ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペーパーレス化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペーパーレス化」に関する情報が集まったページです。

日本の「はんこ文化」に逆風 デジタル化と両立できるか
電子化や手続きの簡略化で「脱はんこ」を推進する企業や自治体も増え、日本のはんこ文化は逆風にさらされている。はんこ文化とデジタル化は両立を図る考えもあり、業界と政府が落としどころを探っている。(2019/11/11)

日本の「はんこ文化」が逆風 デジタル化の対応苦慮
 日本社会に根付く「はんこ文化」が逆風にさらされている。土地購入や婚姻届といった人生の節目で必要な印鑑だが、最近は手続き簡略化のために「脱はんこ」を推進する企業も。国も行政手続きをオンライン化する「デジタル手続き法」を成立させるなど、ペーパーレスでの効率化は時代の流れだ。一見、相反するデジタル化とはんこ。両立できるのか。(桑村朋)(2019/11/8)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
ナナメ読みしている資料に数百万円―ーその業務コスト、分かっていますか?
あなたが普段ナナメ読みしている週次レポートや経営報告資料の作成には、実に数百万円のコストがかかっているかもしれません。しかし、今の業務フローを可視化して整理する時間も手段もないからと、改善に踏み切れないケースが多いのも事実。一方、某企業はある方法を実践し、業務プロセスを変えただけで5000時間の業務時間を削減しました。その方法とは。(2019/11/1)

半径300メートルのIT:
豊かな学びは「サブスク読み放題」から?  読書で伸びる子どもたち
ペーパーレス世代のビジネスパーソンにも「本は紙じゃないと」という意識は根強いもの。それでは、電子書籍世代の子どもたちにとってはどうでしょうか? 統計から見える興味深い傾向から、技術が広げる可能性と大人の責務を思います。(2019/10/29)

特集:サブスクリプション×DX:
リコーの挑戦、複合機製造業のサービスプロバイダー化とは
オフィス用複合機メーカー、リコーはペーパーレス化によって消耗品ビジネスからの転換を余儀なくされた。製造業が「モノを作って、売る」という従来型のビジネスから脱却するために変革したものとは。(2019/10/21)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークは「魔法の杖」ではない 失敗の根本原因、第一人者に聞く
テレワークはなぜ失敗するのか?。原因は導入企業の本質的な姿勢にあった。テレワーク研究の第一人者に聞く。(2019/10/15)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
北海道の冬を支える灯油配送、不安定な交通状況を乗り越えたクラウド活用法とは
冬の北海道の予測困難な路面状況を、クラウドとデータ活用で乗り越えた企業がある。いちたかガスワンでは、ベテラン配送員のノウハウをシステム化し、基幹システムとのクラウド連携を組み合わせ、大幅な業務改善に成功した。(2019/9/19)

まだ紙で年末調整しているの?
マンガで解説:今年も年末調整がやってくる……電子化で得られる“すごい効果”
年末調整を「年1回だけの業務」と侮ってはいけない。紙で処理している場合、申告書の配布、回収、チェックと、多大な手間とコストが発生する。電子化で大きな効果が得られることは想像に難くない。マンガで具体的な効果を解説しよう。(2019/9/10)

人手も予算も足りない、崖っぷちの中小企業が「G Suite」を選ぶワケ
ITを導入する人手も、予算も足りない――そんな悩みを持つ中小企業が「G Suite」を選ぶ事例が出てきた。その理由は何か。実際に活用する中小企業や普及を進める日本商工会議所が明かした。【訂正あり】(2019/9/12)

製造業の働き方改革:
PR:生産や調達などモノづくり現場でRPAを活用、オムロンが取り組む業務プロセス改革
ファクトリーオートメーション(FA)機器などを展開するオムロンでは業務プロセス改革の一環としてRPAを導入。全社的に展開し、生産や調達などのモノづくり部門でも大きな成果を生んでいるという。RPA導入に取り組んだオムロンの取り組みを追う。(2019/9/17)

