ニュース
» 2013年08月02日 11時31分 UPDATE

調査リポート:Android、世界スマートフォン総出荷の8割に──Strategy Analytics調べ

Strategy Analyticsによると、4〜6月期に世界で出荷されたスマートフォンのうち、8割がAndroid搭載端末だった。同四半期に新製品の出なかったiPhoneは前年同期比でシェアを3ポイント落とした。

[ITmedia]

 米調査会社Strategy Analyticsは8月1日(現地時間)、第2四半期(4〜6月)の世界でのスマートフォンの出荷台数に関する調査結果を発表した。OS別のシェアでは、米GoogleのAndroidが前年同期比で10ポイント伸び、総出荷台数の約8割を占めた。

 総出荷台数は47%増の2億2960万台だった。Androidは、特に米国、中国、ブラジルで、幅広い価格帯の端末が売れたという。米AppleのiPhoneは販売台数を20%伸ばしたが、市場シェアは2010年の第2四半期と同レベルに減った。

 Windows PhoneはフィンランドNokiaのLumiaシリーズに支えられ、0.3ポイントシェアを伸ばし、3.9%というここ3年間で最も高いシェアを獲得した。Windows Phoneがさらにシェアを伸ばすためには、OSのライセンス料の検討と、8コアCPUなどの先進技術のサポートが必要だとStrategy Analyticsは指摘する。

2013年第2四半期(Q2)のOS別世界スマートフォン出荷台数(単位:百万台)
OS名 2012年Q2出荷台数 2012年Q2シェア 2013年Q2出荷台数 2013年Q2シェア
Android 108.7 69.5% 182.6 79.5%
iOS 26.0 16.6% 31.2 13.6%
Windows Phone 5.6 3.6% 8.9 3.9%
その他 16.2 10.4% 6.9 3.0%
合計 156.5 100% 229.6 100%
(資料:Strategy Analytics)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.