ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「キャリアショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャリアショップ」に関する情報が集まったページです。

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「home 5G」がオンラインショップで出荷遅延/おサイフケータイ付き小型スマホ「Jelly 2」
NTTドコモが8月27日にサービスを開始した「home 5G」ですが、オンラインショップでは申し込みが集中した影響で出荷が遅れているようです。急ぎで契約したい人は、ドコモショップなどで申し込むといいかもしれません。(2021/9/2)

ドコモのホームルーター「home 5G」の事前予約が12日にスタート dポイントのプレゼントキャンペーンも
8月下旬にサービスを開始する予定のドコモのホームインターネットサービス「home 5G」の事前予約の受け付けが始まる。事前予約者と、ドコモショップでの購入者を対象とするdポイント進呈特典も用意されている。(2021/8/6)

ドコモの「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」の店頭販売がスタート ドコモショップとGalaxy Harajukuで購入可能
NTTドコモがオンラインショップ限定で販売していた東京オリンピックを記念した「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」が、ドコモショップやGalaxy Harajukuで購入できるようになった。同オリンピックに出場する選手に提供される端末とほぼ同じ外観とオリジナルコンテンツをプリインストールしていることが特徴だ。(2021/8/2)

ソフトバンクが「eSIM」の発行を開始 現行プランで利用可能
ソフトバンクが、「SoftBank(ソフトバンク)」ブランドの4G LTE/5G携帯電話サービスでeSIMの発行に対応した。既存ユーザーはソフトバンクショップで手続きをすることでeSIMに移行できる(要手数料)。(2021/7/14)

Xperia 1 III向け耐衝撃ケース「EXTREME DEFENSE」がau +1 collection SELECTで発売
フォーカルポイントは、Xperia 1 III向け耐衝撃ケース「EXTREME DEFENSE」をau公式アクセサリ「au +1 collection SELECT」から発売。auショップ、auオンラインショップ、KDDIや沖縄セルラーの直営店で取り扱いを行う。(2021/7/9)

宮崎県えびの市が携帯3社と連携して「臨時ショップ」を開設 過疎化対策と高齢者支援を目的に
宮崎県えびの市は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクと連携してえびの駅に「臨時ショップ」を開設する。同市にはキャリアショップを含む携帯電話の販売代理店がなく、少子高齢化、過疎化や高齢者支援といった課題を解決する一環として臨時ショップの開設に至ったという。(2021/7/6)

NTTドコモで職場接種、ショップ店員ら優先
NTTドコモは21日、東京都の本社会議室で職場接種を開始した。当面はドコモショップ店員や完全にはリモートワークができない技術者らを優先。順次対象を広げる。3カ月程度をめどに 全国の社員など10万人のうち希望者への接種を完了させる見込み。(2021/6/22)

ドコモ、店頭でTwitterやFacebookアプリの使い方を教えるサービス 1回3300円
NTTドコモが、TwitterやInstagram、Facebookアプリの使い方を講義形式で教えるサービスを7月1日から始めると発表した。全国のドコモショップ約1900店で提供する。価格は1回の講義で3300円。(2021/6/10)

ドコモスマホ教室、LINEやTwitterなどの使い方講座を実施 1講座3300円
NTTドコモは、7月1日に同社サービス以外のアプリの使い方をサポートする「おすすめアプリ講座」を全国約1900店舗のドコモショップで実施する。対象アプリは「LINE」「Twitter」「YouTube」など7アプリ。(2021/6/9)

ワイヤレスジャパン 2021:
「分離プラン」と「新型コロナ」で逆風 携帯ショップのあるべき姿とは?
キャリアショップのビジネスモデルは、総務省が推し進める「通信と端末の完全分離」の方針によって打ち砕かれた。さらに、新型コロナウイルス感染症の流行により、店舗への来店客が減少している。キャリアショップは大きな業界構造の転換を迫られている。(2021/6/9)

