ニュース
» 2012年01月31日 14時33分 UPDATE

KDDI、「INFOBAR C01」を2月3日に全国発売

KDDIは、auのAndroidスマートフォン「INFOBAR C01」を2月3日に全国で発売する。幅52ミリのスリムなボディに、3.2インチのタッチパネルとダイヤルキーを搭載した。発売に合わせて専用ケースも販売される。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは2月3日に、auのAndroidスマートフォン「INFOBAR C01」を全国で発売すると発表した。専用カバーの販売も合わせて開始される。

photophoto 「INFOBAR C01」

 INFOBAR C01は、プロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインを担当する人気シリーズ「INFOBAR」のスマホ第2弾。ストレート型ボディに、フィーチャーフォンのINFOBARを想起させるダイヤルキーを搭載した。カラーも「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」と定番の色に加え、新色の「KIIRO」をラインアップしている。

 ボディの幅は52ミリとコンパクトで、片手でも“ケータイ”のように操作できるのが特徴。タッチパネルには約3.2インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶を搭載する。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった日本向けの機能もしっかり備えた。グローバルパスポートはCDMA/GSM/GPRSに対応する。カメラは約804万画素のCMOS。CPUは1.4GHzのQualcomm製MSM8655を搭載し、ROMは4Gバイト(ユーザー利用領域は1Gバイト)、RAMは512Mバイト。製造はシャープが担当する。

 また、INFOBAR C01の発売に合わせて、ファッションをテーマにした新たなWebサイト「INFOBAR+FASHION」を開設する。特設サイトの開設期間は2月1日から4月27日まで。

「INFOBAR C01」の主な仕様
機種名 INFOBAR C01
OS Android 2.3
CPU 1.4GHz Qualcomm MSM8655
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約52(幅)×130(高さ)×12.3(厚さ)ミリ(最厚部約12.5ミリ)
重さ 約106グラム
連続通話時間 約370分
連続待受時間 約350時間
メインカメラ 有効約804万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.2インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶 約26万色
ボディカラー NISHIKIGOI、ICHIMATSU、KIIRO
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 3.0+EDR
外部インタフェース microUSB
主なサービス・機能 Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、SMS(Cメール)、デコレーションメール、緊急速報メール、グローバルパスポート(CDMA&GSM)、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、WIN HIGH SPEED

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう