ニュース
» 2011年07月21日 12時53分 UPDATE

AQUOS PHONE SH-12Cが緊急速報「エリアメール」に対応

ドコモが「AQUOS PHONE SH-12C」のソフトウェアアップデートを発表。ドコモのAndroidスマートフォンとしては初めて緊急速報「エリアメール」に対応する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが7月21日、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE SH-12C」向けのソフトウェアアップデートを発表。このアップデートを適用すると、緊急速報「エリアメール」が利用可能になる。

Photo エリアメールに対応した「AQUOS PHONE SH-12C」

 ドコモは、「HT-03A」および「LYNX SH-10B」を除く、すでに発売済みのAndroid搭載スマートフォンに対し、順次ソフトウェアアップデートによる「エリアメール」対応を行う予定で、SH-12Cはその第1弾に当たる。

 ソフトウェアアップデートは、初期設定では「自動で更新を行う」ようになっているので、書き換え可能な状態になると通知アイコンが表示され、書き換え時刻の設定やその場での更新が行える。手動で即時更新をしたい場合は、ホーム画面からメニューを開き、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」を選び、「更新を確認する」を選べばいい。

 なおアップデートの作業は3G回線で接続して行う必要があり、通話中や圏外、国際ローミング中、電波OFFモード中、Wi-Fi接続中、USB接続時のマウント中、OSバージョンアップ中、MTP接続中、日付・時刻が正しくない場合、バッテリー残量が少ないとき、空き容量が十分でないときには実行できない。またソフトウェアアップデート中は電話の発信はできない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう