ニュース
» 2011年12月07日 21時42分 UPDATE

ドコモの「デュアルネットワークサービス」に誤ったガイダンスが流れる不具合

FOMAとムーバを同一回線で利用できるNTTドコモの「デュアルネットワークサービス」に不具合が起きていることが分かった。付加番号サービスと組み合わせると、誤ったガイダンスが流れる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは12月7日、FOMAとムーバを同じ電話番号(同一回線)で利用できる「デュアルネットワークサービス」と付加番号サービスの組み合わせで、不具合が発生していることを発表した。

 不具合は、デュアルネットワークサービスでムーバを利用中に、付加番号サービスの「マルチナンバー」または「2in1」のBナンバーに着信があった場合、発信者へ誤った応答ガイダンスが流れるというもの。

 本来は、

  • 「こちらは、NTTドコモです。おかけになった電話番号は現在お呼びすることができません。」

 というガイダンスが流れるはずだが、現状は、

  • 「こちらは、NTTドコモです。おかけになった電話番号は現在使われておりません。恐れ入りますが番号をお確かめになって、お掛け直しください。」

 というガイダンスが流れてしまう。原因は通信設備の設定ミスで、不具合は1月5日から続いていた。ドコモは12月21日に設備の改修を行う。

 なおデュアルネットワークサービスは、ムーバがサービスを停止する2012年3月31日に終了する予定で、新規の加入受付は2009年3月31日に終了している。11月末現在のムーバの回線契約数は59万2900回線。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.