ニュース
» 2010年11月05日 18時01分 UPDATE

携帯販売ランキング(10月25日〜10月31日):iPhoneついに首位陥落――「GALAXY S」はケータイ銀河を制するか? (1/5)

18週連続でキャリア総合首位だった「iPhone 4」がついに2位にランクダウン。王座を奪い取ったのは、ドコモのAndroid端末「GALAXY S」だ。秋冬、そして来年春にかけて、続々とAndroid端末がラインアップされる中、販売ランキングはどのように変化していくのだろうか……?

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年10月25日〜2010年10月31日
順位前回順位キャリアモデル
1位NTTドコモGALAXY S
2位1ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
3位2ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
4位3NTTドコモP-07B
5位8auIS01
6位4NTTドコモXperia
7位6au簡単ケータイ K004
8位5aubeskey
9位7NTTドコモらくらくホン ベーシックII
10位11NTTドコモF-08B

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「GALAXY S」

 今回のキャリア総合ランキングでは、18回連続で首位を獲得してきた「iPhone 4」がついに2位にランクダウン。首位には、NTTドコモが10月28日に発売したAndroid端末「GALAXY S」が初登場でランクインした。

 GALAXY Sは、Androidの最新バージョンである2.2を採用し、4.0インチのSUPER AMOLED(スーパー有機EL)ディスプレイや5Mピクセルカメラ、1GHz駆動のチップセットを搭載したSamsung電子製のスマートフォンだ。発売前に「Xperia」を発売時を超える5万台以上の予約があったとのことで、しばらくは同端末がランキングの上位をにぎわしてくれそうだ。ただ、在庫切れ等によって順位が大きく上下するようなこともあるかもしれない。

 GALAXY Sの参戦により、今回のキャリア総合トップ10は、10モデル中5モデルがスマートフォンという結果になった。KDDIは先般の新製品発表会で、4機種のAndroid端末を冬春商戦に投入することをアピールし、ソフトバンクもAndroid 2.2採用端末を6機種発表、さらに新製品発表会を控えるドコモも、電子書籍端末などを含めたスマートフォンを7機種発表すると事前にアナウンスしている。こうしたスマートフォンと、同じく冬春商戦に投入されるフィーチャーフォンの順位がどのように変化していくのかに注目したい。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.