ニュース
» 2013年10月01日 11時37分 UPDATE

Microsoftの「Surface 2」、デルタ航空が1万1000台をパイロット用に購入

Microsoftが10月18日に発売するオリジナルタブレット「Surface 2」を、デルタ航空がパイロット用電子フライトバッグとして1万1000台購入する。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月30日(現地時間)、米Delta Air Linesが「Surface 2」をパイロット用フライトバッグとして採用したと発表した。1万1000人のパイロットが利用する。

 surface

 Surface 2は、Microsoftが9月24日に発表した「Surface RT」の後継モデル。「Windows RT 8.1」を搭載し、価格は449ドルから。10月18日に発売の予定だ。

 bag パイロットが携行する「フライトバッグ」

 フライトバッグとは、パイロットが携行する運航マニュアルや、航法チャート、滑走路地図を指し、紙の場合は10キロ以上になる。これらのデータを収納したSurfaceを電子フライトバッグとして利用する。フライトバッグアプリは、米Jeppesenの「FliteDeck Pro」を「Windows RT 8.1」向けに最適化したものになる。

 まずは年内にBoeing 757とBoeing 767で採用し、2014年末までに完全なペーパーレス化を目指す。これにより、Deltaは年間で約1300万ドルのコスト削減を実現できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう