ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ペーパーレス化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ペーパーレス化」に関する情報が集まったページです。

北日本銀行が「ABIC ASSET CLOUD」を採用 電子サイン化を促進
北日本銀行は、NTTデータエービックの預かり資産業務クラウドサービス「ABIC ASSET CLOUD」を採用した。同サービスは、預かり資産業務に電子サインを導入し、行員の事務負荷を軽減する。(2020/7/2)

中高年社員にITリテラシー必須の時代! withコロナ時代の“新しい生活様式”
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛も緩和の方向に向かっているが、元に戻るのではなく“新しい生活様式”への変化が求められている。中高年世代の社員はWeb会議やペーパーレス化などに対応すると同時にITリテラシーの強化も必要になっている。(2020/7/2)

中島厚志がアフターコロナを見通す【前編】:
デジタル経済に舵を切れ 「変われない日本企業」から脱却するために
コロナ禍の中で議論が巻き起こった「9月入学」の導入。新潟県立大学の中島厚志教授は「日本経済と企業の今後の在り方も問われるもので、見送りになったことは残念」だと語る。コロナ後の世界で企業が取り組むべきこととは――。中島教授に真意を聞いた。(2020/6/29)

「Windows 95」を機に開発:
ハンコの老舗企業「シヤチハタ」はなぜ、20年以上も前から電子決裁サービスを提供し続けているのか
テレワークで注目が集まる契約や決裁業務の電子化。これをいち早く始めていたのが、ハンコの老舗企業であるシヤチハタだ。同社はWindows 95の発売を受け、電子化の未来を予見し、20年以上前から電子決裁サービスを提供している。3月には期間限定でのサービス無料提供を発表し、話題になった。(2020/6/22)

Withコロナ:
アフターコロナで不可欠となる“Teams”や“WVD”の活用事例、日本マイクロソフト
新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、米マイクロソフトが提供するコラボレーションプラットフォーム「Microsoft Teams」とDaaS(Desktop as a Service)「Windows Virtual Desktop(WVD)」の利用が世界各国で拡大していることを受け、日本マイクロソフトはアフターコロナの働き方改革に有効なツールとして普及を推進している。(2020/6/16)

PR:写真シェアや仕事の効率アップ iPhone/iPadでSDメモリカードを手軽に活用する方法
iPhoneやiPadで不便に感じるのが、外部メモリスロットを搭載していないこと。クラウドサービスを使うのも1つの手だが、多くのデータの保存や交換をするには月額料金がかかる。そこでオススメなのが、SDメモリカードとカードリーダーを組み合わせた活用法だ。(2020/6/24)

PR:業界でも珍しい「ITに強い税理士事務所」が語る、中小企業のテレワークに必要なポイントとは
より柔軟で強力な事業継続の在り方が見直されてテレワークが普及する一方、取り残されがちなのが中小企業だ。中小企業をサポートする立場で早くからIT活用を重視し、いち早く完全テレワークを実現した税理士事務所がある。紙やはんこがとりわけ多い税理士の業務をデジタル化した彼らが語る「中小企業にこそテレワークが必要な理由」と「実現に役立つポイント」とは。(2020/6/23)

BAS:
BAS「Metasys」の新バージョンはセキュリティリスクを可視化するダッシュボードを搭載
ジョンソンコントロールズは、新型コロナウイルスと共存する新たな業務形態「ニューノーマル」に適応する事業体制を構築するとともに、新型コロナウイルス対策となるビル設備の開発を進めている。(2020/6/4)

AIとRPAの今後【後編】
コロナ禍で「AI」「RPA」による自動化は何を実現するのか
新型コロナウイルス感染症(COVIT-19)の拡大で経済活動が制限される一方で負荷の増大を余儀なくされている業務もある。課題解決の切り札として期待されるのが「AI」と「RPA」だ。(2020/6/4)

1カ月で1000件以上の契約書:
契約書を全面電子化へ LINEの挑戦
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、在宅勤務を推奨してきたLINE。しかし押印担当者は毎日出社を余儀なくされていたという。そこで契約書の電子化を進めたが、大きな課題も見えてきた。(2020/6/4)

”スーパーシティー法”成立 AIや自動運転技術など活用に向け規制緩和
人工知能やビッグデータを活用した最先端都市「スーパーシティ」構想の実現に向けた国家戦略特区法改正案が成立した。技術活用に向け、複数の分野において規制を緩和する。(2020/5/28)

AIとRPAの今後【前編】
新型コロナで「RPA」導入が加速する理由 逆境の旅行業界の“救世主”に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、企業は従業員の解雇やオフィスの一時閉鎖を余儀なくされている。一方で存在感を高めているのが「RPA」をはじめとする業務自動化技術だ。それはなぜか。(2020/5/28)

PR:テレワークにまつわる問題 「QNAP ESシリーズ」で解決してみよう
新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、急きょ「テレワーク」を導入したり拡大したりする企業や団体が増えている。しかし、テレワークの導入には問題もつきもの。QNAPのエンタープライズ向けNAS「QNAP ESシリーズ」なら、そういった課題をスマートに解決してくれる。(2020/5/27)

デジタルチケット販売サービスを無償提供 ヤフーが名古屋市東山動植物園向け
ヤフーは名古屋市にデジタルチケット販売サービスを無償提供する。新型コロナウイルス感染症の拡大予防対策として、再開園時には入園者の上限を設ける、名古屋市内の東山動植物園が対象だ。(2020/5/26)

「僕は本当に入学していますか?」 コロナ禍で進む大学オンライン化、学生は困惑 教授らに実情を聞いた
新型コロナウイルス感染症の流行で大学のオンライン化が急激に進んでいる。新型コロナの対応には困難を挙げればキリがないが、遠隔教育の可能性が一気に広がるチャンスでもある。今回は、5大学の教授たちに各大学の現状とオンライン化の難しさ、メリットを教えてもらった。(2020/5/22)

働き方の「今」を知る:
テレワークを阻む「ハンコ文化」は政府の“太鼓判”で消え去るのか?
新型コロナの影響で導入が進むテレワークだが、それでも出社しないといけない環境を生み出しているのが「ハンコ」だ。もともと、無駄が多く生産性の低い「日本的」な労働慣行の代名詞でもあったハンコだが、従業員の感染リスクを減少し、生産性を高めるためにも官民でようやく「電子化」の機運が高まり始めている。(2020/5/20)

製造マネジメントニュース:
在宅勤務者の8割が収束後も「制度継続希望」、働き方の意識調査報告書を発表
日本能率協会は新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるビジネスパーソンの仕事に対する意識変化の調査報告書を公開した。今回初めて在宅勤務制度を経験した人の8割がコロナ後も制度継続を望む。(2020/5/19)

在宅勤務で「電子印」広がる 慣行見直し加速か
新型コロナウイルス対策で在宅勤務(テレワーク)が広がる中、インターネット上で文書に決裁印を押せるシステムが広がっている。(2020/5/18)

危機をチャンスに:
仕事のテレワーク化、「コロナで嫌々」でなく「当たり前」に変える秘訣
新型コロナで急務となった企業のテレワーク化。実は多くの業務で代替可能と筆者は指摘。コロナ危機をチャンスに変えるコツとは。(2020/5/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車通勤」の歴史と未来 ITとテレワークで“呪縛”は解けるか
新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが広がった。外出自粛から解放されたときにはどうなるか。それは「電車通勤」の在り方に関わる。長時間の満員電車が当たり前というのは“呪縛”だ。電車通勤が根付いた歴史を振り返ってみると……(2020/5/2)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
新型コロナ禍は“ガラケーおじさん”を進化させるのか?
新型コロナウイルスによってテレワークをする人が増えている。しかし、全社的なテレワーク体制に移行できない企業も存在する。会社間のITリテラシー格差の問題をどう解消すればいいのだろうか。(2020/5/1)

本当に効率を上げるためのSaaS:
SaaSとAPI連携がバックオフィスを変える理由
日本企業では、1社あたり平均して20種類のSaaSを使っているといわれている。そのデメリットは、データが各SaaSに点在してしまい、管理や運用が煩雑になることだ。それを防ぐためにSaaS間の連携を行うための仕組みがAPIだ。APIによって外部のソフトウェアと簡単に連携できるからこそ、得意領域に特化したSaaSが増えている。(2020/4/28)

中小企業で働く人の64%が「テレワークを許可されていない」 有効な対策は?
クラウド会計サービスを提供するfreeeが、中小企業のテレワーク利用に関する調査結果を発表した。中小企業社員の64.0%は「テレワークを許可されていない」と答えたという。(2020/4/27)

失敗から気付きを得る テレワークの効率を上げる3つの工夫
新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、急きょテレワーク(遠隔勤務)をすることになった人も多いと思う。しかし、テレワークをする際には「失敗」も付きものだ。そこで、ある意味でテレワークを日々実践している“失敗談”を共有しつつ、どうすれば快適なテレワークができるのか考えていきたい。(2020/4/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DXでスタートアップと同じ土俵に立つには、同じ道具、文化、体制の構築が必要
デジタル変革(DX)では、テクノロジーの活用ばかりが注目されているが、本質は顧客起点で自社のビジネスを見直し、スピーディーに顧客の期待に応える取り組みである。そのためには、自社をアジャイルな組織へと変革することが不可欠となる。(2020/4/27)

