ニュース
» 2012年04月09日 16時33分 UPDATE

ドコモ、「LUMIX Phone P-02D」のソフトウェア更新を開始

ドコモのパナソニック モバイル製スマートフォン「LUMIX Phone P-02D」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「LUMIX Phone P-02D」

 NTTドコモが4月9日、パナソニック モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「LUMIX Phone P-02D」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始した。

 アップデートで解消される不具合は、携帯電話でカメラ撮影した際に、プレビュー画面でごくまれにフリーズする場合があるというもの。

 P-02Dはソフトウェアの自動更新には対応していないので、手動で更新する必要がある。「設定」→「端末情報」→「機能バージョンアップ」→「サーバから更新」→「ソフトウェア更新」から更新できる。「サーバから更新」→「設定」→「自動検索」をオンにしておくと、ソフトウェア更新が通知される。また、PCから更新ファイルをダウンロードして、microSD経由で更新することも可能。更新ファイルはパナソニック モバイルのWebサイト(外部リンク)から入手できる。

 ソフトウェア更新は3Gと無線LANどちらからでも行えるが、無線LANの通信品質が不安定だと、自動で3G通信に切り替わる。更新時間は約29分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.