ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「審査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「審査」に関する情報が集まったページです。

「映倫審査拒否の問題作」うたう映画に映倫が苦言 「映倫は表現の自由を守るためにある。拒否はしない」
「もしも拒否したら『検閲』になってしまう」(2022/5/19)

「チャージマン研!」配信の公式YouTubeチャンネル、収益化はく奪される ネット「ジュラル星人のしわざに違いない」
配信会社は再審査請求するとのこと。(2022/5/13)

スマホ決済のお得な活用術:
事前チャージ不要の「PayPayあと払い」と「PayPayカード」はどちらがお得?
「PayPayあと払い」では、事前のチャージ不要で「PayPay」の支払いができ、利用した金額は翌月にまとめて登録している口座から引き落とされる。一方、PayPayカードは、年会費永年無料で利用できるクレジットカード。PayPayあと払いとPayPayカードは翌月にまとめ払いできることやPayPayポイントがたまるところ、審査が必要な点などを考えると、よく似たサービスといえる。(2022/5/10)

PayPay、6月1日から「総額10億ポイントくじ」開催 本人確認で参加可能
PayPayは、6月1日から「本人確認すると参加できる!総額10億ポイントくじ」を開催。ユーザーの本人確認の取り組み強化の一環で、本人確認が審査完了すると参加できる。(2022/5/9)

身分証&銀行口座でSIM契約できるスカイセブンモバイル、渋谷店をオープン
格安SIMサービスのスカイセブンモバイルは、4月5日に渋谷店をオープン。身分証と銀行口座があれば審査不要で本人名義の新規契約が可能で、3GB+かけ放題プランを5500円(税込み)から利用できる。(2022/4/11)

5Gの2.3GHz帯にKDDIのみが申請 総務省が受付結果を公表
総務省は4月4日、5Gの2.3GHz帯に関する特定基地局の開設計画について、KDDIと沖縄セルラー電話からの申請があったと公表した。申請は2022年2月28日から3月31日まで受け付けていた。今後、申請審査を行った上で、開設計画の認定に際し、電波監理審議会に諮問を行うとしている。(2022/4/4)

オンライン国会なお課題 「出席」見解を議長報告
衆院憲法審査会と与野党が、オンラインでの国会出席について、緊急事態発生時などに例外的に認められると解釈できるとの見解を報告した。国会のオンライン審議が実現に近づいたが、詳細なルールやシステム構築が必要で、導入には時間がかかりそうだ。(2022/3/9)

陣内智則、「R-1」審査の夜「ずっと寝られなかった」 大きな“3つの批判”に後悔と反省「僕の語彙力のなさ」
愛があるからこそ。(2022/3/8)

甘いチェック「制度見直しも」 IT補助金不正受給
国のIT導入補助金を不正受給したとしてテレビ朝日社員らが逮捕された事件で、申請者側が結託すれば容易に補助金を詐取できる実態が浮き彫りになった。外部審査も導入されていたが、チェック機能が不十分で「制度自体に甘さがあった」との声も上がる。(2022/3/8)

「倍満の貴公子」田口淳之介、麻雀プロテストに合格 反響の大きさに驚き「プロの名に恥じないように頑張ります」
筆記試験、面接、実技試験で審査。(2022/3/7)

緊急事態のオンライン国会審議を容認 衆院憲法審が見解
衆院憲法審査会が「緊急事態が発生した場合等においてどうしても本会議の開催が必要と認められるとき」に限り「例外的にオンライン出席も含まれると解釈できる」としてオンライン国会審議を認める見解を取りまとめ、可決した。(2022/3/4)

“人権無い”発言プロゲーマーの元所属チーム、再発防止策発表 外部有識者に助言求める
“身長170cm未満は人権無し”発言が問題視されたプロゲーマーたぬかな氏の元所属先チームが、事態を受け再発防止策を発表した。選手やスタッフの教育と管理を強化し、メンバー採用時の審査も厳格化する。(2022/2/25)

オンライン国会可能? 憲法審で参考人質疑
衆院憲法審査会は24日、憲法56条が議員の「出席」を国会審議の条件としている中、オンライン審議が憲法上認められるかどうかをめぐり、憲法学者2人を招き参考人質疑を実施した。(2022/2/25)

オンライン審議、各党認識の違いも 衆院憲法審
衆院憲法審査会が、オンラインによる国会審議の是非について自由討議を行った。共産党以外はオンライン審議を可能とすべきと主張。自民党は改憲議論の一環に位置付けるべきとしたが、立憲民主党や公明党、国民民主党は衆院規則の改正で十分と訴えた。(2022/2/18)

