ニュース
» 2013年11月21日 15時04分 UPDATE

ドコモ、災害時などに役立つAndroidスマホ同士の近距離通信技術を開発

ドコモは、携帯電話のネットワークを介さずに、近距離にいるAndroidスマホ同士で通信できる技術を開発した。災害時やイベントでの活用を目指す。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは11月21日、携帯電話のネットワークを介さずに近距離にいるAndroidスマートフォン同士が通信できる技術を発表した。

photo 近距離通信の仕組み(イメージ)

 これはNTTコムウェアが開発した近距離通信技術を使ったもので、スマートフォンやタブレットに搭載されているBluetoothのアドホックモードを利用する。同技術の仕組みは、近隣の端末同士が接続すると1つのグループとなり、異なるグループ間の端末が接続すると、新たな1つのグループになるというもの。グループ内でチャットや伝言などの情報交換ができる。

 ドコモは、混雑したイベント会場や災害時など、携帯通信網が機能しない環境での一斉伝達など、新たなコミュニケーション手段として同技術の有用性・実用性の検証を進めていくとしている。

関連キーワード

スマートフォン | NTTドコモ | Bluetooth


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.