ニュース
» 2010年10月08日 22時45分 UPDATE

ドコモ、家庭菜園のアドバイスメールを送信する「園芸サポートサービス」の実証実験

NTTドコモが、家庭菜園向けに水やりや収穫のタイミングなどをメールでお知らせする「園芸サポートサービス(仮称)」の実証実験を10月9日から2011年2月28日まで実施する。

[富永ジュン,ITmedia]

 NTTドコモが、家庭向けの「園芸サポートサービス(仮称)」の実証実験を10月9日から2011年2月28日まで実施する。

 同サービスは、新開発のセンサーをプランタなどの土壌に設置し、日照量、気温、地中温度、水分量を測定してドコモのサーバに蓄積して、これらを統計処理したデータと種苗メーカーなどから提供されたノウハウをもとに水やりなどの手入れや収穫のタイミングなどをレコメンド情報として利用者にメール送信するというもの。測定データの確認やサービス利用者同士の情報交換、専門家からのアドバイスが受けられるコミュニティサイトの提供も行う。

 今回の実証実験では、首都圏の約30世帯を対象に同サービスを利用して茎ブロッコリーと大根の栽培を行い、レコメンド情報の内容・頻度の検証・最適化や、センサーの測定データの評価、センサー感度の検証・最適化を行う。

Photo 「園芸サポートサービス」のサービスイメージ図

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.