UQ mobileの「くりこしプラン 5G」が2021年夏にスタート 料金は据え置き auショップでの取り扱いも拡大
UQ mobileが、5G通信への対応を改めて表明した。現行の「くりこしプラン」が好評であることから、5Gでもこのプランを価格を含めて継承する。順次進めているauショップ/au StyleでのUQ mobileの取り扱いも、KDDIエリア(沖縄県以外)では7月上旬までに原則全店舗に拡大される。(2021/6/7)

auショップ全店でUQ moblieの契約が可能に 7月下旬から
KDDIが「UQ mobile」の契約を、7月下旬から全てのauショップでも受け付けると発表。「auショップを訪れたユーザーに提供できる料金プランの幅を広げる」(同社)という。(2021/6/7)

ahamo、ドコモオンラインショップで機種変更可能に
5月19日から、ahamoユーザーがドコモオンラインショップで機種変更できるようになった。ただしeSIMを利用する「キッズケータイ SH-03M」と「dtab Compact d-42A」には機種変更できない。ドコモショップで商品を受け取ることもできない。(2021/5/19)

太陽光:
テスラ製の蓄電池をドコモショップに導入、太陽光を活用したCO2削減実証
太陽光発電システムによるPPA(第三者所有モデル)事業を展開するTGパワーが、親会社のティーガイアが運営するドコモショップ4店舗で、太陽光発電と蓄電池の活用によるCO2排出量削減実証を開始すると発表した。(2021/5/10)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが“ahamoの有償サポート”を提供する背景 浮き彫りになる携帯ショップの課題
大手キャリアのオンライン専用プランは、安さだけが伝わってしまった結果、オンラインで手続きができないユーザーがショップに訪れるというミスマッチが起きているようだ。こうした中、ahamoを提供するドコモは、4月22日にドコモショップでのサポートを開始した。契約や料金プラン変更を手伝う「ahamo WEBお申込みサポート」と、契約後の手続きを助ける「ahamo WEBお手続きサポート」の2本立てで、いずれも料金は3300円。(2021/5/1)

ドコモショップでahamoの有償サポート開始 1回あたり3300円
ドコモが、オンライン専用料金プラン「ahamo」の有償サポートを開始した。新規契約やプラン変更、申し込み後の各種手続きをサポートする。ユーザーは自分のスマートフォンをショップに持参して設定を行う。(2021/4/22)

ドコモの「ahamo」、有料で店頭サポートを開始 1回3300円
NTTドコモが、スマートフォン向け料金プラン「ahamo」について店頭でサポートするサービスを、全国のドコモショップで始めた。2つのコースを用意し、価格はいずれも3300円。(2021/4/22)

MCAのキャリアショップ調査 全国8067店舗とほぼ横ばいながらメインブランドは減少
MCAが、キャリアショップの展開状況に関する調査の結果を発表した。主要4キャリアのキャリアショップは全国に8067店舗存在し、2020年8月と比べて4店舗増加した。ただし、メインブランドの店舗は2019年2月の7069店舗から6790店に減っている。(2021/4/2)

ドコモが「スマホ診断online」をリニューアル 診断項目の増加でショップと同水準に
NTTドコモは、スマートフォンやタブレットの故障診断ができるアプリ「スマホ診断online」をリニューアル。診断項目を従来の17項目から37項目に増やし、ドコモショップの故障診断ツールと同水準で診断可能となる。(2021/3/26)

ドコモがWebでの「回線解約」を受け付け開始 dアカウントが必要
NTTドコモが、My docomo(Web)において携帯電話回線の解約と、即時解約を伴うMNP転出の手続きを受け付け始めた。契約状況によっては従来通りドコモショップでの手続きが必要な場合もあるので注意しよう。(2021/3/24)

KDDI、UQ mobileの契約をauショップでも可能に 相互送客を強化
KDDIが、通信事業のサブブランド「UQ mobile」の契約を、auショップでも3月から受け付けると発表。まずは一部の店舗で始め、対応店舗を順次拡大する。(2021/2/26)

auショップでUQ mobileを取り扱い 3月1日から
KDDIは、3月1日から一部のauショップでUQ mobileを取り扱う。UQ mobileに関する相談・契約や最新スマートフォンの体験、各種アフターサービスを利用できる店舗が拡大する。(2021/2/26)

KDDI、店頭で画面フィルム貼付やLINE設定を行うサービス 税別1000円から
KDDIが、スマホの画面保護フィルム貼り付けやアプリのアカウント設定などを行うサービスをauショップで始めた。auかUQ mobile回線の契約者向けに提供する。(2021/2/25)

auショップ/au Styleが「店頭設定サポート」をスタート 希望者に有償提供
auショップとau Styleが、スマートフォンアプリの設定やデータ移行サービス、画面保護フィルムの貼り付けを行う有償サービスの提供を開始した。au IDやauアプリに関するサポートは引き続き無償で提供する。(2021/2/25)

全国のドコモショップで「メルカリポスト」と公式資材の取り扱いを開始
NTTドコモは、全国のドコモショップに無人投函ボックス「メルカリポスト」を設置。発送の際に商品を梱包するための公式資材の取り扱いも順次行う。(2021/2/5)

ドコモ、店舗にメルカリの無人投函ボックス 携帯ショップで初
NTTドコモが、「メルカリ」で売れた商品を発送できる投函ボックスを、2月5日から全国のドコモショップに設置する。まずは都内など13店舗に設置。年内に約1000店舗まで拡大する。(2021/2/4)

メルカリポストを全国のドコモショップに設置 1000店舗設置目指す
メルカリは、売れた商品を発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」を全国のドコモショップに設置する。現在、首都圏の13店舗に設置しているが、これを順次拡大し、12月末までに1000店舗を目指す。(2021/2/4)

10.1型タブレット「TCL TAB 10s」がau限定で発売 2万2720円のWi-Fiモデル
FOXが、TCL製のタブレット「TCL TAB 10s」を国内で投入する。au +1 collection専用のオリジナルモデルとして、全国のauショップやauオンラインショップで取り扱う。海外版よりスペックを抑えることで、2万2720円(税別)という価格を実現した。(2021/1/21)

ドコモ井伊社長インタビュー(前編):「ahamo」が他社への流出抑止に、ドコモショップは当面維持する
持株会社による完全子会社化の直後から、NTTドコモは矢継ぎ早に新料金プランを繰り出している。大きな話題を集めたのは、オンライン専用の料金プラン「ahamo」だ。ドコモの変革を掲げる井伊基之社長に、新料金の狙いや今後の見通しを聞いた。(2021/1/15)

首都圏での緊急事態宣言でキャリアショップへの影響は?
1月7日に東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県で緊急事態宣言が発令された。これに伴い、各キャリアのショップにはどのような影響があるのだろうか。(2021/1/8)

ドコモ、他社への乗り換え手数料を廃止 総務省の指摘受け
NTTドコモが、携帯キャリア乗り換え時の手数料を廃止すると発表した。これまで3000円(税別)だったMy docomoでのオンライン手続き、ドコモショップやコールセンターでの手続きを無料化する。(2020/12/18)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(1月編):ドコモショップの不適切メモ/au PAYで毎週10億円還元
2020年1月のアクセスランキングトップ10を紹介。1位はスマホ決済の1月キャンペーンまとめ。au PAYをPontaを統合する発表もありました。ドコモショップでの「不適切メモ」は、業界に驚きを与えました。(2020/12/18)

KDDI、5Gスマホ向けの無制限プラン利用者は「DAZN」3カ月無料に
KDDIが5Gスマホ向けの無制限プラン利用者を対象に、「DAZN」を3カ月無料で提供する。4カ月目以降は通常料金から110円を割り引く。auショップや「my au」で申し込みを受け付ける。(2020/12/9)

石野純也のMobile Eye:
ドコモがショップでアプリ設定を“有料サポート”する狙い 業界に与える影響は?
NTTドコモは、12月1日に全国のドコモショップで「アプリ設定サポート」の提供を開始する。対象となる8つのアプリのインストールや初期設定、アカウントの引継ぎを手助けするサービスで、料金は1アプリあたり1650円(税込み)。これまでのキャリアショップは、販売やサポートの拠点になっていた一方で、後者に関しては、事実上、無料でユーザーに提供されていた。(2020/11/28)

ドコモショップでLINEやポケモンGOなどの設定を有料サポート 1アプリ1650円(税込み)
NTTドコモは、ドコモショップで「アプリ設定サポート」を実施。「LINE」「Twitter」「Instagram」「Facebook」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」「Pokemon GO」の初期設定などを1アプリ1650円(税込み)で行う。(2020/11/19)

ドコモ、店頭でLINE・ツムツムなどの初期設定を教えるサービス 1アプリ1650円
NTTドコモが、SNSやスマートフォン向けゲームアプリの初期設定などをサポートするサービスをドコモショップで始める。料金は1アプリにつき1650円。(2020/11/19)

「ドコモ ドライバーズサポート」提供開始 クラウド連携で安全運転を支援
NTTドコモは、11月18日から利用者の安全運転をサポートする「ドコモ ドライバーズサポート」を提供開始。同日から、eSIMを内蔵の専用通信型ドライブレコーダー「ドコモドライブレコーダー DDR01」を全国のドコモショップで販売する。(2020/11/13)