3色の黒インキ:
文房具屋さん大賞2022、大賞はサクラクレパスの「ボールサインiD プラス」
サクラクレパスのノック式単色ゲルインキボールペン「ボールサインiD プラス」が、「文房具屋さん大賞2022」で大賞を受賞。有名文具店12社の店員が審査して決定した。(2022/2/10)

「どの資格があれば『専門性を満たしている』といえるか」など具体的な例示も:
経済産業省が「セキュリティサービス品質の判断基準」の第2版を公開
経済産業省は「情報セキュリティサービス基準」と「情報セキュリティサービスに関する審査登録機関基準」を改訂した。これまで「附則」としていた7項目を「情報セキュリティサービスにおける技術及び品質の確保に資する取組の例示」として独立させた。(2022/2/3)

塩野義製薬が3月までに:
国産のコロナ飲み薬、気になる効果と供給時期は
塩野義製薬は1月31日、開発中の新型コロナの飲み薬に関し、体内のウイルス量を減少させる効果を示す臨床試験(治験)データを国の審査機関「医薬品医療機器総合機構(PMDA)」に提出したと発表した。(2022/2/1)

品質問題に揺れるマクアケ1Q決算、営業益74%減 「審査人員を強化」
クラウドファンデイングサイト「Makuake」を運営するマクアケの第1四半期決算は、売上高が伸びたが、人員採用などのコストが増加し、営業利益は74.6%減に落ち込んだ。(2022/1/26)

インフラ機器導入に事前審査 対中念頭、経済安保法
政府が今国会提出を目指す経済安全保障関連法案の概要が23日、判明した。先端技術で先行し安保上の懸念がある中国を念頭に、エネルギーや通信などのインフラ事業者が機器やシステムを導入したり、他の事業者に維持管理を委託したりする場合の計画を政府が事前審査する制度を新設。半導体などの重要物資をめぐり国内の製造基盤を強化する制度も設け、サプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)化に取り組む。(2022/1/25)

保険各社、競う支払い迅速化 広がるAI活用
事故査定のAI審査や、事故受け付けから支払いまでの完全自動化など各社とも“国内業界初”の取り組みとして技術力のアピールに躍起だ。(2022/1/17)

保険各社、競う支払い迅速化 広がるAI活用
保険各社がAIなどのデジタル技術を駆使した保険金や給付金の支払いの迅速化を競っている。事故査定のAI審査や、事故受け付けから支払いまでの完全自動化など各社とも“国内業界初”の取り組みとして技術力のアピールに躍起だ。(2022/1/17)

“ひとり開発”のAIで1日数千万件の広告審査を効率化 「AIは詳しくない」ヤフー社員が実現できたワケ
広告が増加し、これまでの手法では審査が追い付かなくなっていたヤフー。異動したての社員が1人でAIを構築し、チェックを自動化したところ、工数削減に成功したという。人材も知識も少ない中、1日数千万件にも及ぶ広告審査を効率化できた理由とは。(2022/1/13)

Mobile Weekly Top10:
「2021年を代表するスマホ」は何? ライター陣の視点に注目!/「楽天モバイル×iPhone」の問題が解決
その年を代表するスマートフォンを選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2021年も開催されました。審査員が推薦する端末から本戦に進むものを選ぶのですが、今回は数年ぶりにiPhoneが“選外”となりました。(2022/1/7)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー審査員が選ぶ「2021年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月中旬、2021年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2021」の審査会を開催しました。2021年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」で5機種ずつを選定。審査員が推薦した5機種とその理由を紹介します。(2021/12/27)

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、導入社数1500社突破
 LegalForce(東京都江東区)は12月23日、提供するAI契約審査プラットフォーム「LegalForce」の導入社数が、12月時点で1500社を超えたと発表した。1500社のうち、企業への導入が1200社、法律事務所への導入が300事務所となる。(2021/12/24)

「M-1グランプリ」、ツイート数も「錦鯉」優勝 Twitter Japan調べ
Twitter Japanは23日、19日放送の「M-1グランプリ2021」で優勝した漫才コンビ「錦鯉」は、放送中の関連ツイート数も最も多かったと発表した。審査員も大きな注目を集めた。(2021/12/23)

「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2021」開催 「ハイエンド」「ミッドレンジ」で計10機種がノミネート
ITmedia Mobileでは、2021年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2021」を開催します。審査の対象となるのは、2021年1月1日から2021年12月中旬までに発売したスマートフォン。選考委員とITmedia Mobile編集部がそれぞれ5機種を推薦し、その中で特に票が集まった10機種をノミネート機種として選定しました。(2021/12/22)

