスは立ち上がるのだろうか。(2023/4/24)

金融スタートアップのブルーモ、8億円調達 長期投資専用のアプリを夏リリース
金融スタートアップのブルーモ・インベストメントは4月18日、シードラウンドとして総額8億円の資金調達を行ったと発表した。長期資産形成に特化した証券会社を設立し、夏までに米国株やETFをアプリで取引できるサービスを提供する計画だ。(2023/4/18)

マネーフォワードケッサイ、資金繰りを改善するBPSP「マネーフォワード 請求書カード払い for Startup」提供開始
マネーフォワードケッサイは、オリエントコーポレーション(オリコ)と提携し、請求書カード払いサービス「マネーフォワード 請求書カード払い for Startup」をスタートアップ向けに提供開始した。(2023/4/4)

現場の“紙業務”をなくしてデジタル化する「カミナシ」、30億円調達
店舗・現場の業務をデジタル化するSaaS「カミナシ」を手掛けるカミナシが30億円の資金を調達。IoTやAIへの投資や人材採用に充て、サービス開発の強化につなげるという。(2023/3/29)

薬局向けSaaSのカケハシが18億円を追加調達 累計調達額は149億円に
薬局向けの業務支援サービスを提供するカケハシが18億円の資金を調達。同社は1月に76億円の調達を発表済み。これにより、同社の累計調達金額は149億円になった。(2023/3/29)

元CEOは離脱:
エッジAIで注目の新興企業、事業縮小も資金調達に成功
エッジAI向けチップを手掛ける米スタートアップのMythicが、1300万米ドルの資金調達に成功した。ただし同社は事業の再編縮小も実施している。(2023/3/17)

LayerXが55億円調達 三井物産から社外取締役
LayerXが、三井物産やベンチャーキャピタルなどから55億円の資金を調達。資金は開発や営業活動、マーケティングの強化に加え、新規事業の創出に充てるという。(2023/2/28)

ARコンタクトレンズのMojo Vision、資金不足で開発停止 マイクロLEDにピボット
ARで視界に情報を表示するスマートコンタクトレンズを開発中のMojo Visionが開発を保留すると発表した。資金調達が困難になったため。従業員の75%を削減し、マイクロLEDディスプレイにピボットする。(2023/1/8)

サイボウズ、サーバ増強に30億円 リコーと資本提携、クラウド基盤強化
サイボウズがサーバ増強に30億円を投資する。リコーと資本提携を結び、同社を引受先とする第三者割当による自己株式の処分を実施。174万100株を処分し、資金を調達する。(2022/12/20)

約1割の起業家が「年間事業売上規模5億円以上」を達成:
起業家の課題、最も男女差が大きかったのは「家庭との両立」 デルが起業に関する意識調査結果を発表
デル・テクノロジーズは、起業に関する意識調査の結果を発表した。起業したタイミングは30歳代が最も多く、事業売上規模は1000万円未満が最多だった。「資金調達」と「経営知識の習得」が2大課題として挙がった。(2022/11/25)

製造IT導入事例:
パナソニック ホームズが経営管理にAnaplan採用、年間2000時間の業務削減
Anaplan JapanのSaaS型プラニングプラットフォーム「Anaplan」が、パナソニック ホームズの経営管理システムに採用された。Anaplanの導入により、P/Lを作成するだけで、B/SやC/F、資金繰り表を自動で作成可能になった。(2022/11/17)

“出資したい側”が情報掲載してスタートアップとマッチング M&Aクラウドが資金調達プラットフォームを始めるワケ
スタートアップに出資したい大手IT企業などが情報を掲載し、それらを見てスタートアップが出資を依頼する仕組みの「資金調達Cloud」スタート。(2022/11/1)

資金調達“冬の時代“に登場、初期スタートアップを支援するSaaS VCとのマッチングも
現在は株式市場が冷え込みIPO評価額も落ち込んだことで、資金調達を目指すスタートアップにとっては冬の時代といわれる。そんな中、主にシードからシリーズBといった初期のスタートアップを支援するSaaS「StartPass」が登場した。(2022/11/1)

