ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリアショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャリアショップ」に関する情報が集まったページです。

auショップなどで衛星インターネット「Starlink」のスタンダードキットを販売 2024年春以降を予定
KDDIが、米SpaceXと新たな契約を締結し、衛星インターネットサービス「Starlink」の個人向けスタンダードキットを販売することになった。「au +1 collection」の製品として、2024年春以降にauショップやau Online Shopなどで購入できるようになる見通しだ。(2024/2/2)

災害時の情報収集方法を教える 車両型の出張auショップ稼働 他キャリアユーザーも利用可能
KDDIは2月1日、能登半島の避難所(輪島市、穴水町、七尾市)などで、車両型の出張auショップによる支援サービスを始めた。専属スタッフが被災地で困っている人に対して、災害時情報の取得方法などを教える。他キャリアユーザーでも利用できる。(2024/2/1)

ドコモショップ、スタッフが設定などを確認する「スマホセキュリティてんけん」 2月1日から無料実施
NTTドコモは、2月1日からドコモショップで「スマホセキュリティてんけん」を実施。スマートフォンのセキュリティアプリ設定状況などをスタッフが無料で点検し、メモリ使用率や電池の確認なども行う。(2024/1/31)

PontaのiPhone 15ケース、au限定で発売 オリジナル壁紙2種も
ロイヤリティ マーケティングは、1月26日に「iPhone 15対応 ソフトケース/Pontaとスイーツ」を発売。全国のauショップとau Online Shop限定販売で、オリジナル壁紙2種もプレゼントする。価格は3168円(税込み)。(2024/1/26)

「ソフトバンクのレノボ製Chromebook(旧モデル)」を9800円で買ってみた メリットとデメリットを探る
ソフトバンクショップに料金相談に出向いたところ、「Chromebook、いかがですか?」と勧められた。その誘いに乗って、レノボ・ジャパン製Chromebook(旧モデル)を税込み9800円で購入してみたので、そのメリットとデメリットを探る。(2024/1/15)

Xiaomiの日本戦略を聞く 「テレビは想定の3倍以上、新スマホも爆発的に売れている」
Xiaomiが、「神ジューデン」の後継機として「Xiaomi 13T Pro」を発売した。KDDI向けには、チューナレススマートテレビ「Xiaomi TV A Pro」を投入し、キャリアショップでテレビを売るというインパクトで話題を巻き起こした。日本での存在感を高めているXiaomiの戦略を聞いた。(2024/1/12)

KDDI、4G LTE対応のASUS製「Chromebook CM30 Detachable」を発表 6万9800円
KDDIと沖縄セルラー電話は12月22日、4G LTE対応の「ASUS Chromebook CM30 Detachable(CM3001)」の取り扱いを発表した。価格は6万9800円(税込み)。全国のKDDI直営店とau Online Shopが同日、販売を開始した。全国のau Style/auショップでは2024年1月中旬以降に販売を開始する。(2023/12/22)

PR:ドコモの格安プラン「irumo」はオンラインで申し込むのが断然おすすめの理由
大手キャリアは大容量の無制限プランを提供しているが、そこまでの容量は必要ない……そんな人におすすめしたいのが、ドコモの「irumo」だ。irumoは、0.5GBから9GBまでのデータ容量をそろえたプラン。ドコモショップでも申し込めるのが特徴だが、実はオンラインで申し込んだ方がはるかにお得なのだ。(2023/12/18)

無人のauショップ、兵庫県のローソンに期間限定オープン 料金相談や手続きをリモートで
KDDIはローソン東浦町浦店(兵庫・淡路)に無人auショップ「auリモートお手続きブース」を設置。11月22日から2024年3月31日までの期間限定で実証実験を行う。営業時間は11時〜20時(休止時間は12時〜14時)。(2023/11/22)

ドコモは「irumo」が解約抑止に貢献、端末値引き上限4万円は「納得感がある」と井伊社長
ドコモの2023年度上半期の売り上げは2兆9464億円(前年同期比+465億円)、営業利益は5808億円(前年同期比+43億円)で増収増益となった。新料金プランの「irumo」と「eximo」は「狙い通りの成果が得られている」と井伊氏は手応えを話す。ドコモショップへの来客数も増えているという。(2023/11/7)

ドコモが電話手続き時の事務手数料を改定 12月から3850円均一に
NTTドコモが運営する各種コールセンターにおいて、有料となる手続きにかかる「事務手数料」が3850円に統一される。ドコモショップを含む店舗での対応とそろえる格好だが、無料の手続きは一部を除いて引き続き無料で対応する。(2023/10/26)

Galaxyスマホを即日修理 「Galaxy リペアコーナー」がドコモショップ池袋や三宮などにオープン
サムスン電子ジャパンは8月31日、対象のGalaxyスマートフォンをデータ初期化せずに即日修理が可能な「Galaxy リペアコーナー」を、「ドコモショップ 船橋店」、「ドコモショップ 三宮さんプラザ店」、「ドコモショップ 池袋サンシャイン通り店」にてオープンする。Galaxyリペアコーナーの店舗数は全国で13店舗となる。バッテリー交換キャンペーンも実施される。(2023/8/24)

ドコモの「Galaxy S22」が最大約4万円割引に Galaxy Harajukuなら実質33円
NTTドコモとサムスン電子ジャパンは、8月10日に「Galaxy S22」のキャンペーンを開始。全国のドコモショップなどで新規/MNPで購入すると最大4万1767円割引となり、Galaxy Harajukuでは実質負担額が33円になる。(2023/8/14)

ドコモ、「Pixel Fold」の購入で3万ポイント還元キャンペーン
全国のドコモショップ、ドコモ取扱店、ドコモオンラインショップで「Google Pixel Fold」を購入し応募するとdポイント(期間/用途限定)が3万ポイントもらえるキャンペーンを開催。購入期間は9月1日、応募期間は9月8日まで。(2023/6/23)

ドコモショップでの“あなただけの特別価格”がオンラインショップと同額? NTT株主の疑問から考える
「あなただけの限定クーポンを適用したのに、オンラインショップの価格と変わらなかった」――NTT株主の質問の背景を考察してみる。(2023/6/22)

機種変更など7月から:
NTTドコモ、店頭対応の手数料を値上げ 一律3850円に KDDI・ソフトバンクも
携帯電話大手のNTTドコモは7月1日から、ドコモショップなど店頭での新規契約や機種変更の各種手続きにかかる事務手数料を値上げすると発表した。物価高や電気料金の高騰に加え、「説明事項の増加などによる店舗運営に関わる各種費用を考慮」したとしている。(2023/5/10)

ドコモも店頭での事務手数料値上げ KDDI、ソフトバンクと同じ額に
ドコモショップなど店頭での事務手数料が7月1日から値上げすると発表した。競合のソフトバンクやKDDIに追随する形。(2023/5/10)

ドコモが店頭での「事務手数料」を一部を除き3850円均一に 7月1日から
NTTドコモが、ドコモショップや量販店などの店頭における「事務手数料」を7月1日から一部を除き3850円均一とする。Webでの手続きと、「ドコモ光」「homeでんわ」に関する手続きは対象外となる。(2023/5/9)

ドコモのエコノミーMVNO、Webサイトでの機種変更をドコモショップでサポート 3300円
NTTドコモは、4月3日に「エコノミーMVNO WEBお手続きサポート」を提供開始。エコノミーMVNO契約者が運営するWebサイトでの機種変更を希望する場合、ドコモショップ店頭で手続きをサポートをする。価格は3300円(税込み)。(2023/4/3)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省、キャリアショップによる「MNP転入評価」で非公開議論――MNPワンストップ化で顧客獲得競争過熱は是か非か
総務省の「消費者保護ルールの在り方に関する検討会」と「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」が完全非公開の会合を開催した。携帯電話の販売代理店へのヒアリングがメインがあるがゆえの“完全非公開”だと思われるが、会合後に公開された資料を見ると、その内容を何となく察することはできる。(2023/3/26)

