ニュース
» 2014年04月25日 21時21分 UPDATE

下り最大225Mbps、ドコモが「LTE-Advanced」を2014年度中に開始

ドコモの加藤社長は決算会見で、「LTE-Advanced」を2014年度中に開始すると発表した。LTEの基地局数も1.7倍の9万5300局に増強する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモの加藤薫社長は4月25日に行われた同社の決算会見で、次世代高速通信規格「LTE-Advanced」を2014年度中に導入すると表明した。複数の帯域を束ねて通信するキャリアアグリゲーション(CA)を用い、下り最大225Mbpsの高速通信を提供する。

photophoto ドコモは「LTE-Advanced」を2014年度中に開始する(写真=左)。ドコモの加藤社長(写真=右)

 同社は現在、下り最大150MbpsのLTEサービスを提供しており、ネットワークのさらなる高速化を図って競争力を強化する方針。なお、LTEサービスの「Xi」ブランドをLTE-Advancedでも継続するかは「現時点で未定」(ドコモ広報部)だという。LTE-Advancedの本格導入後は、「5G」の開発を進め、将来的には下り最大10Gbpsの通信速度を目指す。

 さらに既存のLTE基地局も大幅に増強。3月末時点の同社LTE基地局数は5万5300局だが、これを本年度末までに約1.7倍の9万5300局へ増やす。特に、現在は3500局にとどまっている100Mbps以上のLTEに対応した基地局を、10倍以上の4万局にするという。

photophoto LTE基地局を9万5300局に増強しエリアをFOMAと同程度まで拡大する(写真=左)。今夏開始する「VoLTE」のメリット(写真=右)

 LTEのカバーエリアについて加藤社長は、「本年度でFOMAと同程度、(人口カバー率で)99%以上になる。下り最大150Mbps以上のエリアも増え、広さでもスピードでも、LTEの仕上げの年かな。と思う」と述べた。

 またLTE関連では、この夏に「VoLTE」(Voice over LTE)を開始する。加藤社長はVoLTEのメリットについて、「高音質で低遅延なため、さらに通話しやすくなる。事業者にとっては、周波数の利用効率が3倍アップする点がメリットだ」と説明した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.