画像生成AI「Stable Diffusion」開発会社、1億100万米ドルの資金調達 音声や動画モデルなど開発加速
画像生成AI「Stable Diffusion」の開発元でAIスタートアップ企業である英Stability AIは、1億100万米ドル(約150億円、1米ドル=149円換算)の資金調達をしたと発表した。(2022/10/18)

ホテルや飲食のキャンセル料請求をSaaS化 初期費用・月額料金ナシ
スタートアップのPayn(東京都中央区)は、ホテルやレストランなどが行っているキャンセル料の請求業務を、簡単に行えるデジタル請求ツール「Payn」のベータ版を10月5日にリリースした。併せて総額9000万円の資金調達も実施した。(2022/10/12)

ふるさと納税、返礼品事業者の資金繰りを解決する「ARLY」 GMOあおぞらネット銀など提供
サイバーレコード、シフトセブン、GMOあおぞらネット銀行、カルティブの4社は、返礼品事業者の資金繰り問題を解決するサービス「ARLY(アーリー)」の提供を10月6日から開始する。(2022/10/6)

金融ディスラプション:
将来の売り上げを今、現金化 レベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)とは?
フィンテックの進展が、資金調達の分野でもイノベーションを起こしている。その中でも注目なのが、レベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)だ。企業の将来の売り上げを債権として買い取るという、新たな手法だ。RBFを手掛ける国内スタートアップ2社、FivotとYoiiに聞いた。(2022/9/30)

「本当はもっと大型の資金調達を予定していた」 45億円集めたoVice経営層が明かすファイナンスの裏側 “SaaSバブル崩壊”の影響は
8月に45億円の資金調達を果たしたoVice。しかし経営陣によれば、本来はもっと大型の調達を見込んでいたという。規模縮小の背景には“SaaSバブル崩壊”と国際情勢の影響があった。調達までの道のりをCEOとCFOが振り返る。(2022/9/29)

対談企画「CFOの意思」:
マネーフォワード金坂CFOが考える、「成功したM&Aの共通点」
2021年秋にマーケットが崩れる直前の資金調達を、なぜ実現できたのか。M&Aを成功させるため、気を付けていることとは? マネーフォワード金坂CFOに聞く。(2022/9/27)

蓄電・発電機器:
浮体が“回る”垂直軸型の低コストな新型洋上風車、2024年度に実証実験へ
垂直軸型の浮体式洋上風車の開発に取り組むアルバトロス・テクノロジーが、独立系ベンチャーキャピタルから1億円の資金調達を発表。低コストで運用が可能という、開発中の浮体式洋上風車の実証実験に向けた準備を開始した。(2022/9/22)

「エルデンリング」のフロム・ソフトウェア、約364億円の資金調達 テンセント子会社とSIEに新株式発行
アクションRPG「ELDEN RING」を開発したフロム・ソフトウェアは、第三者割当増資によって363億9955万円の資金調達を行う。割当先は中国のTencent Holdings Limitedの子会社であるSixjoy Hong Kong Limitedと、ソニー・インタラクティブエンタテインメント。(2022/8/31)

バブルはもう終わり? SaaSスタートアップがいま知りたい資金調達の基礎知識 新局面の戦い方は
拡大が続くSaaS市場。今から参入したいスタートアップが、資金調達する上で気を付けるべき点とは。ヤプリCFOへの取材から探る。(2022/8/25)

9.55億円を資金調達:
決裁者マッチングアプリ「オンリーストーリー」の会員数が2倍に 理由は?
オンリーストーリーは、総額約9.55億円の資金調達を実施した。これにより、累計資金調達額は約26億円となる。(2022/8/18)

Amazon、「@cosme」運営企業に140億円出資 筆頭株主に
化粧品などの口コミサイト「@cosme」を運営するアイスタイルは、米Amazon.comや三井物産と資本業務提携を結んだと発表した。ECサイトで連携する他、計184億円の資金調達を実施する。(2022/8/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。