ニュース
» 2013年06月03日 17時34分 UPDATE

イー・アクセス、1.7GHz帯で下り最大300MbpsのLTE通信を実験

イー・アクセスは、取得済みの1.7GHz帯に近接する周波数帯域を一時的に取得して、20MHz幅を使った下り最大300MbpsのLTE通信実験を行うと発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 イー・アクセスは6月3日、1.7GHz帯を使った下り300MbpsのLTE通信実験に向けて、総務省に対して実験試験局免許の交付を申請した。

 実験は、総務省が周波数アクションプランで新たに確保する方針の1.7GHz帯と、新周波数帯に隣接するイー・アクセスの取得済み周波数帯を使用して、LTEの高速化・大容量化に向けた電波伝搬特性などの確認を行う。

 使用する周波数帯域は、1.7GHz帯の5MHz幅×2(1744.9〜1749.9MHz/1839.9〜1844.9MHz)と、隣接するイー・アクセスの周波数帯域15MHz幅×2(1749.9〜1764.9MHz/1844.9MHz〜1859.9MHz)で、20MHz幅で4×4 MIMOを使った下り最大300Mbpsの超高速通信や同じく20MHz幅で2×2 MIMOを用いた下り最大150Mbpsの高速通信、複数の周波数の異なる通信波を束ねることで高速通信を実現するキャリア・アグリゲーションの検証などを行う。

 期間は、免許取得後の2013年8月から2013年10月を予定しており、場所は香川県内で行われる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう