ニュース
» 2011年12月16日 22時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月5日〜12月11日):iPhone首位奪還――しかし「SH-01D」も依然上位に (1/4)

国産スマホ「AQUOS PHONE SH-01D」が首位を獲得したのもつかの間、再び「iPhone 4S」が首位に返り咲いた今回の携帯販売ランキング。つばぜり合いは次週も続くのだろうか?

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年12月5日〜2011年12月11日
順位前回順位キャリアモデル
1位3ソフトバンクiPhone 4S(16Gバイト)
2位1NTTドコモAQUOS PHONE SH-01D
3位2ソフトバンクiPhone 4S(32Gバイト)
4位4NTTドコモGALAXY S II LTE SC-03D
5位5ソフトバンクiPhone 4S(64Gバイト)
6位6NTTドコモARROWS Kiss F-03D
7位14ソフトバンクみまもりケータイ 005Z
8位10NTTドコモREGZA Phone T-01D
9位7auiPhone 4S(16Gバイト)
10位9auiPhone 4S(32Gバイト)

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo iPhone 4S

 携帯販売ランキングのキャリア総合では前回、7週連続で首位を獲得していた「iPhone 4S」がその座をNTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」に明け渡した。しかし今回、再びソフトバンクモバイル版iPhone 4Sが首位に返り咲き、SH-01Dは2位に降下した。連続首位獲得とはならなかったもののSH-01Dも依然として上位に入っており、次回のランキングがどうなるのかも気になる。

 さて、ソフトバンクのiPhoneが好調な一方、auのiPhoneは同じような勢いが感じられない。今回は16Gバイトモデルが9位、32Gバイトモデルが10位とトップ10の下位に食い下がっている状態だ。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう