ニュース
» 2012年09月21日 16時22分 UPDATE

当日販売と恒例の“ハイタッチ”のため700人超が行列――アップルストア銀座の9月21日

事前予約なしに、ソフトバンクモバイル版もKDDI版も買えるアップルストア銀座。社長やCMキャラクターは来ないが、“アップルストアに並ぶ”ことを楽しむため、9月21日午前8時の販売開始時に750人程度が列を成した。

[園部修,ITmedia]

 9月21日8時から販売が始まった「iPhone 5」。社長やCMキャラクターが登場し、華やかなイメージのKDDIデザイニングスタジオソフトバンク銀座とは異なり、日本のAppleファンの“メッカ”であるアップルストア銀座の販売開始の“儀式”は、いつも通りスタッフの朝礼から始まった。

PhotoPhoto 午前7時半頃のアップルストア銀座。すでに店の前のスペースには報道関係者で黒山の人だかり。行列は銀座通り口の先まで伸びていた

 新製品発売日のアップルストアは、いつもよりたくさんのスタッフが1階フロアに集まり、ガラス張りの店内で自らを鼓舞するように歓声を上げる。外から見ていると、まるで中で何かイベントでもやっているかのように見える。こうしたスタッフのテンションの高さは、キャリアショップでは見られないもので、この雰囲気も含めてアップルストアの発売イベントおなじみの光景となっている。

PhotoPhoto 販売開始直前、スタッフが1階フロアに集まり、店内で“気合い”を入れる
PhotoPhoto 店頭も“iPhone 5対応”したものに模様替え。テーブル上にはすぐに触れる状態でiPhone 5が並ぶ

 午前7時58分頃、販売開始直前のタイミングでは、行列は銀座通り口の交差点の先まで伸びていた。並んでいた人たちはおよそ750人ほどだという。アップルストアでは事前の予約を受け付けていないため、21日の朝から並びに来た人は、すべて当日購入を目指してきた人たち。おのずと予約販売をする店舗よりも行列が長くなるが、行列に並ぶ人たちは「並ぶこと」自体を楽しんでいる。さまざまなコスチュームやプラカードを身につけ、周りにいる人たちとのコミュニケーションを楽しみ、“同じ目的”を持つ者同士の連帯感を味わう。ちなみにアップルストア銀座では、ソフトバンクモバイル、KDDIどちらのiPhone 5でも購入できるが、特に列は分けられていなかった。色のチョイスとともに、直前までキャリア選びで迷っていた人もいたようだ。

 そしてカウントダウンは、銀座4丁目にある和光の鐘が8時を伝えるのと同時に始まった。カウントが「ゼロ!」になると、歓声とともにハイタッチで並んでいた人たちを迎え入れる。最初に店内に入れたのは、新規契約、もしくは機種変更の人たち。MNP(番号ポータビリティ)を利用する人は、受け付け開始が9時からとのことで、残念ながらしばらく列に残って待つことになった。

PhotoPhoto 並んでいた人たちがハイタッチをしながら店内へ。記念撮影をする人、iPhoneで動画を撮りながら店に入る人などなど、海外のApple Storeと変わらぬ光景が繰り広げられる

 先頭の男性は、先週の土曜日(9月15日)から並び始めたそうで、契約が終わって店を出る際に、スタッフに「1週間お世話になりました! また買いに来ます!」とあいさつ。スタッフから暖かい拍手で送られた。店頭では、購入したばかりのiPhone 5 ホワイト&シルバーを掲げてポーズ。満足げな表情を見せた。

PhotoPhoto 先頭の男性は14日に一度店の前に来たが、誰も並んでいなかったので15日から並んだとのこと。アップルストア前の銀座中央通りで約1週間過ごした

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.