ニュース
» 2013年12月25日 15時06分 UPDATE

ヘビーな時間をウマく避けて:“あけおめ”メール・コールは控えめに――元日0時からの2時間がピーク

携帯電話・PHSのキャリア各社と業界団体のTCAが、新年の「おめでとうコール・メール」について、通信が混雑する元日0時〜2時の送信を自粛するように案内している。

[村上万純,ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスは、12月31日から1月1日にかけて送られる“おめでとうメール・コール”をなるべく控えるよう案内している。

photo TCAの告知ページ

 特に1月1日0時からの30分は電話とメールがつながりにくく、メールについては2時間にわたり配信遅延が発生する可能性があるという。各キャリアは通信の混雑緩和に努めるが、やむをえず通信サービスの利用を一時的に制限することもあると案内している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.