ニュース
» 2013年04月09日 17時39分 UPDATE

ドコモの「ケータイ安全教室」受講者、のべ500万人を突破

2004年からの9年間で約3万4500回開催。スマホの普及に合わせて教材の内容も変化している。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモが2004年から実施している「ケータイ安全教室」の受講人数が、3月末に500万人を突破した。約9年間で開催された回数は約3万4500回にのぼる。

photo 2004年からの推移
ケータイ安全教室の開催数と受講人数
年度 開催数 受講人数
2004年度 14回 約2000人
2005年度 約670回 約9万人
2006年度 約1500回 約21万人
2007年度 約2400回 約40万人
2008年度 約4600回 約79万人
2009年度 約5500回 約80万人
2010年度 約6100回 約87万人
2011年度 約7100回 約95万人
2012年度 約6700回 約93万人

 ケータイ安全教室は、携帯電話に関連する事件やトラブルに巻き込まれないよう、ドコモが注意点や対処方法、ルールやマナーを説明する講座。子供とその保護者、教職員を対象に小学校や中学校、高等学校、特別支援学校に講師を派遣するほか、それ以外のユーザー向けにも地域の生涯学習センターなどでも開催。教材はドコモのWebサイトで配信されている。

 カリキュラムは、入門編/応用編/保護者・教員編/シニア編/特別支援学校編と受講者にあわせて5つを用意。スマートフォンの普及に合わせて、2012年度から講義の内容や教材も見直しを図っているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.