ITmedia Virtual EXPO 2019 秋:
大和ハウス工業が売上高10兆円の“起爆剤”と位置付ける「D'sBIM」とは何か?
2055年に売上高10兆円企業を目指す大和ハウス工業は、その成長戦略の起爆剤として、独自に構築したBIMプラットフォーム「D's BIM」を据えている。D's BIMがなぜ業容拡大につながるのか、同社技術本部 BIM推進部 部長・芳中勝清氏が徹底解説する。(2019/8/31)

ピピッとデビット:
みずほ、リアルタイムで残高がわかるスマホ決済 銀行の強み生かす Apple Payにデビット初導入で
みずほ銀行が8月29日、「みずほWallet for iOS」にデビット決済を導入。Apple Payでデビット決済を使えるサービスは初。期間限定でキャッシュバックキャンペーンも実施。キャッシュレスに生かせる銀行ならではの強みとは?(2019/8/29)

みずほ銀のデビット決済「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応、20%還元も実施 少額決済ユーザー取り込みへ
みずほ銀行のデビット決済サービス「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応。iOS端末向けには「Mizuho Suica」との併用を促進し、少額決済ユーザーの獲得を図る。利用促進に向けた20%還元キャンペーンも実施する。(2019/8/29)

空間情報シンポジウム2019:
橋梁や高速の内部構造を3D仮想図で見える化した保全技術教育の支援ツール「PRETES-e」
ネクスコ・エンジニアリング北海道は、インフラの点検を行う技術者の育成を急務とし、橋梁や高速道路の内部構造の見える化を実現した保全技術教育の支援ツール「PRETES-e」を開発した。2019年度から本格運用を開始している。(2019/8/27)

「保育士はPC使えなくていい」「資料はFAXで送って」――業界の風潮に違和感 保育園が「Box」導入しペーパーレス化
千葉県内で10カ所の認可保育園を運営するハイフライヤーズは、各園の書類管理のためにクラウドストレージ「Box」を導入。社員に社用のiPhoneも貸し出し、電子化した書類をチェックしやすくしている。(2019/8/20)

年間数千件の海外出張、手配と経費精算を効率化へ――国際協力機構、コンカーの出張・経費管理クラウド活用で実証実験
国際協力機構(JICA)は、出張・経費管理業務の効率化とコスト削減に向けた実証実験を開始。コンカーの出張管理クラウド「Concur Travel」と経費精算・管理クラウド「Concur Expense」を導入し、海外出張の手配から経費精算までの効率化と経費削減を図る。(2019/8/13)

働き方改革の第一歩
効果が見込める「ペーパーレス化」とは? 文書のライフサイクルを構築するコツ
紙文書のやりとりが業務効率を損ねている場面は少なくない。しかし「明日からペーパーレス化だ」と急に言われたら大混乱は免れない。生産性向上に導くペーパーレス化を成功させるには、どんな運用が効果的だろうか。(2019/8/27)

AIとテクノロジーで正面突破?――日本マイクロソフトが考える学教教育の新提案
日本マイクロソフトは7月30日、文部科学省の「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策」に対応した「新時代の学びの核心プログラム」の提供を開始する。その概要を見ていこう。(2019/7/31)

メルカリは鹿島アントラーズをどう変える? 会見で小泉社長らが語ったこと
メルカリが、Jリーグ・鹿島アントラーズの経営権を約16億円で取得すると発表した。チームの育成部門を強化する他、ホームスタジアムの店舗にモバイル決済サービス「メルペイ」を導入するなど、競技とビジネスの両面から支援を行っていく予定だ。メルカリの小泉文明社長が記者会見を開き、意気込みを語った。(2019/7/30)

PR:電子サインを埋め込んだPDFを共通基盤として、ペーパーレス化を実現した京都銀行
2017年からiPadを使い渉外業務のペーパーレス化を進めてきた京都銀行。保険申込業務を皮切りに、取次業務、投信申込業務、住所変更業務と対応業務を拡大し、19年4月からは全店で展開している。スピーディーなペーパーレス化を可能としたのが、PDFを共通基盤として活用した点だ。(2019/7/24)

BAS:
ジョンソンコントロールズが取り組む設備業務のIT化、“Azure”でBASの不具合を自動検知
ジョンソンコントロールズは、建設業界が将来直面する人手不足や技術継承といった課題に対して、AI・ICTを導入し、ビル設備の設計/計装/サービスの業務プロセスを標準化し、高い技術レベルの安定的な維持と、ワークスタイルの変革に取り組んでいる。(2019/7/8)

有名スクリプターに聞く:
映画製作現場で“残業”を160時間削減 「監督秘書」の仕事術とは
スクリプターとして映画制作に携わる田口良子さんは、1本の映画にかかる作業時間を160時間も短縮したという。プロフェッショナルの仕事術を聞いた。(2019/7/8)

製造マネジメントニュース:
DNPと富士フイルムが取り組む産業のデジタル変革、その裏を支える参照モデルの意味
日本マイクロソフトは2019年6月25日、業種や用途に特化したデジタル変革を支援する「Microsoft Partner Network(MPN) for Industryパートナー プログラム」の開始を発表。合わせて、同パートナープログラムを利用し、業種に特化したデジタル変革のレファレンスアーキテクチャ(参照モデル)構築に取り組むDNPと富士フイルムがそれぞれの事例を発表した。(2019/6/26)

産業動向:
新築分譲マンション「Brillia」が「トリセツ+HOME」アプリを標準採用
東京建物は、同社の新築分譲マンション「Brillia」シリーズに、東京ガスが販売する「トリセツ+HOME(トリセツホーム)」を標準採用する。アプリ活用によって取扱説明書をペーパーレス化し、購入者および事業主の双方が効率よく情報にアクセスできるようにする仕組みだ。(2019/6/20)

プリント作業を自動化できる
印刷待ち、資料や帳票作成で残業しない――紙業務の自動化ではじめる働き方改革
業種にかかわらず、紙媒体と決別できずに、多くの企業が人手や時間をとられている。なくならないならば、資料や業務帳票の紙業務を効率化、手作業の自動化で上手に向き合うことが生産性向上の近道だ。注目を集める最新の方法を聞いた。(2019/6/17)

令和時代の「インパール作戦」か?:
激増する“ワンオペ管理職” 「かりそめの働き方改革」が日本をダメにする
日本では1人仕事をする「ワンオペ管理職」が激増している――。ワンオペが増えること、ノウハウは受け継がれることなく消滅し、結果的に組織として生産性は下がってしまう。(2019/5/23)

「デジタル化の力」で顧客接点を豊かに:
PR:大分銀行が掲げる“地域総合プラットフォーム構想”とは
デジタル化により顧客との新たな関係を築こうとしている大分銀行。2018年にはクラウドベースの顧客関係管理で世界市場を牽引しているSalesforceを戦略的IT基盤として採用した。数ある選択肢の中からSalesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして大分銀行が目指すビジョンとは。(2019/5/13)

モバイルdeワークスタイル変革:
プリンタやスキャナは不要!? スマホでミニマルにペーパーレス化
最近よく聞く「ペーパーレス」という言葉。日本社会ではその実現が難しい……かもしれないが、個人レベルなら十分にペーパーレスですごせるようになった。この記事では、その上で役立つサービスを3つ紹介する。(2019/5/3)

第4次産業革命の現在地:
ITのタッチポイントとしての複合機、ビジネス変革進めるコニカミノルタの挑戦
コニカミノルタは2019年4月25日、複合機の新製品を発表するとともに国内での複合機事業の戦略を発表。合わせて、同社が推進するIoT基盤「Workplace Hub」の進捗状況について複数メディアによるグループインタビューを実施した。(2019/4/26)

ファシリティマネジメント フォーラム2019:
バーチャルツアーと電子マニュアルを統合、日比谷総合設備が提案する“ペーパーレス”設備管理
空気調和、給排水衛生、電気、情報通信などの幅広い設備事業を展開している日比谷総合設備。建築設備の点検・保守業務の効率化を目指し、パノラマ画像と、設備機器の説明書などのデジタルデータを融合させたパノラマシステムの開発に取り組んでいる。(2019/4/25)

Mostly Harmless:
「そのRPA、DXの足を引っ張ってない?」――企業が考えるべき現実的な組み合わせとは
「RPA(Robotics Process Automation)」は、うまく活用しなければ、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の足を引っ張ることになりかねません。RPAとDXを理想的な形で推進するために注意すべきポイントとは? 現状の問題を洗い出しつつ、考察してみしょう。(2019/4/24)

コクヨが急落で年初来安値 国内で文具の需要が低迷
ペーパーレス化も進んでいます。(2019/4/23)

自治体や大学のペーパーレス化を後押し クラウド経費精算のコンカー、公共機関にサービスを無償提供
コンカーが、経費管理の効率化やペーパーレス化を進めたい国内の公共機関を対象に、同社サービスを無償提供する。先着10団体。(2019/4/19)

“働き方改革”でペーパーレス化は進むか? IDC調べ
IDC Japanは、働き方改革に関する取り組みとプリント量との関係についての調査結果を発表した。(2019/4/8)

学費納入、オンラインで可能に――近畿大学がインターネットバンキングとの連携開始、コスト削減や効率化に期待
近畿大学は、NTTデータ関西との協働により、インターネットバンキングを活用した新たな学費納入方式を導入。納付書なしで学費を振り込みできる。紙で運用していた納付書の送付を廃止し、事務手続きをペーパーレス化することで、管理作業の効率化やコスト削減、学費納付時の利便性向上を図る。(2019/4/8)

社員の自由な働き方を支えるために:
PR:ツールを最大限に活用して業務を効率化、価値あるシステムを提供できる情シスに――大和財託に見る「働き方改革」実践
関西圏を拠点に、プラットフォーム型の資産運用サービスを展開する大和財託が、エムオーテックスのエンドポイント統合管理ツール「LanScope Cat」とMDMツール「LanScope An」、業務自動化ツール「Syncpit」を導入し、業務効率化と生産性向上に成果を挙げている。IT戦略室リーダーの森本優氏に話を伺った。(2019/4/1)

ディズニー、スマホでファストパス発行 パーク巡りはどう変わる?
これは便利。(2019/3/28)

自分の仕事は自分で守れ:
“会社員”が消える日――「雇用激減時代」の未来地図
AIやロボット、ICTの発達によって「会社員」が消えていく――。(2019/3/28)

新システムの社内普及に「チェンジマネジメント」を導入
J・フロントリテイリングが「G Suite」を1万人規模で利用 社内普及の方法とは
J・フロントリテイリングは、全国の拠点で働く1万2000人のグループ従業員に向けて「G Suite」を導入した。新しいシステムを早期に定着させるために、同社が導入したのが「チェンジマネジメント」と呼ばれる手法だ。(2019/3/29)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
先進企業の具体例に学ぶ「働き方改革」、事業生産性を26%向上させたIT活用術
働き方改革の目的である生産性向上やビジネスの成長のために、欠かせないのが“IT活用”だ。事業生産性を26%向上させた大手IT企業の事例から、成果を上げるためのデバイス/クラウドサービス選びのポイントを解説する。(2019/3/27)

フランス発の建設現場向けアプリ:
PR:大手を含むゼネコン6社で導入済み、建設業の利益率向上と“作業靴を履いたBIM”「FINALCAD」の無限の可能性
世界各地の建設プロジェクトで活躍の場を広げるフランス・FINALCAD(ファイナルキャド)が日本法人を設立した。同社が提供する「FINALCAD」は、建設業の設計から施工、維持管理までのサポートとデータ分析を一貫して展開できる現場管理アプリケーションで、BIM(Building Information Modeling)モデルをタブレットやスマートフォンから手軽に確認できる機能も備える。現場で発生した不具合箇所をリアルタイムで情報共有したり、多言語対応により外国人労働者と綿密な連携が図れたりするなど、日本の建設業が抱える“慢性的な人手不足”や“働き方改革”を解決に導く。そのFINALCADの可能性について、本社CEO(最高経営責任者)のJimmy Louchart(ジミー・ルシャール)、日本法人代表のBaptiste Joyeaux(バティスト・ジュワーヨー)の両氏に聞いた。(2019/3/27)

人事トップ×社労士に聞く「働かせ方改革の終わらせ方」
人事部長と社労士から見た「働き方改革法」対策とは
厳格化される時間外労働の上限規制ルール。罰則にならない方法を探すような後ろ向きの思考では「この先、生き残れない」。働き方改革と事業成功を両立させた人物と労務人事のプロに、これからの労務管理の在り方を取材した。(2019/3/27)

リテールテックJAPAN 2019:
新たな市場に取り組むJDI、電子ペーパーで小売店舗の変革を狙う
ジャパンディスプレイ(JDI)が新たな市場での需要発掘に力を入れている。同社は電子ペーパーと棚割り計画システムを組み合わせた電子棚札ソリューションを2019年6月頃から展開する方針だ。(2019/3/18)

え、大丈夫!?:
PR:紙の契約書があなたの会社に与えるリスクを知っていますか?
これまで業務の中心であった紙文書でのやり取りを電子化する「ペーパーレス」が叫ばれて久しいが、いよいよその潮目が変わろうとしている。そうした状況を後押しするサービスとは……?(2019/3/18)

「テレワーク=サボり」と疑う上司:
働き方改革を「やってよかった」は少数派。「元のままでいい」「やらされている」と現場が感じる理由
リクルートマネジメントソリューションズがこのほど、「働き方改革が成果につながっている企業は少ない」との調査結果を発表。同社の研究員とコンサルタントが、その要因を解説した。「残業をしてはいけない」などという型を押し付けているだけで、企業の仕事内容や評価制度を変えない企業が多いためという。(2019/3/15)

「大学生活はスマホがあれば十分」は誤解? 大学が今「ノートPC必携化」を進める理由
なぜスマホだけではダメなのか。(2019/3/12)

現場管理:
スマホを用いて協力会社も利用する現場の“打ち合せシステム”、鴻池組
鴻池組は、日々建設現場で行われる作業間の連絡調整打ち合せと、作業日報の作成を省力化するツールとして、スマートフォンを用いた作業打ち合せシステム「KOCo(ココ)Meeting(KONOIKE Construction Meeting System)」を開発した。(2019/3/11)

スマートファクトリー:
PR:「記録は紙で」だった中小製造業がスマート工場化に進む意味
「記録は紙」「納期回答は人のパワーバランス」「生産計画はカンコツ」……。多くの製造現場の実情ではないだろうか。こうした状況を打破すべくスマート工場化へと歩みを踏み出した中小製造業がある。溶接用副資材メーカーであるスノウチだ。生産管理システムもなかった状況から一気にスマート工場化を進める取り組みと意図について聞いた。(2019/3/1)

通勤をなくす:
働く人が“楽”になるために、僕はこんなことをしてきた
「毎朝、満員電車の中で揺られて、通勤するのがつらい」といった人も多いのでは。生産性を高めつつ、働く人が楽になるにはどうすればいいのか。働く場所に縛られない、ソニックガーデンの「リモートチーム」を紹介する。(2019/2/22)

これからの「場」と「時間」はどう共有できるか
離れていても行政サービスの品質は高められる――長崎県の挑戦
「つながる」をコンセプトに庁舎も労働環境も変える。そこには長崎県らしい担当者らの思いが込められていた。つながることで、どう県政を変えていくのか。「タテワリ」を想起されやすい地方自治体が実現した改革を追った。(2019/2/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。