ニュース
» 2011年06月03日 17時20分 UPDATE

iPhoneケースコンテスト「日本47美色」の各都道府県代表47作品と入賞6作品が決定

「SoftBank SELECTION×マイコミジャーナル iPhoneケースデザインコンテスト“日本47美色”」のグランプリとして、福島県の郷土玩具「赤べこ」をモチーフにした作品が選出された。

[富永ジュン,ITmedia]

 ソフトバンクBBは6月2日、「SoftBank SELECTION×マイコミジャーナル iPhoneケースデザインコンテスト“日本47美色”」の各都道府県代表47作品と入賞6作品を発表した。

 同コンテストでは、47都道府県をモチーフにしたiPhone 4ケースのデザインを2010年9月2日から2010年11月30日まで一般公募した。全国から寄せられた1422作品の中から主催者による1次審査で141作品を選出し、その後Webサイト上で一般投票を行い、各都道府県の代表47作品を選出した。

 さらに、特別審査員の黒田 潔氏(イラストレーター/アートディレクター)と、谷口 純弘氏(アーティスト発掘プロジェクト「digmeout」主宰者)による最終審査により、福島県の郷土玩具「赤べこ」をモチーフにした山本美咲さん(広島県在住・学生)の作品がグランプリ(金賞)に選出された。

 準グランプリ(銀賞・銅賞)入賞作品は、銀賞に三重県代表・onigiri-projectさんの三重県のブランド牛をモチーフにしたデザイン、福島県代表・mikihiroさんの「上空から見た博多湾」をモチーフにしたデザインの2作品、銅賞に神奈川県代表・中花香さんの伝統工芸品「寄木」をモチーフにしたデザイン、岡山県代表・asamonさんの岡山県名産の「桃」をモチーフにしたデザイン、福井県代表・nakiyamuさんの、福井県が生産量日本一を誇る「めがね」をモチーフにしたデザインの3作品。

 なお、入賞6作品は「日本47美色」として製品化され、SoftBank SELECTIONオンラインショップにおいて、6月2日から予約受付、6月下旬ごろに発売される。価格はそれぞれ2980円。

PhotoPhotoPhoto 左から、金賞(福島県代表)、銀賞(三重県代表)、銀賞(福岡県代表)
PhotoPhotoPhoto 左から銅賞(神奈川県代表)、銅賞(岡山県代表)、銅賞(福井県代表)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.