PR:中小企業が直面するテレワークの課題 約3000社の実績を持つ浅間商事に聞いた「導入のポイント」は?
労働人口の減少による人材不足や残業の抑制、多様なワークライフバランスの実現など、向き合うべき経営課題は多い。それらを解決する糸口としてテレワークの導入を検討する中小企業は、具体的にどのような取り組みから始めればよいのか。(2020/4/20)

キャリアニュース:
ワークフローに関心ある人は約7割、一方で6割が「知る手段が不十分」
エイトレッドが、ワークフローに対する認知度と関心度についてのアンケート調査結果を発表した。ワークフローについて約7割の人が興味や関心を持っていたが、その6割近くが「ワークフローについて知る手段が充実していない」と回答した。(2020/4/23)

第14回JFMA賞「神奈川県住宅供給公社編(下)」:
既存住宅の省エネ化や地域の活性化などを実現した7つのFM施策
神奈川県住宅供給公社は、賃貸住宅の開発だけでなく、既存住宅や周辺環境を改善する取り組みも進めている。後編では、高齢者の介護認定率を下げたり、エネルギー効率を高めたりなど、7つのFMによる解決策を紹介する。(2020/4/25)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

テレワークを阻害する紙文化:
新型コロナで浮き彫り ペーパーレス化を進めるに当たって必要な取り組みを発表、ガートナー
ガートナー ジャパンは企業がテレワークの効率化を図るために検討すべきペーパーレス化やファイル活用への取り組みについて、ロードマップなどを発表した。(2020/4/20)

テレワークを阻害するのは「紙の業務」 ガートナーがペーパーレスへの取り組み方法を提言
ガートナー ジャパンは、企業がテレワークの効率性を高めるために検討すべき取り組みについて発表した。従来の慣行や紙文化を突き崩し、電子ファイルを用いて業務を進められる環境への移行を図るべきだとしている。(2020/4/20)

GMO、印鑑を廃止へ IT担当大臣(はんこ議連会長)の「しょせんは民間の話」コメント受け社長が即断
「決めました。GMOは印鑑を廃止します」。(2020/4/17)

給油をスマホアプリで事前予約 SSでは給油機コードの読み取りで給油開始――NECプラットフォームズが提供開始
NECプラットフォームズは、利用客がスマホアプリで給油をオーダーできるサービスステーション(SS)向け注文管理サービス「スマホで給油オーダー」を開始した。SS店舗の検索から、給油オーダー、決済までスマホアプリで完了し、SSでは給油機のQRコードを読み取るだけで給油できる。(2020/4/17)

IT部門が改革のボトルネックになってしまう本当の理由:
PR:人材不足が真因ではなかった、IT部門がデジタル変革に踏み出すために必要なこと
事業部門は変革に向けたアイデアを次々と実現したい。だがIT部門は既存システムの運用に追われ、なかなか変革に踏み出せずにいる。そのような状態を解消できない限り、変化に強い企業IT基盤の実現は程遠い。原因はどこにあるのか。これからのIT部門に求められる基本戦略を読み解いていこう。(2020/4/13)

【トップは語る】キングジム アクティブシニアに洗練した商品を
4月からシニア市場に参入し、新ブランド「arema」を立ち上げた。(2020/4/10)

DXを成功させるための組織論(5):
「経営陣のコミットがあればここまでできる」 デジタルディスラプションに対抗するアフラック
生命保険会社のアフラックは顧客に対する価値提供の迅速化を目指し、企業活動の「アジャイル化」を急速に進めている。アフラック流の「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の進め方について、組織作り、仕組み作りに携わるキーマンに話を聞いた。(2020/4/13)

「会社外から見られない資料」が課題:
新型コロナでテレワークの認知度急上昇か――国土交通省が「テレワーク人口実態調査」を発表
国土交通省は新型コロナウイルス感染症対策としてのテレワーク実施実態調査を含む「テレワーク人口実態調査」など3つの調査結果を発表した。2019年10月の調査と2020年3月の調査を比較すると、テレワークの認知度が急上昇している。(2020/4/3)

始まりはたった5人、今は最大1万2000人:
「自宅でもWebカメラをつけて働く」「抵抗感ない」 KDDIの先進事例に学ぶテレワークを成功させるヒント
新型コロナウイルスの影響でテレワークに注目が集まっている。最大1万2000人規模のテレワーク環境を持つKDDIは、これまでどのように取り組んできたのか。担当者に聞いた。(2020/4/3)