キャリアショップのマイナンバーカード申請サポート、3月21日で終了
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのキャリアショップで行っていたマイナンバーカードの申請サポートが、3月21日で終了する。2022年7月27日から約8カ月間で約280万件の申請サポートを実施した。(2023/3/15)

キャリアショップでの「マイナンバーカード申請サポート」が好評だった理由
キャリアショップでマイナンバーカードの申請サポートを行う意義や課題について述べてみたい。キャリアショップでマイナンバーカードのサポートを希望する人の多くがシニア層。繁忙期には100〜200人ほどの予約が集まっていた。(2023/3/15)

スマホ初心者がカメラ撮影で失敗するポイント ドコモスマホ教室で分かったこと
全国のドコモショップで約40講座が開かれているドコモスマホ教室。スマホの基礎から応用まで幅広く学べる。今回はシニアがメールのどのようなことに困り感を抱き、ドコモスマホ教室ではそれに対してどのようにサポートしているのか聞いた。(2023/3/14)

5月31日まで:
ドコモショップや希望の場所で「Galaxy即時修理サービス」 ドコモが「スマホ出張修理カー」を東京と沖縄で試行
NTTドコモは、スマートフォンの修理を目的とした専用車両「スマホ出張修理カー」でGalaxyの即時修理サービスのトライアルを実施。東京都と沖縄県の一部エリアで、5月31日まで行う。(2023/3/13)

ドコモ、Fitbitブランドのスマートウォッチ/トラッカー3機種を発売 9490円から
NTTドコモは、Fitbitブランドのスマートウォッチ「Versa 4」、トラッカー「Ace 3」「Inspire 3」を発売。ドコモショップとドコモオンラインショップで取り扱い、価格は9490円〜2万7800円(税込み)。(2023/3/10)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモがオンライン接客サービスを開始――「リアルとネットの融合」は実現するか
NTTドコモが2月28日から「ドコモのオンライン窓口」の運用を始める。対面相手として近隣のドコモショップも選べることが特徴だが、そこにはショップの雇用維持という側面もありそうである。せっかくショップと会話できるというのなら、そのメリットを生かせるサービスになってほしいなと思う。(2023/2/26)

リアル店舗縮小は必至:
「ショップ削減が目的ではない」 ドコモが「オンライン窓口」を始める真の狙い
NTTドコモが、ドコモショップのサービスをオンラインで提供する「ドコモのオンライン窓口」を発表した。「ショップ削減のためではない」とのことだが、実際はどうなのか――。(2023/2/28)

“オンライン来店”がドコモショップ大量閉店の受け皿に 「ドコモのオンライン窓口」提供の背景
NTTドコモが2月28日に「ドコモのオンライン窓口」は、ドコモショップをどう変えるのか。記者説明会で語られた内容をもとにレポートする。(2023/2/17)

ドコモショップの手続きを自宅で ビデオ通話で応対する「ドコモのオンライン窓口」2月末開始
NTTドコモは、携帯電話の手続きサポートする新サービス「ドコモのオンライン窓口」を発表した。ドコモショップの手続きをビデオ通話で行える「オンライン来店」と、オンライン利用時の疑問点を相談できる「オンライン手続きサポート」を順次提供する(2023/2/16)

ドコモ、ショップ店員がビデオ通話で対応してくれる「オンライン来店」
ドコモは、オンライン接客サービス「ドコモのオンライン窓口」を2月28日から提供する。スマホやPCから利用でき、ドコモショップ同様に店員がビデオ通話で対応する。利用料金は無料。(2023/2/16)

