調査リポート
» 2013年12月06日 00時00分 UPDATE

全国525カ所で計測:高速のSA/PAで最もiPhone 5cがつながりやすいのはどこ?――ブランド総合研究所が調査

ブランド総合研究所は、高速道路のサービスエリアを対象としたiPhone 5cの通信速度を調査した。最も速い都道府県は埼玉県で、キャリアではauがトップだった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ブランド総合研究所は12月5日、「高速道路におけるスマートフォン接続状況調査」の結果を発表した。

 この調査は、高速道路の上り・下り計240カ所サービスエリア、上りまたは下りのパーキングエリア計285カ所の合計525カ所で計測したもの。期間は11月15日から18日までの4日間で、調査時間は9時〜18時。調査に使用したのはドコモ/KDDI(au)/ソフトバンクモバイル各社のiPhone 5cで、計測には「RBB Today Speed Test」アプリを使用した。

Photo 都道府県別通信速度ランキング

 これによると通信速度が最も速かったのは埼玉県で、キャリア3社の平均は25.74Mbps。2位は奈良県の25.41Mbps、3位は大阪府の24.20Mbpsで、最も遅いのは鳥取県の5.43Mbpsだった。

Photo キャリア別の47都道府県通信速度

 一方、キャリア別では525施設のうち503カ所(95.8%)でLTE接続ができたauがトップで、ドコモは374カ所(71.2%)、ソフトバンクは334カ所(63.6%)という結果だった。525カ所の平均速度は、auが21.4Mbps、ドコモは15.1Mbps、ソフトバンクは12.7Mbpsとなり、キャリア別の繋がりやすさではauが最も高い評価となった。

Photo キャリア別の通信速度およびLTE捕捉率

 また都道府県別にドコモ/au/ソフトバンクの通信速度を比較すると、47都道府県中31都道府県でauが最も速く、ソフトバンクは計8府県、ドコモは8県。この速度差は、auでは95.8%、ドコモは71.2%、ソフトバンクは63.6%というLTEの捕捉率による影響が大きいという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.