製品動向:
濃縮余剰汚泥対象の下水処理場向け「オゾン可溶化反応装置」を開発
三菱電機と日鉄エンジニアリングは、下水汚泥に含まれる微生物を主体とする難分解成分をオゾンガスで効率的に溶かす「オゾン可溶化反応装置」を開発し、日本下水道新技術機構の建築技術審査証明を2021年7月9日に取得した。バイオガスを20%以上増産し、温室効果ガスの削減にも貢献する。(2021/12/22)

上沼恵美子がYouTubeチャンネル開設 「来てくれ言うた紳助さんが辞めちゃった」“M-1審査員”の重責明かす
今夜放送の「M-1グランプリ2021」でも審査員を務める上沼さん。(2021/12/19)

ネット通販急成長ひずみ 送料無料化 楽天、出店者につけ
これまで楽天グループがインターネット通販サイト「楽天市場」で進めてきた送料無料化の取り組みに対し、公正取引委員会が独禁法違反の可能性を指摘した。楽天が今後改善策を取ることで公取委の審査は終了する方向だが、出店者とプラットフォーマーである楽天に圧倒的な力の差がある構図は変わらない。今回の問題は需要が急拡大する中で顕在化したネット通販のひずみともいえ、立場の弱い事業者にプラットフォーマーの競争のつけを回さない保護策が求められそうだ。(2021/12/7)

楽天に独禁法違反の疑い 送料無料化しない加盟店に不利益ちらつかせ 公取委が指摘
公正取引委員会は、楽天グループが参加しない加盟店に優位な立場を利用した取引を行ったとして独占禁止法違反の可能性があるという審査結果を公表した。楽天グループから改善策が提示されたため、公取委は実施状況を確認の上審査を終える。(2021/12/6)

AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、定義語チェッカーをリリース 校正作業の効率化に
 AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」を提供するLegalForce(東京都江東区)は11月26日、契約書の校正の品質を向上させる機能、定義語チェッカーをリリースしたと発表した。契約書レビューの効率化と、品質向上を実現できる。(2021/11/29)

特許庁が初のAIコンペ実施 個人でもエントリー可 最優秀モデルは商標検索システムに採用
特許庁が、AIを活用した画像検索技術を募るコンペティションを始める。最も優秀な成績を収めたAIは特許庁の特許審査システムに採用する。(2021/11/22)

BIM:
避難安全検証とBIMデータを連携し一元化する設計システムを開発、大林組
大林組は、避難安全検証法とBIMモデルを相互に連携し、データを一元的に利用する設計システム「SmartHAK」を開発し、受注した複数のプロジェクトに適用した。SmartHAKでは、指定確認検査機関での審査を経て、確認済証の交付を受けており、こういったシステムは業界初だという。(2021/11/19)

「第7回痴漢抑止バッジデザインコンテスト」最終審査がスタート 上位5作品のデザインを製品化へ
話題のグラフティシンボルや人気の動物がモチーフになった作品も。(2021/11/12)

デザインの力:
2021年度グッドデザイン大賞、オリィ研究所の「分身ロボットカフェ」に決定
日本デザイン振興会は「2021年度グッドデザイン賞大賞」記者発表会を開催し、最終プレゼンテーション審査に臨んだグッドデザイン大賞候補5件の中から「2021年度グッドデザイン大賞」(1件)を発表した。(2021/11/4)

BIM確認申請:
BIMビュワーアプリ「BIMx」がなぜ建築確認申請に有効なのか?実践的なワークフロー解説
ここ数年は、BIMの普及と共にBIMを用いた建築確認申請の実施例も増えつつある。BIMソフトの1つ「Archicad」も、2018年に審査機関がArchicadと同社のBIMビュワーアプリケーション「BIMx」を用いて電子申請を行い、戸建て住宅の確認済証を交付するなどの実績を上げている。そして今回、建築研究所がArchicadとBIMxを使い、木造戸建て住宅の建築確認に必要な図面検討とBIMを用いた審査における課題検討を行った。(2021/10/19)

BIM確認申請:
Archicadと専用アプリ「BIMx」を活用した確認申請の未来、スマホやタブレットで審査可能に
ここ数年は、BIMの普及と共にBIMを用いた建築確認申請の実施例も増えつつある。BIMソフトの1つ「Archicad」も、2018年に審査機関がArchicadと同社のBIMビュワーアプリケーション「BIMx」を用いて電子申請を行い、戸建て住宅の確認済証を交付するなどの実績を上げている。そして今回、建築研究所がArchicadとBIMxを使い、木造戸建て住宅の建築確認に必要な図面検討とBIMを用いた審査における課題検討を行った。(2021/10/18)

近日リリース:
民間初の「ワクチンパスポートアプリ」提供へ その特徴は?
メディカルチェック推進機構とICheckが、コロナワクチンの接種記録の表示や協賛企業からのクーポン券付与などの特典を受けられるアプリ「ワクパス」(iOS/Android、無料)の提供を始めると発表した。アプリの審査に時間がかかっており、リリースは近日中。(2021/10/6)

World Robot Summit 2020レポート:
1cmの狂いもなく部屋を散らかす!? WRS2020の舞台裏では何が起きていたのか
2021年9月9〜12日に開催された「World Robot Summit 2020愛知大会」。ロボット競技会「World Robot Challenge(WRC)」の「パートナーロボットチャレンジ(リアルスペース)」に審査委員として参加した筆者の太田智美氏が、その舞台裏をレポートする。(2021/9/28)

国内初、インサイダー取引の審査業務にAI活用 SBI証券が導入へ 審査時間を約90%短縮
SBI証券が、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を始めると発表した。審査時間を90%短縮し、審査業務の効率化を図る。共同実証したNECは、同社のクラウドサービスに、インサイダー取引に対応した新機能として22年度に提供する。(2021/9/15)

SBI証券、NECと共同でインサイダー取引審査業務にAIを導入
 SBI証券は9月14日、日本電気(以下NEC)と共同でインサイダー取引の審査業務にAIを導入、2022年度より運用開始予定と発表した。AIを活用することにより、審査業務の更なる高度化、効率化に取り組むとしている。(2021/9/15)

巧妙なインサイダー取引をAIで検知 SBI証券とNECが共同で実証、サービス化へ
SBI証券とNECは共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。巧妙化する不正取引をAIで検知し、審査時間を9割削減した。2022年度にサービス化も見込む、その仕組みとは。(2021/9/15)

「不正取引の手口が巧妙化し、審査の負担が増えている」:
「根拠を説明するAI」でインサイダー取引の審査を効率化 SBI証券とNEC
SBI証券はNECと共同で、インサイダー取引の審査業務にAIを導入する。2022年度に運用を開始する。「異種混合学習技術」を活用してAIモデルを構築し、SBI証券のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習させた。(2021/9/15)

「超立体マスク」「超快適マスク」もJIS適合マスクに ユニ・チャーム発表
ユニ・チャームは13日、「超快適マスク」「超立体マスク」がJIS規格(T9001 一般用)の適合審査を通過したと発表した。(2021/9/13)

Appleが開発者との集団訴訟で和解 App Store以外での支払いを容認
Appleが8月27日、2019年に起きた米国の複数の開発者による集団訴訟について和解したと発表。その内容を日本語で公開した。中小開発者への支援や検索機能の維持、審査レポートの公開など、開発者にとっては見逃せない声明だ。(2021/8/27)

I&CO Tokyo共同代表 高宮範有氏に聞く:
「カンヌライオンズ」日本代表審査員が総括 コロナ後の広告における「体験の本質」と「手段の必然性」の価値
史上初のオンライン開催となった「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」で審査員を務めたI&CO Tokyo共同代表の高宮範有氏に、2021年の世界におけるクリエイティブの傾向を総括してもらった。(2021/8/12)

メルカリの利用実績を基に融資する「メルペイスマートマネー」 売上で返済もOK
メルペイが、「メルカリ」の利用実績を基に限度額や金利を定める少額融資サービス「メルペイスマートマネー」の提供を始めた。従来の金融サービスの与信審査が通りにくい層を取り込み、メルカリや「メルぺイ」の利用拡大につなげるという。(2021/8/3)

サプライチェーン改革:
最新法令に基づいた輸出管理のガバナンスを強化するソリューション
日立ソリューションズは2021年7月13日、輸出管理業務の顧客審査や品目審査、取引審査をワークフローシステム化して、業務効率向上を支援する「安全保障貿易管理ソリューション」の最新版を同年7月14日より提供すると発表した。(2021/7/14)

ヤフオク!、“いたずら入札”対策に本人確認を検討 ID再取得に対するブラックリスト整備も実施予定
ヤフーが、「ヤフオク!」の“いたずら入札”対策に、すでに一部で導入している本人確認による審査について適用範囲の拡大を検討している。IDを再取得して違反行為を繰り返すユーザーをはじくため、ブラックリストの整備も強化するという。(2021/7/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。