キャリアショップの設定サポートはどこまで無料、どこから有料? 各社の対応まとめ
MNOキャリア4社が運営するキャリアショップでは、さまざまなサポートを受けられる。各キャリアショップで受けられる初期設定、操作説明などの内容や料金を紹介する。(2023/1/30)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが郵便局店を200店舗閉鎖――キャリアショップが街から消えていく?
楽天モバイルが約280の郵便局に展開していた「楽天モバイル 郵便局店」の大半を閉鎖することを発表した。ほぼ全ての郵便局にパンフレットを置くことでオンライン契約を促すという。一方で残る店舗についても、少しその様態を変えるようである。簡易的なショップでも厳しいとなれば、今後の「キャリアショップ」は存続が難しいことが増えるのかもしれない。(2023/1/29)

ドコモのエコノミーMVNOに「LIBMO」を追加 500MB+5分かけ放題が1年間月額990円に
ドコモが取り扱うMVNOサービス「エコノミーMVNO」に、TOKAIコミュニケーションズを追加した。ドコモショップでは、データ500MBとかけ放題をセットにした「ゴーゴープラン」、データ3GBと8GBを選べる「なっとくプラン」を取り扱う。5分かけ放題と10分かけ放題の月額料金を割り引く特典も提供する。(2022/12/1)

ドコモ、防水タブレット「dtab d-51C」を店頭で11月23日から販売
「ドコモ タブレット dtab d-51C」は10.1型ディスプレイを搭載したAndroidタブレット。ドコモショップ、ドコモ取扱い店が11月23日から取り扱う。NTTドコモが案内している。(2022/11/17)

石川温のスマホ業界新聞:
Galaxyが日本でもサポート体制を大幅に強化――全国レベルで「安心して使えるスマホ」になり得るか
ドコモショップ7店舗において、端末の「即時修理」を受け付けるサービスがスタートした。まずはサムスン電子のGalaxyシリーズから対応するとのことだが、Galaxyシリーズの即時修理は既にGalaxy Harajukuを含む2店舗でも対応している。これが広がると、スマホの顧客獲得競争に良い意味で影響が出てきそうだ。(2022/10/2)

キャリアショップが「マイナンバーカード」申請をサポートする理由 実際に体験して分かったこと
マイナンバーカードの申請をドコモショップで行った。なぜドコモショップが申請サポートを行っているのか。その狙いと課題を読み解く。(2022/9/30)

ドコモショップでスマホ即時修理 最短約60分で
ドコモショップでスマートフォンの店頭即時修理サービスがスタート。まずGalaxyシリーズが対象。(2022/9/21)

ドコモショップでスマホの即時修理サービスを開始 約60分で完了、Galaxyから
NTTドコモは、全国主要都市のドコモショップでスマートフォンの店頭即時修理サービスを開始。データ移行などは不要で約60分で完了し、2018年5月以降に発売したドコモのGalaxyスマートフォンから対応していく。(2022/9/21)

ソフトバンク、各種サポートを毎月定額利用できる「店頭スマホサポート定額」
ソフトバンクは9月14日から、「店頭スマホサポート定額」を全国のソフトバンクショップ(一部を除く)で提供する。Y!mobileショップでの提供は、2023年の開始を予定する。月額料金と内容は2種類ある。(2022/9/6)

キャリアショップとオンラインストアを利用して困ったことは? MMDの調査より
MMD研究所が「2022年7月通信契約のチャネル別調査」の結果を発表。契約理由上位は、携帯ショップは「店舗契約が安心」、オンラインは「手続きが簡単」となった。(2022/8/31)

ドコモオンラインショップで購入したスマホ、ドコモショップで受け取り可能に 最短で当日中に
NTTドコモは、ドコモオンラインショップで機種変更・契約変更手続きで購入した携帯電話・スマートフォン(以下、商品)を、最短で当日中にドコモショップ店頭か自宅で受け取れるサービスを9月1日に始める。利用料は無料。本サービスの提供を決めた理由について、同社は「ドコモオンラインショップで購入した商品を当日受け取りたい、という要望が多かったため」としている。(2022/8/8)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクのショップでマイナンバーカードの申請サポートを開始
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのキャリアショップでマイナンバーカードの請サポートを開始。ショップ営業時間内はいつでも申請可能で、携帯電話回線の契約有無を問わず誰でも申請できる。(2022/7/26)

