ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「審査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「審査」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「AI」と金融の深まる関係【前編】
不正検知だけではない「金融AI」の使い道 与信審査の“失敗”も回避
膨大なデータを有効に活用し、顧客とより密接につながるために、決済処理に人工知能(AI)技術を利用する動きが広がっている。事例を基に、その実態を探る。(2019/6/14)

「チバニアン」審査中断 反対者が地層隣接地の賃借権取得
千葉県市原市の地層を約77万〜12万6000年前の地質年代の基準地と認定し、年代名を「チバニアン」(千葉時代)とするための審査手続きが中断していることが分かった。反対者が地層に隣接した土地の賃借権を取得し、基準地の条件である自由な立ち入りが保証できなくなったためという。(2019/6/7)

Yahoo! IDユーザーの行動を点数化し、事業者とマッチングする「Yahoo!スコア」発表
ヤフーは、同社のサービスの利用実績から機械的に算出する「Yahoo!スコア」を、事業者向けに提供する。ユーザーに対する特典などの付与や、審査プロセスの簡略化、コンテンツの最適化、サービスの改善、広告の配信などに利用できる。(2019/6/5)

日立と住信SBIがAI融資の合弁会社 住宅ローン審査を実施
日立製作所と住信SBIネット銀行が、合弁会社を設立しAI審査サービスを提供する。AIを使って住宅ローンの審査を行い、貸し倒れ率を推計。10月のサービス開始を予定しており、各金融機関への提供を目指す。(2019/5/30)

大学生向けビジコン、サイバーエージェントが開催 「藤田晋が認めたら投資のチャンス」
サイバーエージェントは、全国の大学生・大学院生を対象にしたビジネスコンテスト「学生版 STARTUP CHALLENGE」の参加者の募集を始めた。決勝プレゼンでは、藤田晋社長が審査員を務め、優秀プランには同社グループによる投資や事業化の機会を提供する。(2019/5/14)

対策が急ピッチで進む:
日本は「マネロン天国」の汚名返上なるか 国際組織が今秋審査
犯罪収益の出所や所有者を分からなくするマネーロンダリング(資金洗浄)の対策に国内の金融機関が頭を悩ませている。国際組織「金融活動作業部会」(FATF、本部パリ)による立ち入り審査を今秋に控え「マネロン天国」の汚名を返上できるかの正念場にあるからだ。厳しい結果が出れば国際的な資金取引から締め出しを食らいかねない。顧客の格付けや現金の持ち込み送金を受け付けないなど、対策が急ピッチで進む。(2019/3/28)

漫画キャラを無許可で使った「玄関マット」がAmazonに大量出品 漫画家が「購入しないで」と呼び掛け
Amazonに現れた「海賊版玄関マット」――Amazon側の審査体制を非難する声も。(2019/3/27)

あっさり審査を通過:
なぜ自民は了承したのか? 首相の「鶴の一声」で違法DL項目削除へ
政府が今国会提出を目指す著作権法改正案をめぐり、自民党が違法ダウンロード(DL)に関する項目の削除を求める方針を固めたのは、安倍晋三首相の「鶴の一声」があったからだった。なぜ言論規制につながりかねない改正案があっさり党の審査を通過したのか。与党として法案チェックの特権を持つ自民党に猛省を促したい。(2019/3/11)

違法ダウンロード拡大の項目削除、首相の「鶴の一声」で
政府が今国会提出を目指す著作権法改正案をめぐり、自民党が違法ダウンロード(DL)に関する項目の削除を求める方針を固めたのは、安倍晋三首相の「鶴の一声」があったからだった。なぜ言論規制につながりかねない改正案があっさり党の審査を通過したのか。(2019/3/8)

人工知能が才能発掘?:
AIがモデルを審査!? 「副業モデル」マッチングアプリの挑戦
副業でモデルができるアプリ「週末モデル」が審査業務にAIを活用。ベンチャーと組み容姿や趣味などで評価させるという。でも、どうやって?(2019/2/27)

不適切な表現や画像を自動検出:
FRONTEO、AIを活用した「KIBIT広告審査ソリューション」を提供開始
独自開発のAIエンジンで広告審査にかかる時間を短縮し、広告審査業務の効率化を実現。(2019/2/20)

「確定申告」偽サイト、ヤフーの検索連動広告に表示 Bingにも配信 ヤフーが対策
「『Yahoo!検索』や『Bing』で『確定申告』と検索すると、確定申告の公式サイトをかたる偽サイトが表示される」――こんな指摘が相次いだ。ヤフーによると、Yahoo!検索やBingの検索結果に表示されるリスティング広告「Yahoo!プロモーション広告」の審査が甘く、不適切なサイトの広告が表示されていたという。(2019/2/14)

Android向け「LINE」がフィルタリングの対象に 4月2日から
2019年4月2日から、Android向け「LINE」アプリがフィルタリングサービスの対象になる。未成年のユーザーは、保護者の許可なしにLINEを利用できなくなる。青少年にとってモバイルコンテンツが安全かを審査するEMAが事業を終了したため。(2019/2/5)

「私は意図的に落とされた」「審査員のセンスを疑ってしまう」 ピン芸人・キートン、「R-1グランプリ」の審査に苦言で波紋広がる
TwitterとInstagram両方に思いをつづったルーズリーフを投稿しています。(2019/1/31)

元号の商標登録は不可 特許庁、基準で明確化
特許庁が、商標審査基準を改訂。新旧の元号を商標登録できないことを明記した。(2019/1/30)

契約書のポリシー審査をAIで自動化 自然言語処理×機械学習で高精度に分析――NTT-AT、試作版で実証へ
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は、AIを活用して契約書などの各種ドキュメントの審査業務を効率化する「自動ドキュメント審査システム」を開発。プロトタイプでのトライアルを開始する。文章の構成や表現に依存せずに、契約書の分析とポリシー審査ができるという。(2019/1/29)

人生を切り開く“カギ”とは:
4カ国語を操る聴覚障害者、外資系金融機関で活躍するまでの道のり 「世の中うまく行かないのが普通」
株価情報を示すモニターに囲まれ、パソコンを高速で操作しながらあちこちに電話する社員が忙しく働く世界有数の証券会社「ドイツ証券」(東京都千代田区)。企業コンプライアンスを守る担当として、社内の金融取引や情報漏洩(ろうえい)問題などを厳しく審査する業務にあたるのが、韓国生まれで東京都文京区の金修琳(キム・スーリン)さん(46)だ。(2019/1/28)

業務改善が奏功:
コインチェック、金融庁の審査を通過し「仮想通貨交換業者」に登録完了
コインチェックが金融庁の審査を通過し「仮想通貨交換業者」として関東財務局に登録された。登録番号は「関東財務局長 第00014号」。仮想通貨の流通事件を踏まえ、体制を改善したため。(2019/1/11)

基準満たさなかった企業名は明かさず:
「セキュリティが弱い」 韓国の仮想通貨取引所、約7割が政府の審査をパスできず
韓国の政府機関が調査を行ったところ、約7割の韓国の仮想通貨取引所はセキュリティになんらかの不備があることが分かった。(2019/1/11)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018:審査員が選ぶ「2018年を代表するスマホ」5機種
ITmedia Mobileは12月上旬、2018年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2018」の審査会を開催しました。審査に先立ち、審査員がそれぞれ5機種ずつノミネート候補を挙げました。今回は、委員の皆さんが推薦した機種とその理由を紹介します。(2018/12/22)

iPhoneアプリの課金アイテム、他ユーザーに贈与可能に 「App Store審査ガイドライン」改定で
Appleがアプリ開発者向けの「App Store審査ガイドライン」を改定。アプリ内課金アイテムを他のユーザーにプレゼントする機能を、iOSアプリで使えるようにした。(2018/12/21)

アイエエエ!? 「ニンジャスレイヤー」のスピンオフ的ゲーム、「日本語がフルサポートされていないように思える」という謎めいた理由でSteam審査中断
「すぐ来る!!」とか「興奮する真のゲーム」とか、クセの強い直訳風の日本語がひっかかった可能性。(2018/12/20)

従来システムとIoTシステムの共通点とは:
CEATECで審査員特別賞を獲得したローソンの“未来型コンビニ”で使われた「リアルタイム在庫管理システム」開発の裏側とは
コンビニエンスストアの3大チェーンの一角を担うローソンは、IoTやAIなどを駆使して、「未来型コンビニ」の実現を目指している。その未来型コンビニに向けた取り組みの一つである「リアルタイム在庫管理システム」は、どのように開発されたのだろうか。(2018/12/14)