業務量を減らさないと頓挫する:
紙文化の撤廃、勤怠管理の見直し――テレワーク導入で検討すべき点をガートナーが解説
ガートナー ジャパンは緊急にテレワークの導入に迫られている企業が検討すべき論点を、5W1Hを用いて解説した。緊急的な導入のための対策だけでなく、テレワークの恒久的な導入に移行するポイントも盛り込まれている。(2020/3/31)

「テレワーク導入には5W1Hで議論」――ガートナーが検討すべき論点を発表
ガートナー ジャパンはテレワーク導入を迫られている企業が検討すべき論点について発表した。テレワークの導入について5W1Hで議論し、いつでもテレワークを導入できるように布石を打っておくことが肝要だとしている。(2020/3/31)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「アジャイルを知らなければ、お役所仕事もできません」――官民混成で縦割りを突破、ようやく動き出した政府のDX
日本の公共サービスは非効率で、デジタル化の試みは他国と比べて遅れがちであるとされている。しかし近年になり、いよいよ「止まった10トントラックを手で押して動かすように」政府のDXが始まった。(2020/4/2)

全てはお客さまの事業成功のために:
PR:妥協なき開発体制を貫く「弥生のエンジニア」の真意とは
エンジニアに主体性やクリエイティビティが強く求められる一方、組織によってはそうした能力を発揮できない、求められない場合が少なくない。では、意欲のあるエンジニアはどうしたらいいのだろうか――。(2020/5/11)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルアプリの動向を紹介します。(2020/3/27)

モバイルdeワークスタイル変革:
突如降りかかる「テレワーク」 スマホで「会議」に参加する方法をチェックしよう
「働き方改革」に加えて、新型コロナウイルスの流行によって、さらに注目を集めることになった「テレワーク」。その中でもWebを介して会議に参加できるソリューションが注目を集めています。この記事では、そんな「Web会議」に焦点を絞り、スマホに対応したソリューションを簡単に紹介します。(2020/3/26)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(47):
コロナ対策の「テレワーク」を製造業従事者はどう見るべきか?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、世界的に「COVID-19」(新型コロナウイルス感染症)の影響が発生する中、製造業従事者の観点からテレワークを考えてみます。(2020/3/26)

建築設計の最前線で起きているデジタル変革を追った:
PR:隈研吾建築都市設計事務所が「パラメトリックデザイン」と「3DCG」のゲンバで不可欠と語るHPテクノロジー
環境との調和を主眼に置いた独創性溢れる外観がひと際目を引く、英国・スコットランドの美術館「V&A Dundee」、緑豊かな代々木の杜へ溶け込むように設計された「明治神宮ミュージアム」など、独自の哲学を持って、世界に2つと無い斬新な建築物を生み出し続けている隈研吾建築都市設計事務所――。「木」「石」「紙」など、その土地に根差した素材を採り入れ、国内外のコンペティションで常に話題をさらっている同事務所の設計室は、最近では建設業界でも急速に広がるDX(Digital Transformation)に先駆け、多様なデジタルツールをいち早く導入。最近では3次元の設計手法「パラメトリックデザイン」を試行し、これまで実現が困難だった複雑かつ精密な外観の建築物を多数創出している。世界的にも誰もが知る著名な設計の現場で、どのようなデジタル変革が起きているか裏側を探った。(2020/3/24)

「ペーパーレス職場」の展望と課題【後編】
RPA×AIによる「ペーパーレス」の自動化がもたらす無視できないリスク
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)や人工知能(AI)技術を活用することで効率的にペーパーレス化を進めることが期待できる。ただしコンプライアンスのリスクに対処する必要はある。(2020/3/23)

人間とAIごとに得意なサービスのすみ分け
多過ぎる予約電話に苦慮する美容院が語る、AIアシスタント導入で何が変わったか
ある美容院は、受付スタッフが応対し切れなかった電話問い合わせ件数が1カ月当たり約560件に上っていた。電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。(2020/3/23)

第14回JFMA賞「神奈川県住宅供給公社編(上)」:
莫大な負債からの再起をFMで、神奈川県住宅供給公社が明かす賃貸住宅の“有機的”なワークフロー
神奈川県住宅供給公社は、1991年のバブル経済崩壊を機に、経営が立ち行かなくなり、多額の負債を抱える事態に陥った。再起をかけ、ファシリティマネジメントを導入した結果、目覚ましい成果を上げ、事業継続の一助とした。今回、起死回生の取り組みとなったFM活用事例を紹介する。(2020/3/30)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。