ニュース
» 2012年02月08日 16時59分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:手書き入力「mazec」が使いやすいAndroidはどれ? MetaMoJiが使用感調査結果を公開

手書き文字入力システム「mazec」を開発するMetaMoJiが、Androidスマートフォンでのmazec使用感調査の結果を公開している。タッチパネルのチューニングが機種ごとに大きく異なるAndroidスマートフォンで、タッチ操作やスタイラス操作のしやすさを比べており、とても参考になる。

[園部修,ITmedia]

 手書きメモアプリ「7notes」や、Android端末のIMEとして利用できる手書き文字入力システム「mazec」を開発するMetaMoJiが、さまざまなAndroidスマートフォンで実際に試したmazecの使用感を公開している。端末ごとに、指で利用した場合とスタイラス(MetaMoJiが販売しているSu-Pen)を使用した場合の使用感を、★(書けない)から★★★★★(スラスラ書ける)までの5段階評価で表記しており、とても興味深い。

 このデータは、MetaMoJi社内の評価者が、7notes with mazecを各端末にインストールし、「主観で」評価しているものだが、7notes with mazecを利用したい人は注目したいデータだ。7notes with mazecには無料体験版も用意されているので、自分の環境で使いやすいかどうかは、アプリをインストールして確認することもできるが、「7notesを使いたいが、自分が購入予定の端末で快適に使えるかどうか」を事前に確認できる点はありがたい。新モデルが出るたびに評価の見直しをしているのも興味深い。

 公開されている評価を見てみると、同じメーカーの製品でも機種ごとにチューニングが違うようで、先代のモデルでは使用感がよかったのに、新モデルでは使用感が悪くなっていたり、手では書きやすいがスタイラスでは書きにくい端末があったりと、いろいろと示唆に富む結果が見て取れる。

 Androidスマートフォンのタッチパネルの操作感は、できれば製品購入前に実機で確認しておくのが理想だが、なかなか実機に触れられる機会がない場合は、こうした情報も参考になりそうだ。なお、あくまでもこの評価は「mazecで文字入力がしやすいかどうか」が基準になっているので、必ずしもタッチパネルの操作感を表す指標ではないことには注意したい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう