ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブランド総合研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

10年連続で1位:
魅力のある都道府県はどこか? 1位は「北海道」、47位はやっぱり
全国で最も魅力的な都道府県はどこか? ブランド総合研究所が行った調査によると、10年連続で「北海道」であることが分かった。(2018/10/16)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(34):
北海道編:ポロクルでラクラク移動――実は進んでいる札幌のAI、IoT事情
そだねージャパン(五輪カーリング女子)の出身地北海道は、AI、IoT先進地でもありました――ご当地ライターが、リアルな情報をつづる「UIターンの理想」。北海道編パート3は、北海道への移住支援や就職、官民一体で取り組んでいる注目IT事業などをお伝えします。(2018/3/5)

市町村別の1位は京都市:
魅力的な都道府県、1位は北海道 最下位は5年連続で……
ブランド総合研究所の調査によると、最も魅力的な都道府県は北海道だった。一方、最下位に選ばれたのは……(2017/10/10)

茨城県、4年連続で都道府県魅力度ランキング最下位に 栃木県に0.1点差まで迫る
来年こそ「のびしろ日本一」の実力を見せてくれ!(2016/10/21)

最も魅力的な都道府県は「北海道」、最下位は4年連続で
ブランド総合研究所は10月19日、「地域ブランド調査 2016」を発表した。47都道府県を対象に、認知度・魅力度・イメージなど77項目を聞いたところ、1位は「北海道」。最下位は4年連続で……。(2016/10/19)

茨城県、3年連続で都道府県魅力度ランキング最下位に 「何位でも関心持ってもらえれば」
アピール下手という声も。(2015/10/1)

茨城県が都道府県魅力度ランキングに2年連続ぶっちぎり最下位に
もはや威厳すら漂う。(2014/10/11)

受験意欲を喚起:
「京都」にも引けをとらない後発「大阪検定」、人気の秘密は?
特定地域の歴史や文化、産業などについての知識を問う“ご当地検定”。受験者数の減少で休止になったものもあるが、大阪の「なにわなんでも大阪検定」は受験者数が安定している。その理由は……。(2014/6/13)

全国525カ所で計測:
高速のSA/PAで最もiPhone 5cがつながりやすいのはどこ?――ブランド総合研究所が調査
ブランド総合研究所は、高速道路のサービスエリアを対象としたiPhone 5cの通信速度を調査した。最も速い都道府県は埼玉県で、キャリアではauがトップだった。(2013/12/6)

“新規参入”ドコモどこまで?:
調査機関“全国テスト”で比較するiPhone 5s/iPhone 5cが速いキャリアは!
「同じiPhone 5sだから選ぶ理由はダントツのネットワーク」といったのはKDDIの田中社長だが、実際どうなの? 速いの? ダントツなの? (2013/10/4)

「iPhone 5s/5c」で最も“パケ詰まり”しないのはどのキャリア?
ブランド総合研究所が、山手線の駅構内ホームにおける3キャリアの「iPhone 5sパケ詰まり調査」を実施。最もパケ詰まりが起きなかったのはauだった。(2013/10/1)

最も魅力のある都道府県は「北海道」、最下位は?
魅力のある都道府県と市町村はどこだろうか。認知度や魅力度、イメージなど全72項目で聞いたところ、トップは「北海道」だった。ブランド総合研究所調べ。(2012/9/18)

子どもに携帯は必要? 震災で意識が変化
子どもに携帯電話を持たせることについては、「防犯に役立つ」と考える人がいる一方、「まだ早い」と考える人もいる。しかし、東日本大震災を経て、その意識には変化が生じているようだ。ブランド総合研究所調べ。(2011/7/14)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第7回 Androidの高速起動とセキュリティ対策
Androidの課題はたくさんあります。特に重要なものを挙げるとすると、起動時間の長さとセキュリティでしょう。起動時間を短くするには高速化ソリューションが必要です。起動時間は、ユーザーの目に見えている最大の問題であり、機器の全体的な印象まで損ねる可能性がありますから、対策を急がなければなりません。セキュリティを高めるには仮想化ソリューションが役立ちます。(2011/2/10)

起動が遅い、機能が多すぎる……デジタル家電購入者の半数「不満あり」
新しい製品が次々と登場しているデジタル家電業界。しかし、「電源起動・終了に時間がかかる」「使わない機能がたくさんある」など、不満を持っている購入者も多いようだ。ブランド総合研究所調べ。(2010/10/18)

都道府県の魅力度 トップは北海道、では最下位は?
あなたが魅力的だと思う都道府県はどこですか? 魅力度トップ3は北海道、京都府、沖縄県であることが分かった。ブランド総合研究所調べ。(2010/9/8)

調査リポート:
中高生の親、安く抑えたいのは“子供のケータイ料金”
ブランド総研が、子供の携帯利用に関する意識調査の結果を発表。中高生の子供を持つ親に「なるべく安く抑えたい子供関係の費用」を聞いたところ、携帯料金がトップに挙がった。(2010/1/20)

魅力的な市町村と都道府県はどこ?
あなたにとって魅力的な都道府県はどこですか? ブランド総合研究所の調査によると、トップは「北海道」、次いで「京都府」「沖縄県」が続いた。(2009/9/11)

環境への取り組みが盛んな都道府県は?
エコを意識して、どんな商品を買い替えているのだろうか。最も多かったのは「エアコン」、以下「クルマ」「照明器具」「冷蔵庫」と続いた。ただ回答者を都道府県別で見ると、違いが出た。ブランド総合研究所調べ。(2008/11/18)

エコを意識して耐久消費財を買い替えた人は約6割
(2008/10/15)

最も魅力のある街は札幌市――地域ブランド調査2008
ブランド総合研究所は「地域ブランド調査2008」の結果速報を発表。魅力度が最も高い街は3年連続で札幌市となった。また、札幌市を含めて北海道の市が上位10位までに4つランクインした。(2008/9/26)

キャリア乗り換え後の満足度、ソフトバンクモバイルがトップに
ブランド総合研究所が携帯電話乗り換え満足度調査の結果を発表。乗り換え後の満足度でトップを獲得したのはソフトバンクモバイル。乗り換えで安くなった額の平均も1822円でトップとなった。(2007/12/20)

携帯の利用料金、“端末購入代金”より“月々の料金”が安い方がいい
ブランド総合研究所が、7万人を対象に行った携帯電話の乗り換え実態と不満に関する調査結果を発表。乗り換えの不満点は「手続きが面倒」「メアドが使えなくなる」といった声が多く、料金面では“月々の料金が安い方がいい”と答えるユーザーが“端末購入代金が安くなる方がいい”というユーザーを上回った。(2007/12/13)

携帯キャリアを乗り換えない理由は「手続きが面倒」「メールアドレスが変わるから」
携帯キャリアの乗り換えを考えたが、結局止めたという人は12%。また、新料金プランが「複雑で分からない」人は半数だった。ブランド総合研究所調べ。(2007/12/12)

BD陣営、HD DVD陣営に大差付ける――ブランド総合研究所調べ
購入したい次世代DVDレコーダーのメーカーは、ソニー、松下、東芝、日立、パイオニアの順――。「メーカー信頼度から見るとBD陣営が主要規格になりそう」というブランド総合研究所の調査。(2007/8/29)

次世代DVDはBlu-ray陣営で決まり?
購入検討を含めると約半数がデジタルハイビジョンテレビに興味を示している。ハイビジョン映像で見たいコンテンツは、圧倒的に映画が多かった。ブランド総合研究所の調べ。(2007/8/28)

名産品は魅力的、でも「ぜひ住みたい」が0人だった市町村は……
「地域ブランド2007」によれば、8割を超える人が札幌市を魅力的と感じているようだ。産品の購入意欲で最も多かったのは、マスコミにもひんぱんに登場した“あの市町村”の名産品だった。(2007/7/24)

キャリア乗り換え、3割が「期待はずれ。予想より高くなった」──ブランド総研調べ
ブランド総合研究所は、2006年10月の番号ポータビリティ開始以降の携帯キャリア乗り換え実態に関する調査結果を公表した。乗り換えにあたる主目的の大半は「料金」。料金プランやサービスが多すぎて「分かりにくい」と声も多く確認された。(2007/6/20)

驚愕の自治体事情:
魅力的で住みたい市とそうでない市は何が違う?
日本国内にあるすべての市を対象とした「地域ブランド調査」の実施により、最も魅力的な市、最も住みたい市の姿と、そこに至る方法論が見えてきた。あなたの住む市はランクインしているだろうか。(2006/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。