ニュース
» 2010年10月15日 09時44分 UPDATE

タイ・バンコク周辺がグローバルパスポートCDMAの対応エリアに

10月20日から、タイのバンコクおよびバンコク周辺地域が、CDMA 1X WINのグローバルパスポートCDMAに対応。対応機種による音声通話とデータ通信が利用可能になる。

[富永ジュン,ITmedia]

 KDDIが10月14日、タイのバンコクとバンコク周辺地域で、CDMA 1X WINのグローバルパスポートCDMA対応機種による国際ローミングが、10月20日から利用可能になると発表した。

 タイでのグローバルパスポートCDMAは、2003年8月に現地の携帯電話事業者CAT Telecom Public CompanyのCDMAネットワークを通じて開始されたものの、これまでバンコクとバンコク周辺地域はサービスエリア外だった。CATがネットワークを改修したため、このたびCDMA 1X WINのグローバルパスポート CDMA対応機種で音声通話サービスやEメール送受信、EZwebなどのデータ通信サービスが利用できるようになった。

Photo タイのグローバルパスポートCDMA

 なお、バンコクとバンコク周辺地域において、CDMA 1X WINのグローバルパスポートCDMA対応機種を利用する場合は、渡航前に最新のPRL(ローミングエリア情報、ファイルバージョン00042)のダウンロードと更新が必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.