ニュース
» 2014年01月24日 12時46分 UPDATE

4月21日から:ソフトバンク、4Gスマホに「通話定額」を提供――VoLTE導入を見据えた新料金

ソフトバンクは、通話定額とパケット定額をパックにした4Gスマホ向け新料金プランを発表した。VoLTE導入を見据え、対応する料金プランを4月21日に先行して提供する。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは1月24日、音声通話の定額料金とパケット定額料金をパックにした新しい料金プランを発表した。SoftBank 4GまたはSoftBank 4G LTE対応のスマートフォン向けに4月21日から提供する。

 新料金プランは、月額5980円(税別)の「Sパック」、月額6980円(税別)の「Mパック」、月額9980円(税別)の「Lパック」の3つ。このほか、月額980円(税別)の専用基本料金とS!ベーシックパックの月額料金300円(税別)が必要になる。

新料金プランの概要
  Sパック Mパック Lパック
国内音声通話 3分以内/月50回まで 5分以内/月1000回まで
パケット料金 2Gバイトまで 7Gバイトまで 15Gバイトまで
月額利用料(税別) 5980円 6980円 9980円

専用基本料
  2年契約(自動更新) 通常契約
月額利用料(月額) 980円 1960円
ソフトバンクWi-Fiスポット 無料
テザリングオプション 無料

 Sパックは、ソフトバンクモバイル同士と他社携帯電話や固定回線宛ての国内音声通話が月50回(1回3分以内)まで、同じくMパックとLパックは月1000回(1回5分以内)まで追加料金なしで利用でき、実質的な電話のかけ放題を実現。通話時間または月間の回数を超えた場合は、30円(税別)/30秒の通話料が発生する。なお、家族契約しているソフトバンク同士の通話は24時間無料になる。

 パケット通信については、Sパックが2Gバイトまで、Mパックは7Gバイト、Lパックなら15Gバイトまで利用でき、テザリングも料金内で提供する。通信量が上限を超過した場合は100Mバイトごと、Sパックは250円(税別)、Mパックは125円(税別)、Lパックなら100円(税別)の通信料がかかる。上限超過後に128kbpsの低速通信を定額利用できる月額300円(税別)のオプションも用意した。

※初出時に、Lパックの通信量上限を15バイトとしていましたが、正しくは15Gバイトです。お詫びして訂正いたします(1/24 17:34)。

 新料金は、将来の導入が予定されている音声通話規格「VoLTE」(Voice over LTE)を見すえたものだが、VoLTEの開始時期については未定。4月21日以降も当面の音声通話は3G通信網を使った回線交換方式で提供する。また従来のホワイトプラン、パケット定額サービスも選択できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.