ニュース
» 2011年07月15日 13時36分 UPDATE

「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」が緊急地震速報に対応

ソフトバンクモバイルはシャープ製のAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」を緊急地震速報に対応させた。ソフト更新を通じで端末をバージョンアップす、専用アプリを提供する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは7月15日、シャープ製のAndroidスマートフォン「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」が緊急地震速報に対応したことを発表した。同日開始されたソフトウェア更新で提供する。

photo 「GALAPAGOS 003SH」(左)、「GALAPAGOS 005SH」(右)

 ソフト更新は端末単体から3G回線を通じて行う。対象ユーザーには案内のSMSが順次送信され、予定の日時にソフトを自動ダウンロードする。なお、ダウンロードとインストールは手動で行うこともできる。所要時間は約20分。

 更新が終わると本体のバージョンが上がるとともに、端末に「緊急地震速報アプリ」が追加されて受信機能が追加される。このアプリはパケット通信ではなく、音声端末の緊急地震速報で使われる同報通信規格の「CBS(Cell Broadcast Service)」を利用するもので、通信が混雑する輻輳時でも受信できる。アプリは初期状態で緊急地震速報を受信する状態になっているが、設定で切り替えることも可能。なお、緊急地震速報を利用する設定では、端末の待受時間が短くなることがある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.