ドコモが頭を悩ませる「シニアのd払い利用」 井伊社長が考える打開策は?
NTTドコモの井伊基之社長のインタビュー最終回では、スマートライフ事業に含まれる、dポイントクラブやd払いの戦略や課題についてうかがった。d払いやdポイントを使えないユーザーに対していかに訴求するかを課題としている。ドコモショップがそれを解決する場になるかもしれない。(2022/7/15)

「ドコモショップ3割削減」の先にあるもの 井伊社長に聞く
ドコモショップを3割削減する方針を明らかにしているNTTドコモ。単に削減するだけでなく、リアル店舗にオンラインを融合させた「ハイブリッド店舗」の推進を目指しているという。その意図はどこにあるのか。また、ショップの役割は今後、どのように変わっていくのか。(2022/7/14)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがメタバース空間にキャリアショップをオープン――NTTドコモはリアルショップを3割閉鎖して、オンラインにシフト
昨今の社会情勢を踏まえて、キャリアショップにも変革が求められている。そんな中、ソフトバンクはメタバース空間に「ソフトバンクショップ」を開設することになった。一方で、NTTドコモはドコモショップを30%程度削減してオンラインでの手続きを強化するという報道がなされている。キャリアショップは今後どのような姿になっていくのだろうか。(2022/7/3)

ふぉーんなハナシ:
新品スマホで“外れ個体”を引いてしまったハナシ どんな対応をしてもらえる?
先日、ある新品端末を東京都内の某ドコモショップで購入したところ、SIM/microSDスロットに浮きがあるのを確認した。スマホの“外れ個体”を入手してしまったのだ。今回のようなケースに該当する場合、どうすればいいのか、NTTドコモ広報の回答を交えつつ考えてみたい。(2022/6/30)

Mobile Weekly Top10:
「スマホ教室」の存在意義はかなり大きい
市区町村が実施する「スマホ教室」が意外と多くあります。キャリアショップでも「スマホ教室」を実施しています。一部有料の教室(講座)もありますが、無料のものも少なくないので、身近にスマホに不慣れな人に存在を教えてあげるのもいいかもしれません。(2022/6/25)

キャリアショップが「マイナンバーカード」申請をサポート 全携協、ドコモ、KDDI、ソフトバンクが共同で7月中旬から実施へ
携帯電話の業界団体が、大手キャリア3社と共同で総務省の「マイナンバーカードに係る申請サポート事業」を受託する見通しとなった。早ければ7月中旬から、NTTドコモ、KDDI(沖縄セルラー電話)とソフトバンクのキャリアショップにおいてマイナンバーカード(個人番号カード)の発行申請のサポートを受けられるようになる。(2022/6/24)

“メタバースなソフトバンクショップ”開設 24時間365日いつでもサポート
ソフトバンクは「ソフトバンクショップ in ZEPETO」を6月23日にオープンした。「ZEPETOアプリ」(Android/iOS)をスマホなどにダウンロードし、3Dアバターを作った上で同店へ来店すると、メタバース空間でアバターによる接客などが受けられる。サービスの契約や、端末、アクセサリーなどの購入はオンラインショップへ推移し、ユーザー自身が行わなければならない。(2022/6/23)

“電話しか使えない”70代の母親が「スマホ教室」に半年間通った結果
筆者の母からは、毎月1〜2回の頻度で電話がかかってきます。ここ最近母から聞かれることが多いのが「スマートフォンの使い方」についてですが、最近はソフトバンクショップで開かれるスマホ教室に通っているそうです。(2022/6/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。