ニュース
» 2013年10月29日 15時13分 UPDATE

KDDI、「iPad Air」向けに2年間0円からの「ゼロスタート定額」を提供

KDDIが「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」向けの料金プランを告知。最大2年間0円から利用できる「ゼロスタート定額」などが利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは、11月1日に発売する「iPad Air」と、11月下旬以降に発売する「iPad mini Retinaディスプレイモデル」向け料金プランの案内を開始した。

 料金プランは、発売中の「iPad mini」などと同じく、月5985円でauの4G LTE通信が定額利用できる「LTE フラット for Tab(i)」を適用する。ただし、月525円を最大2年間割引く「LTEフラット for Tabスタート割」が利用できるため料金は月5460円に。これにISP料金の「LTE NET」(月315円)が追加され、月額料金は5775円(端末料別)になる。auスマートバリューに加入すれば毎月1480円が割引かれ、月額4295円で利用できる。テザリング料金は月525円だが、テザリングオプションに加入することで2年間は無料で提供する。

photo 基本料金プラン

 このほか、auのiPhoneかスマートフォンを持っているユーザー向けの「スマホセット割」も提供する。スマホセット割のデータ定額料金は月5005円だが、LTEフラット for Tabスタート割の適用で月4480円になり、月315円のISP料金を追加した月額料金は4795円になる。

photo スマホセット割

 auのiPhoneまたはスマホユーザー、あるいはauスマートバリューの利用者は、基本使用料0円からの「ゼロスタート定額」も利用できる。ゼロスタート定額は加入から2年間はデータ定額料金が0〜4980円になり、ISP料金も0円に。公衆無線LANサービスの「au Wi-Fi SPOT」(月490円)への加入が必須だが、11月30日までに申し込むとau Wi-Fi SPOT使用料が2年間無料になる。なおゼロスタート定額の料金単価は0.42円/Kバイトで、11.5Mバイトの利用で上限額(4980円)に達し、その後は定額で利用できる。

photo ゼロスタート定額

 どのプランも速度制限なしで利用できるのは月7Gバイトまでで、それを超過した場合は当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsになる。なおテザリングオプション加入時には500Mバイト分が増量になるが、オプション加入から2年間の無料期間は適用されない。また速度制限を解除する「エクストラオプション」は、料金が2Gバイトごと2625円からとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.