ニュース
» 2013年09月04日 15時02分 UPDATE

ケースとしてもモバブとしても使えます:ソフトバンクモバイル、iPhone 5を衛星電話にできる「202TH」発表

ソフトバンクモバイルは、iPhone 5ケース型の衛星電話「202TH」を発表した。本体をはめ込んでBluetoothで接続するとiPhone 5から衛星電話回線が利用できる。

[長浜和也,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、9月4日にケース型の衛星電話「202TH」を発表した。出荷開始は9月10日からの予定。価格は、一括価格で8万1600円。新スーパーボーナスを利用した場合は3400円の24カ回払いになる。なお、月月割も3400円で通信料から割り引くため、24カ月利用した場合本体購入費は実質0円となる。

 本体の形状はiPhone 5対応のケースに近く、iPhone 5をはめ込んでBluetoothで接続し、専用アプリ「SatSleeve」を導入することで、iPhone 5から衛星電話が利用できる。なお、衛星電話回線を利用するには、ソフトバンクモバイルが提供する衛星電話専用料金プランを契約する必要がある。

kn_202th_01.jpgkn_202th_02.jpg iPhone 5本体をはめ込んで衛星電話として使える「202TH」

 USB接続、または、無線LANルータ機能(テザリング)によるデータ通信をサポートするほか、日本国内の緊急機関用短縮ダイヤル(110、119、118)への発信も可能だ。SatSleeveでは、衛星電話回線への発信やSMSの送信でiPhone 5の電話帳から相手先を選択できる。なお、SatSleeveはApp Storeから無料でダウンロードできる。

 本体のサイズは、69(幅)×142(高さ)×31(厚さ)ミリで、重さは約227グラム。バッテリー容量は2440mAhで、連続通話時間は約3時間、連続待ち受け時間は約36時間となる。なお、本体に用意したLightingコネクタでiPhone 5を充電するモバイルバッテリーとしても利用可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.