1カ月の長期メンテナンスを行っていた「LINE QUICK GAME」 メンテナンスを延長
Appleによる審査が終了するまでメンテナンス状態となります。(2018/11/30)

履歴書の代わりに“ゲームのやり込み”で審査する「ゲームプレイ採用」、ゆめみが導入 お題はハマると危険なあのゲーム
お題のゲームがマジなやつなので、エンジニア適性をみるのに最適な気が。(2018/11/10)

社員の“悲鳴”がきっかけで開発:
複雑過ぎる契約書の審査、AIの力で24時間から1分に――リコーの新技術「ディープアライメント」を見てきた
今まで隠れていた社員のニーズをきっかけに、AIで企業向けの新機能を開発した企業がある。新たに“文章の意味を比較するAI”を使い、法務部門が行う契約書の審査を自動化する新機能を「第2回 AI・業務自動化展 秋」に展示しているリコーだ。商品化の狙いを聞いた。(2018/10/26)

仮想通貨交換業者の登録プロセスを明確化 金融庁が資料公開
金融庁が仮想通貨交換業者の登録プロセスを明確化するための資料を公開した。新規参入を希望する事業者には、ビジネスプランのヒアリング、リスク管理方法などの書面審査、書面で確認した内容の実効性を確認する訪問審査などを実施する。(2018/10/24)

ドコモも「信用スコア」提供 金融機関の融資審査に活用、2019年3月から
NTTドコモが回線契約者の情報を活用した「信用スコア」の提供を始める。金融機関向けに「ドコモスコアリング」として2019年3月から提供し、融資審査などに活用する。(2018/10/17)

回線契約者のビッグデータから信用スコアを算出:
ドコモが信用スコア提供 金融機関が融資に利用
携帯電話契約者の情報を使った信用スコアの提供に、NTTドコモが乗り出す。ビッグデータを解析して得た信用スコアを金融機関に提供し、金融機関は融資の際の審査に利用する。第一弾として、新生銀行が個人向けの無担保小口融資を2019年3月から提供する予定だ。(2018/10/17)

民泊仲介のAirbnb、競合サイトへの「掲載制限」を撤廃
Airbnbが民泊代行業者に対し、他の仲介サイトへ情報掲載を制限していたとして、公正取引委員会が独占禁止法違反の疑いで審査していた件で、公取委が審査を終了。(2018/10/10)

若手起業家に1000万円出資「DMM VENTURES」 総額100億円、15分の幹部面談で可否決定
DMM.comは、シード段階のベンチャー企業に対して、一律1000万円出資する「DMM VENTURES」を始めた。事務局審査後、片桐CEOなどDMM幹部による15分間の面談により、その場で出資可否を決める。(2018/10/5)

ソフトバンク傘下のSprintとT-Mobileの合併審査、米FCCが一時停止
米連邦通信委員会(FCC)が審査中のT-MobileとSprintの合併について、評価に通常より時間がかかるとして完了までのカウントダウンを一時停止すると発表した。(2018/9/12)

桜庭一樹作品の「二次創作」募り、桜庭さん本人が審査するコンテスト
作家・桜庭一樹さんの作品の二次創作を募集し、桜庭さん本人が審査するコンテストをブックリスタが開催。同社が運営するブックレビュー投稿サイト「シミルボン」の企画で、特設サイトから応募を受け付ける。(2018/8/16)

「1人の役職員が33億円を管理」 仮想通貨交換業者の実態、金融庁が明らかに
金融庁は、仮想通貨交換業に新規参入する事業者の登録審査を厳しくする。既に登録している業者やみなし業者のデータを調べたところ、少ない役職員で多額の利用者財産を管理しているといった実態が浮き彫りになった。(2018/8/13)

道路管理×センシング:
道路管理車にセンシング機を搭載して3次元データを収集、国交省
国土交通省は、道路管理用の車両に、レーザーやカメラなどのセンシング装置を搭載し、道路上の3次元データの収集を開始する。センシング技術の導入により、電子化が遅れている地方道の情報を効率的に集めて電子化し、特大トラックなどの通行を審査している「特車通行許可審査」を迅速化することがねらい。(2018/8/3)

ブロックチェーンとマイナンバーカードで投票、つくば市が国内初 市民以外も参加OK
マイナンバーカードとブロックチェーンを活用したネット投票の試みを、つくば市が国内で初めて実施。つくば市内での実証実験を支援する事業の最終審査に導入。マイナンバーカード保有者なら誰でも参加できる。(2018/7/31)

Twitter、Periscopeライブで嫌がらせコメントを繰り返すユーザーを凍結するガイドライン更新
“会話の健全性”を目指すTwitterが、Periscopeのライブ動画へのコメントで嫌がらせを繰り返すユーザーのTwitterアカウントを審査・凍結するガイドライン更新を8月10日に実施する。(2018/7/30)

Amazon.comにて海賊版ゲームソフトが販売される デベロッパーからの販売停止要請でようやく収束へ
審査しっかりして……。(2018/7/26)

石川温のスマホ業界新聞:
公取委、アップルに対する独禁法違反の疑いを解消――NTTドコモはdocomo withでiPhoneを扱うようになるのか
公正取引委員会(公取委)がApple JapanとAppleに対する独禁法違反審査をしていたことを明らかにした。Appleが大手キャリアに対して「契約」でいろいろ「縛り」をかけていたことが明らかになったものの、契約内容の見直しなどもあり、従来と変わらない販売体制に落ち着きそうだ。(2018/7/20)

CADニュース:
BIMビュワーによる確認済証交付で確認申請プロセスを効率化
アーネストアーキテクツと日本ERIは、BIMビュワーを用いた電子申請により、戸建て住宅の確認済証交付に至った。確認申請用図書の作成期間を短縮し、審査機関側は、BIMソフトがなくてもWebシステムを介して確認済証が交付できる取り組みだ。(2018/7/13)

プロダクト自体を評価する賞も新設:
「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイナリスト48作品の中から受賞22作品を決定したと発表した。(2018/7/13)

アップルに独禁法違反の疑いで公取委が審査 大手キャリアとの契約めぐり
疑いが解消されると認められたとして審査を終了しています。(2018/7/11)

アップルの独占禁止法違反の疑い解消 公正取引委員会が公表
公正取引委員会がiPhoneの販売に関するアップルの独占禁止法違反被疑事件の審査を終了。2016年10月から審査を行ってきたが、アップルの契約改定により疑いは解消されると判断した。(2018/7/11)

Appleが改善に合意:
公取委がApple審査を終了、契約改定で独禁法違反の疑い解消
公正取引委員会は、Appleが携帯3社との契約改定で合意したことで独占禁止法違反の疑いが解消されたとして、審査を終了したと発表した。(2018/7/11)

Google、「サードパーティ開発者がGmailの内容を読んでいる」報道について説明
Wall Street Journalによる「サードパーティアプリがGmailのメールから情報を集めている」という記事について、Googleが「ユーザーに許可を得ているし、開発者は厳しく審査している」と説明した。(2018/7/4)

相場操縦などの不公正取引をAIが調査――カブドットコム証券、売買審査業務にAI「Hitachi AI Technology/H」を導入
カブドットコム証券は「見せ玉」などの相場操縦取引を見つける売買審査管理業務に「Hitachi AI Technology/H」を導入し、売買審査の高度化と審査効率の向上に取り組む。(2018/7/3)

国際競争を生き抜くための武器:
PR:はんだ付けコンテストに見る、“モノづくりの共通言語”としてのIPCの意義
はんだ付けの熟練技術者たちが、その腕を競う「IPC はんだ付けコンテスト」の日本大会が、3年ぶりに開催された。審査は、IPCの規格に基づいて行われる。このIPCこそ、製造業の企業がグローバル市場を生き抜くための強力な武器となるのだ。(2018/7/2)

後払いする旅行アプリ「TRAVEL Now」 審査不要、上限は10万円
後払いする旅行アプリ「TRAVEL Now」がスタート。審査不要で10万円までの旅行を選べる。支払い期限は予約日から2カ月。(2018/6/28)

仮想通貨交換業者のbitFlyer、登録審査時に「事実と異なる説明」 金融庁の“お墨付き”揺らぐ
金融庁が、bitFlyerなど6社に業務改善命令を出した。いずれも金融庁の登録を受けた業者だ。bitFlyerは登録審査時、事実と異なる説明を行っていたことも分かった。(2018/6/22)

Apple、アプリストア審査ガイドラインで仮想通貨マイニング禁止を明記
Appleが開発者向けアプリストア審査ガイドラインを改定し、仮想通貨マイニングを明確に禁止した。(2018/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。