ドコモ口座、回線契約のないユーザーにも本人確認 eKYCも導入
「ドコモ口座」に銀行口座からチャージをする際に、ドコモ回線を契約していないユーザーも本人確認が必須となる。本人確認は「eKYC(オンラインでの本人確認)」とドコモショップで受け付けている。eKYCは最新版の「d払い」アプリから行う。(2020/10/23)

キャリアショップは減少傾向に MCAの調査
MCAは、9月4日に国内通信キャリア各社の「キャリアショップ」に関する調査結果を発表。キャリアショップは全国に8063店舗となり、半年間で151店(1.9%)増加。楽天モバイルの店舗を数字に加算したもので、影響を除外すると減少傾向にある。(2020/9/4)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「買った店」や「キャリアショップ」に行かないとダメ? 携帯電話の手続き窓口が限られる理由
携帯電話の契約(購入)で手続き上のミスがあった――その場合、原則として買った店舗に行かないとミスの訂正を行えない。筆者が遭遇した実例を見つつ、その理由を解説していく。(2020/8/31)

auショップで機種変更が「最短20分」で行える取り組み オンラインと店舗を連携
KDDIは、オンラインショップと実店舗を連携させた取り組みを導入する。8月26日にリニューアルオープンする直営店「au みなとみらい」から対応する。事前にWebサイトで購入機種や料金プランなどを選択し、店舗ではセルフ端末を使って手続きをする。(2020/8/20)

全国ドコモショップにモバイルバッテリーシェア「ChargeSPOT」導入 無料充電サービスは終了へ
NTTドコモが、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を全国のドコモショップに順次導入する。(2020/8/17)

バッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」をドコモショップに順次導入 無料充電サービスは終了へ
NTTドコモが、8月17日から順次、全国のドコモショップにバッテリーレンタルサービス「ChargeSPOT」を導入する。これに伴い、従来提供してきた端末の無料充電サービスは順次終了する。(2020/8/17)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
新型コロナウイルス感染拡大を防ぐべく「時短営業」 キャリアショップに与えた影響は?
新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、大手キャリアは3月から順次、キャリアショップの時短営業や受付業務の限定といった措置を講じました。このことがキャリアショップにもたらした影響は、意外と大きなものかもしれません。(2020/7/15)

大手キャリアのショップ、順次「通常営業」へ 「緊急事態宣言」解除を受けて
新型コロナウイルスウイルスに伴う「緊急事態宣言」の解除を受けて、大手キャリアのキャリアショップが通常営業を再開する動きを見せている。この記事では、5月27日時点での状況をまとめる。(2020/5/27)

ソフトバンク、約3000店舗にAI検温システム導入 マスク・眼鏡着用でも0.5秒で測定
ソフトバンクは、AIによる顔認証を応用した検温システム「SenseThunder」を、全国のソフトバンクショップやワイモバイルショップに導入すると発表した。対象店舗は約3000店で、5月〜7月にかけて順次設置していく。(2020/5/19)

ソフトバンク、AI検温ソリューションをショップに導入 新型コロナ対策で
ソフトバンクは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、子会社の日本コンピュータビジョンが開発・提供するAI検温ソリューション「SenseThunder(センス・サンダー)」を、全国のソフトバンクショップとY!mobileショップに導入する。(2020/5/19)

「ドコモショップ」の業務限定が5月20日から一部緩和 新型コロナ「緊急事態宣言」解除39県が対象
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が39県で解除されたことに伴い、解除された県に所在するドコモショップにおいて、5月20日から一部業務の受け付けを再開する。当該ショップでは、6月1日からは通常営業に戻る見通しだ。(2020/5/15)

ソフトバンクが「支払い期限延期」のWeb受け付けを一部で開始 ショップの時短営業対象地域も変更
ソフトバンクが新型コロナウイルスの影響を受けたユーザーに対する支援措置として実施している「料金支払い期限の延長」措置について、一部のサービスを対象にWeb受け付けを開始した。「緊急事態宣言」の対象地域の見直しに伴い、ソフトバンクショップとY!mobileショップの時短営業と業務縮小の対象地域も見直される。(2020/5/15)

キャリアショップの「時短営業」「受け付け業務縮小」が5月31日まで延長
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の有効期間が5月31日まで延長されたことに伴い、大手キャリアの「キャリアショップ」における時短営業や受け付け業務の縮小が同日まで延長されることになった。(2020/5/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。